Home
メニュー

大切な女友達が寝取られてしまった話

名無しさんからの投稿
----

寝取られ経験の中で、一番心が痛かったうちの1つを。

高校・大学と同級生だった梨紗という子がいる。

高校時代はクラスが同じで、大学も同じ学部・学科で、仲も凄く良かった。

付き合ってはいなかったけれど、よく一緒に出かけたし、電話もいつもしていた。

「ちょっとおなか出てきちゃったかも」

「どれどれ…ああ、この肉がおっぱいに行けばなあ」

「うるさいなぁもうー!」

「やっぱあれか、俺が揉んで大きくしてやらないとダメか」

「もー!変態がいるよぉー!」

こんな、くっだらない話もよくした。

顔も仕草も声も可愛い梨紗が大好きだった。

誕生日には、

「大好きな梨紗でいてね。今度デートしてね」

なんていうカードを添えてプレゼントもしていた。

学校で渡したから、梨紗の友達にも思いっきり見られたけれど、

「あんた相変わらず思いっきり愛されてるよね」

ぐらいで済んでしまうような間柄だった。

梨紗にとっては俺は

「裏彼氏」

のようなものだった。

というか、お互いにそう言っていた。

「裏彼氏」

と言っても二股をかけているわけではなくて、梨紗には4年間ずっと想っていた人がいた。

しかし、告白できずにそのまま卒業を迎えてしまった。

社会人1年目の夏、梨紗はその男に告白した。

残念ながら振られてしまったが、梨紗は胸の中のつかえが取れて逆にスッキリした部分も大きかったようだった。

「これであたしも新しい自分に踏み出せるよ」

なんて言っていた。

梨紗の目には、ちょっと涙が浮かんでいたけど、気づかない振りをした。

振られた事を内心では喜んでいる自分が、ちょっと嫌だった。

4年間の想いのせいで、梨紗はまだ処女だった。

だが、想い続けた相手に振られた時点で、梨紗の処女は自分がもらうんだろうな、と思っていた。

ただ、自分には彼女がいたので、あまり強引に誘うつもりはなかったし、

「どうせ手に入るんだから」

と、焦らずそのままでいた。

世の中にはこんなにかわいくても、処女でいられる子もいるんだなあ…なんて暢気に構えていたのがいけなかった。

社会人2年目の夏、梨紗は合コンに行く事になった。

「何かね、今度合コン行くんだ」

「あ、そーなの。どっかの会社の人と?」

「うん。でもね、カッコいい人、あんましいないんだって…」

「そっか。ま、とりあえずは会ったその日にやられないように」

「やられないよー!」

「ったく、さっさと俺に処女よこせよな」

「やーもー!昼からえっちな人がいまーす!」

「何?嫌なの?」

「…嫌じゃないけどさあ…今、彼女いるじゃん」

「お前は特別だからいいんだよ」

特別だったら、さっさと行動するべきだったんだ。

梨紗から電話があったのは、合コンの翌日の夕方だった。

「おー、梨紗?どうだった合コン?いい男いた?」

いつものように軽く尋ねた俺を待っていたのは、重々しい梨紗の沈黙だった。

「…どうした?」

ヤバイ。

何かヤバイ。

直感的にそう思うと、鼓動が速くなるのが感じられた。

聞きたくない。

言わないでくれ。

嫌だ。

やめてくれ。

梨紗が息を吸い込む音が、沈黙を破った。

「…あのね…されちゃった…」

「…どうしても…言わなきゃって思って…」

「…されてるときも、今日の朝も、ずっとそればっかり考えてた…」

「…ごめんね…ごめんね…ごめんね…」

梨紗の言葉がぐるぐる回る。

窓から射す夏の夕方の日差しが、遠い世界の景色のように感じられる。

本当に大事な人のそれを失った瞬間は、なぜか非現実的で、時間がゆっくり流れていた。

そんな事を、変に冷静になっている頭の一部で思った。

何と言ったらいいのかわからない。

梨紗はまだ謝っている。

「…何で…されちゃったの?」

やっと出た一言はそれだった。

「…喋ってくれるの?」

と梨紗が言った。

一瞬、何の事か分からなかったが、どうやら自分は相当黙っていたらしい。

もうそのまま電話を切られるのではないかと思った、と梨紗は言った。

合コンの後、男3人女3人で男たちの寮に行ったという。

遅くまでみんなで騒いでいたが、男2人がそれぞれ女の子を連れて自分達の部屋に帰ってしまったのだという。

皆で雑魚寝をすると思っていた梨紗は焦ったが、他の2人の女の子は最初からするつもりだったようで、男はもちろん全員そのつもりだったという。

後はそのままなしくずしだった。

とりあえずは別々に寝ていたが、当然のように男がすり寄ってくる。

梨紗は拒んでいたが、あまりにしつこいので携帯で俺に電話をしようとしたらしい。

「誰にかけるの?」

と聞かれて、

「彼氏!」

と答えると、突然、男が襲いかかってきたという。

そりゃそうだ。

俺でもそうする。

梨紗は男心が分かっていない。

携帯を取り上げられ、無理矢理キスされた。

そして、そのまま…ここまでが電話で聞いた事だった。

猛烈な嫉妬が沸き上がってくる。

俺は、

「何でだ…何でだよ…」

と繰り返すだけだった。

梨紗はその度に、

「ごめんね…ごめんね…」

と言い続けていた。

どこまでも沈んでいきそうな言葉の堂々巡りをうち破ったのは、俺の嫉妬心だった。

「梨紗、今から会おう」

生挿入のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング