Home
メニュー

近所の姉ちゃんとイメプレでおっぱいを弄んだ

名無しさんからの投稿
----

子供の頃、田舎に住んでいた時の話。

近所には同じ年頃の子供もいなかったし、比較的年の近い子でも結構年上で、女だった。

俺が小6、彼女は高1くらいだったかな。

彼女の名前は玲奈って言って、小さい時からよく遊んだりしていて、俺は「レナ姉ちゃん」って呼んでた。

セミロングの髪型にメガネをしていた姉ちゃん。

あまり可愛いと思った事はなかった。

地味なルックスにブレザーの制服、姉ちゃんは遠い高校まで自転車で通学していた。

ちょうど"異性"に対して関心が出てきた年頃の俺、まさか姉ちゃんとあんな事になるとは思っていなかった。

その頃、俺の友達の間では"胸キュン刑事"というマンガが流行っていた。

主人公の女刑事が犯人を捜す時に"乳首が勃つ"という設定が当時の俺にはたまらなくエロく思った。

よく体育の授業中などは女子の胸を見て

「アイツ、胸キュンしてるんじゃね」

とか言って友達と盛り上がっていた。

俺もこっそり買った胸キュン刑事の単行本を見ながら、床に股間を擦り付けたりしてオナっていた。

同級生の男子でも全然女に興味がないようなヤツも結構いたので、そんなマンガを持っているが少し自慢だった。

ある日、レナ姉ちゃんが俺の家に遊びに来た。

最初は普通にファミコンをしたりしていたがだんだん飽きてきた姉ちゃんは俺の部屋を物色し始めた。

隠してあった"胸キュン刑事の単行本"を見つけ

「やだぁ、アンタこんな本読んでんの〜」

と言われた。

取り返そうとしたが、当時は姉ちゃんの方が強く、軽くあしらわれてしまった。

恥ずかしがる俺を無視して姉ちゃんは本を熟読、何だかんだ言いながら単行本全部を借りていってしまった。

大切なオナネタを没収されてショックだった。

それから少し経ったある日、俺がレナ姉ちゃんの家に遊びに行った時の事。

結構暑い、夏の日のだった。

いつもは居間でゲームをしたりするのだけど、その日はなぜかレナ姉ちゃんの部屋に行く事になった。

姉ちゃんの部屋は二階の四畳間、畳の上にベッドや机が置かれ、壁にはアイドルやアニメのポスターが貼られていた。

エアコンもない狭い部屋で落ち着かない俺、すると姉ちゃんは

「○○(俺)ちゃんはああいう事に興味があるの?」

と聞いてきた。

「ああいう事?」

俺が理解できないでいると姉ちゃんは机の引き出しから"胸キュン刑事の単行本"を取り出した。

もちろん、エロい事に興味はあったが姉ちゃんにそれを言うのはメッチャ恥ずかしかった。

だけど、少し怒った様な表情の姉ちゃん、正直に話さないといけないような気がした俺は「うん」と答えた。

納得したような顔の姉ちゃん。

「じゃあ、アタシが"胸キュンごっこ"させてあげようか?」

と言ってきた。

胸キュンごっこ?

最初は何を言っているのかはわからなかった。

要は"悪者役の俺が刑事役の姉ちゃんにエロい事をする"って事だったんだけど…。

訳もわからずOKすると、まるで芝居でもするかのように細かく設定が決めるレナ姉ちゃん。

仕方なく付き合ってやるっ感じの口調だったが、明らかに姉ちゃんの方がノリノリだった。

単純に言えば"胸キュンで犯人を見つけたが反撃されてしまいピンチになる主人公"って内容。

マンガの中でも大抵の場合はそうなり、ヒロインは犯人からエロい攻撃をされていた。

使う小道具は目隠し用と手を縛る用のタオルが二本。

こうして初めての胸キュンごっこが始まった。

メガネを外した姉ちゃんの目と後ろ手にタオルを巻きつける。

キツくならない程度に縛ってからベッドに押し倒した。

色っぽい声で

「あん、乱暴にしないで」

と言う姉ちゃん。

演技だと分かっていてもドキドキした。

服の上から姉ちゃんの胸を触る。

初めて触る女の胸の感触に感激。

柔らかい胸に驚きながら両手でガシガシと揉むと

「イヤッ、ダメェ!」

小さく悲鳴のような声を出す姉ちゃん。

「どうやって俺を見つけた?答えろ!さもないと…」

言いながら俺は姉ちゃんの服を脱がしていった。

シャツのボタンを外し、スカートを捲る、初めて見る女の下着姿。

ブラジャーは薄い水色の花柄、パンティは白にグレーのレース付き。

ガキだった俺にはメッチャ刺激的な光景。

マンガなんかで見る女の下着はほとんど白だったので色付きの下着がとてもエロく感じた。

「オマエに秘密の力があるのは知っているぞ!さぁ、全部白状しろ!」

俺が言うと、

「悪者なんかには負けないっ」

と言い返す姉ちゃん。

こうなるとやる事は一つ、ブラを外して生おっぱいを攻めるのだが、俺は少し怖くなった。

俺は小声で

「レナ姉ちゃん、もう終わりにしない…?」

と聞いてみた、すると姉ちゃんは

「まだ、終ってないんだからやめちゃダメ」

と興奮したように言った。

覚悟を決めた俺は姉ちゃんのブラを脱がした、背中のホックが上手く外せなかったので無理矢理ズリ上げる。

俺がブラを脱がそうと苦戦しているあいだ、姉ちゃんはエロい声で

「ああっ、見られちゃう見られちゃう…」

と何度も言っていた。

ブラのサイズが合っていなかったのか?

思ったより簡単に捲れ上がった。

レナ姉ちゃんのおっぱいはかなり小さかった、平らな胸板の肉を摘まんで引っ張ったような形の円錐型。

五百円玉くらいの大きさがある小豆色した乳輪、乳頭のポッチはなくスジ状の割れ目穴がポッカリと空いた陥没乳首。

女子◯生のおっぱいといえば、大きく真ん丸でピンクの乳首"だと思っていた俺だったけど、目の前に出てきたのは生々しい貧乳だった。

揉むというより握るって感じの触り方をした、力を入れて握るたびに萎みかけたゴム鞠のような形の乳房が俺の指からハミ出した。

大きな乳輪は妙にツヤツヤしていて、小さな乳房の上の生えている不思議なオデキのようだった。

よく考えると"胸キュン"に必要な乳首のポッチがない。

俺は少しイジワルして

「おいっ、胸キュンセンサーをどこに隠した!正直に言え!」

と言った。

すると姉ちゃんは

「知らないっ!勝手にすればいいじゃない!」

と勝気なセリフ。

凄く興奮しているらしく声が上ずっていた。

俺は遠慮なく姉ちゃんの陥没乳首を弄ってやる事にした。

いつも偉そうにしている彼女の弱点を見つけたような気分だった。

まずはじっくりと顔を寄せて観察。

目隠しをしているので姉ちゃんの視線も気にならない。

小豆色のデカ乳輪のまわりには薄っすらとニキビのようなポツポツ、何本か長いパイ毛が生えていた。

まるでチンコの尿道口のような陥没穴、穴の奥に乳頭突起が隠れているみたいだった。

呼吸に合わせて上下する乳房を手で押さえる、もう片方の手のひらで乳輪部分を撫でるように触る。

「あはぁ」

いたずらのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング