Home
メニュー

公園で知り合った障がい者の彼の家に招待されることになった

千葉県/AYAさん(30代)からの投稿
----

前回の話:近くのショッピングセンターで、公園で知り合った障がい者の彼の姿を見つけた

久々に再会した障がいを持つ彼は、母親と一緒にショッピングセンターで買い物をしていました。

我慢していた欲求に火がついてしまい、店内で彼の肉棒を受け入れてしまった私。

その後、困っていた彼を助けていると母親が現れ"お礼に・・・"と、家に招かれる事になったのです。

数日後、私は彼の家に行く事になりました。

夫を見送ると、息子を車に乗せて実家のある隣町へ向かったのです。

「じゃ、お願いね」

「ハイハイ、あなたもゆっくり過ごすと良いわ」

「うん!ありがとう・・・」

一度家に戻った私は、掃除と洗濯を手短に済ませ着替えを始めたんです。

何を期待しているんでしょうか?

鼓動は高まりを見せ、身体の火照りが止まりません。

下着は生地の薄くて隠す部分が小さな物に変え、前開きファスナーのワンピースにカーディガンを羽織り、車に乗り込むと待ち合わせ場所へと向かったんです。

公園駐車場前の道路沿いに見覚えのある車が停まっており、私が来た事を知ると母親が車から降りてきました。

「おはよー、家、この先なの付いてきて」

「あっ・・・はい」

後部座席には彼が座っており、後ろ向きになって私に視線を送っていました。

公園から300m程走った先で、右側(公園と同じ方向)へと曲がって行きます。

辺りには民家は無く、公園のある山の麓に彼の家がありました。

300坪以上は有ると思われる敷地は綺麗に整えられ、その中心に平屋建ての大きなお屋敷が建っています。

「立派なお家ですね・・・!」

「3人で暮らすには大き過ぎるかも知れないわね」

母親に案内されて家の中に入ると広い玄関があり、檜作りのいい香りが漂っていました。

「わぁ〜広い玄関で素敵ですね!憧れます」

「そう言われると嬉しいわ」

玄関を入ると母親は廊下を進み家の中を案内してくれたんです。

玄関脇から3部屋の和室が並び、その中心を廊下があり、更に裏手に2部屋が並び一番奥が両親の寝室の様です。

一番手前が彼の部屋の様で、彼は目をギラギラさせながら私の手を取ると自分の部屋を見せてくれました。

10畳程の広い部屋にベットと本棚、TVなどがあり小奇麗にされていました。

その中で、私は彼のベットの横に無造作に置かれている女性用下着に目が行ったんです。

柄や形を見て、直ぐに私の物だと分かりました。

しかもTVボード下には、数多くのエッチなDVDや本が並べてあり、彼が女性に興味を持っている事は分かります。

私がTVボードの方を見ていた事を知った母親が"そろそろお茶でも"と言い、部屋を後にしたんです。

玄関に戻って右側に行くと広いリビング(和室なので居間でしょうか)がありました。

中央にあるコタツに入ると、中は堀コタツで大人2人が余裕で入れる程の広い作りとなっています。

「堀コタツもいいですね」

「年寄は椅子が苦手でね。マサシもコタツが好きだから」

「そうなんですね、コタツ暖かくて気持ちイイですね」

母親が紅茶とケーキを出すと、マサシさんが子供の様に食べ始め、あっと言う間に食べ終えると、コタツの中へと姿を消したんです。

私は彼が何をしようとしているのか直ぐに分かり、身体の火照りが一気に湧き上がっていったんです。

「マサシ・・・また中に入って・・・綾香さんが来てくれたのに・・・」

「いいんですよ。私は気にしていませんから・・・」

「いつもなんですよ!猫じゃないのに・・・」

コタツの中を覗き込み、息子を確認した母親は、彼が私のスカートの中を覗き込んでいる事を知ったんでしょう。

驚きの表情を浮かべると同時に、苦笑いを浮かべていました。

「本当に仕様が無い子なんだから・・・」

「コタツの中、暖かいから気持ちは分かりますね」

「そうね・・・。今日朝から綾香さんが来るの楽しみにしていたみたいなのよ」

「そうなんですか?」

「彼女を待つみたいに・・・」

「え〜そうなんだ!」

「親ばかでごめんなさいね。でもマサシがあんなに嬉しい表情を浮かべる事ないから」

「私も親としてお母さんの気持ち分かりますよ」

「そう言って貰えると嬉しいわ・・・いつでも良いから遊びに来て・・・」

そんな会話をしている最中も彼は私のアソコへ視線を送っていて、私は高まる鼓動を抑える事が出来ず、徐々にファスナーを引き上げると同時に股を開き、彼が見やすいようにしていたんです。

そんな私の行為に彼も何かを感じたんでしょう、彼の手がファスナーに掛ると股元まで開かれて行きました。

そして彼は指先でアソコを弄り始めたんです。

"ビクッ"と反応をする私は、母親に気づかれない様に必死でした。

私の気持ちなど知る由もなく、彼の動きは激しさを増し、私を追い詰めて行ったんです。

母親の前で逝く訳にも行かず、私は逝く手前で彼の手を抑え必死に抵抗を始めました。

そんな私の行動に違和感を覚えた母親が、コタツの中を覗き込んだんです。

「マサシ!何しているの!?」

「うぅぅぅん!」

「直ぐに出なさい!」

「うぅぅぅん!」

「綾香さん、本当にごめんなさいね!気を悪くしたでしょう?」

「いえ!私は大丈夫ですから・・・仕方ないですよ!マサシさんだって男ですから・・・」

「綾香さんって優しいのね・・・マサシも少しずつだけど大人になって行ってるの?いいことなんだけど」

その後、母親はマサシさんの最近の出来事を話し始めたんです。

マサシさんは公園で、女性のスカートの中を覗いたり女性トイレに入って警察沙汰になった事が数回あったと語り始めました。

時期的に私が公園を訪れなくなった2ヶ月弱の話で、私にも責任がある様に感じたんです。

父親は少しでも彼の欲求が満たされる様にとエッチなDVDや本を買ってあげた様で、母親は息子のオナニーを見て見ぬフリをしていたと言います。

そんな母親の気持ちなど分かる筈も無く、マサシさんはコタツから出る事も無いままに私の陰部へ指を当て弄っていました。

「綾香さん、お昼食べていくでしょ?」

「そんな・・・悪いわ」

「お願い、今日はゆっくりしていって・・・」

「それじゃ、御言葉に甘えて・・・」

マサシさんの事もあり、断る事が出来ない状況でした。

嬉しそうな表情を浮かべる母親が

「ちょっと買い物行ってくるから、マサシと待ってて」

と言い残し、車で買い物へ出掛けて行きました。

「マサシさん!そんなに弄られたら逝っちゃうわ・・・」

「うぅぅぅん・・・舐めたいよぉ〜」

「もう仕方ないんだから・・・お母さん来たら止めてね」

「うぅぅぅん」

マサシさんはパンティを引き下げると自らのポケットにしまい、顔を股の間に挿し込んできました。

「あぁ〜凄く気持ちイイわ!マサシさん・・・そんなに激しく舐められたら・・・」

「美味しいよ・・・いっぱいいっぱい舐めるんだもん」

コタツから出たマサシさんの前でファスナーを全て開け、全てを見せてあげると四つん這いの格好でお尻から舐めてもらいました。

息を荒らしながらアナルとマンコを執拗なまでに舐めまわす彼。

体勢を変え、彼の上に跨ぐと69の格好で互いの性器を舐め合いました。

直ぐに絶頂が訪れ、私は彼の上で逝きながら彼の精液を口で受け入れたんです。

息を荒らす私のバックから彼は治まらない肉棒を差し込んできたんです。

彼の激しいピストンに私は二度三度と逝きまくり、やがて意識が飛びそうな時に二度目の精液が体内へ放出されたんです。

彼の肉棒を口で綺麗にすると、彼は満足げな表情で私を見つめていました。

「今日はこれで我慢してくれる?」

「うぅぅぅん!」

私はトイレに向かうと彼の精液をマンコから掻き出し、口を濯いだんです。

私の下着は彼のコレクションにされ、私は以後ノーパンでいるしかありませんでした。

母親が戻って来たのはそれから20分程が過ぎた時で、彼女は何も知らないまま昼食の準備を始めていました。

覗かれのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング