Home
メニュー

上司に撮られた恥ずかしい写真で脅された

名無しさんからの投稿
----

私は26歳のOLです。

関連会社の整理で、半年間子会社に出向していました。

その時の不倫していた体験談です。

会社が統合されたら戻る条件で、子会社に出向しました。

その子会社はいずれ統合されて無くなる、本当に小さな会社でした。

社長とは名ばかりで、9名の社員がいました。

初日に挨拶をして、夜は歓迎会をしてもらいました。

バイトの女の子もいたので、初めは楽しい歓迎会でした。

ですが次第にお酒が進むにつれ、本社への不満を私にぶつけてくる状態になってしまって。

気持ちは分かるんです。

だって半年後には無職になる可能性があるのですから。

そんな中、唯一私をかばってくれたのが本田部長でした。

部長は48歳で舘ひろしさんぽくダンディーな人でした。

「まぁまぁ、山崎さんが悪いんじゃないんだから」

「でも部長〜!本社の人間は・・・」

「分かってる。分かってるけど、それは関係無いんだから」

部下からの信頼もあるらしく、部長さんが丸く収めてくれました。

そして私だけ先にタクシーに乗せられ、無事初日を乗り切れたんです。

次の日に会社へ行くと、昨晩絡んできた男性社員は全員謝りにきました。

だから実は皆さん良い人なんだなって思っていたんです。

仕事はというと、本社への引き継ぎの話がほとんどでした。

ですからそのまま夜の接待へと出掛けるパターンも多々ありました。

私が女だという事で部長も同席して、いつも最後はクラブでシメ。

週に3回は午前様という有様でした。

でもいつも部長が気遣ってくれていました。

それで私も少し心を許していたんだと思います。

毎日毎日、出先で小言を言われ疲れ果てていました。

そんなある日、最悪な仕事先の方とお会いしたんです。

その会社は母体がある大きな法人でした。

その仕事をゼロにするわけにはいかないと、本社からも通達が出ていました。

高級レストランで接待が始まり、そこでシャンパンを何杯も飲まされました。

次に行ったクラブでも、ワインとシャンパンの一気。

お酒は弱い方ではありませんが、さすがに酔いました。

2軒目のクラブで、言われました。

「このシャンパンを飲んだら、引き続きお願いしますよ」

これで帰れると思い、死に物狂いで一気しました。

そしてお得意様をお見送りして、緊張がほぐれたのか立てなくなってしまいました。

部長とタクシーに乗り、私はそのまま寝てしまったようです。

「着いたから歩けるかい?」

言われて外に出てみると、そこはホテルの玄関でした。

困ります、帰ります、と言ったのですが、呂律すら回っていません。

記憶はありますが、体が言う事を効かない状態だったんです。

そして肩を担がれて、そのままホテルの部屋へ連れて行かれました。

ダンディーな部長に好意を感じていた私は、心の中では期待してしまっていたのかもしれません。

いつもなら絶対あり得ない事なのですが。

部屋に入り服を着たままベッドに寝ました。

フワフワで心地よくて、知らぬ間に寝ていました。

どのくらい寝たのか分かりませんが、何とも言えない感覚で目が覚めました。

胃からは猛烈な吐き気、膀胱からは強烈な尿意、アソコからシビれるような快感。

私はやっとの思いで目を開けて起き上がりました。

見てみると私は全裸でした。

そして部長が私のアソコに顔を埋めていたんです。

えっ?何?と思った瞬間、込み上げる吐き気が襲ってきました。

私は急いでトイレがあるであろう方向へ向かいました。

トイレで私は思いっ切り吐きました。

下を向くと自然に出てくるぐらい、大量に吐きました。

トイレにしがみつく様に何度も何度も吐いていると、後ろに人の気配を感じました。

でも振り向くより私は吐く事だけに専念していたんです。

「大丈夫か?」

背中をさすってくれました。

返事ができる状態ではありません。

うんうん、と頷くだけで精いっぱいでした。

そしたら後ろから腰を持ち上げられたんです。

「楽になる姿勢なのかな」

って苦痛の中思いました。

でも違いました。

ちょうど四つん這いのような姿勢になった時、後ろから突然アレを入れられたんです。

入れられて

「えっ??」

と思い、また吐く。

いくら何でもそんなにすんなりと入るわけありません。

ローションとか何かを塗られていたんだと思います。

あてがわれた瞬間、ズブズブッとすんなり入ってきましたから。

そして後から問答無用で突き上げられました。

部長のアレは太くて長くて、バックだと子宮にもろに当たるんです。

子宮がグワァーッて燃えるように快楽に包まれ始めました。

でも下を向くとお酒が口から溢れてきます。

何度も吐きました。

バックで突かれるたびに吐きました。

次第に吐く物も無くなり、私は便器にしがみついていました。

部長は休むことなく、大きく突いたり小刻みに突いたり、中をコネクリ回すように突いたりしていました。

恥ずかしいのですが、今まで経験したエッチの中で1番の気持ち良さでした。

子宮をアレの先がプルンプルン刺激するんです。

とうとう私は後ろから犯されたままエクスタシーに達して、意識を失いました。

便器を強く抱きしめていた力が、だんだん抜けていって、床に倒れる瞬間までの記憶で途切れました。

暖かくて心地よくて目が覚めました。

私はお風呂に入っていました。

ハッ!と思って振り向くと、部長に後ろから抱き締められた姿勢で。

「だいぶ良くなったかい?」

「あ・・はい・・・」

「まだ吐きそうかい?」

「いえ・・・今は・・・大丈夫だと思います」

「そうか、じゃゆっくり浸かりなさい」

部長はそう言ってお風呂から出て行きました。

吐きながら後ろから犯されてたのは夢じゃなかった。

まだ酔っ払っていましたが、私はいろいろ思い出そうとしました。

いきなり入れられて、失神するほど気持ち良かった事。

あの時「イクーッ!」と叫んでしまっていた事。

思い出すほどに恥ずかしくなり、お風呂から出たら帰ろうと決心しました。

まだ元の生活に戻れると思って。

不倫のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング