Home
メニュー

裏手に住む住人に夫婦の営みを覗かれ、やがて3Pへ発展

宮城県/ヒロさん(40代)からの投稿
----

少し前に起きた実話です。

<まえおき>名前は仮名です。

私(林弘明・41歳)は自動車部品会社勤務。

妻(弘恵・38歳)はアルバイトをしており、私が言うのも何ですが、綺麗な顔立ちでスタイルも男好きなムチムチ体系で友人にもファンが数人いる程です。

結婚したのは私が24歳、妻21歳の時で当時は私の両親と同居していました。

東北地方の人口5万人程の小さな街で、我が家は更に街外れの小さな集落にあります。

結婚して直ぐに子供を授かり(男)、小◯6年の時に息子が"部屋が欲しい"と言いだしたんです。

実家は平屋の小さな家でしたので、子供の部屋まで用意出来ず結局、実家を出て借家を借りる事にしたんです。

(妻も両親に気を使って生活するのが、窮屈だった様です。

それに夜の営みも声を出せないのでお互い不満を・・・)

実家から車で10分程で、子供が転校しなくて済む様に、学区内での引っ越しです。

(小◯校・中学校は近かった)

両親も若く、まだまだ働ける年なので、特に反対も無く家を出たんです。

そんな息子も高校受験し、市内の学校に見事合格!しかし学校は借家から遠く、むしろ実家の方が通い易かった事もあり、息子は実家の両親の家から通う事になったんです。

部屋は以前、私達が住んでいた部屋が空いていましたし、両親も孫と暮らせるというので大喜びでした。

そんな訳で、借家には私と妻の2人暮らしが始まる事になった訳で、それがキッカケで事件?生活が変わる。

事になったんです。

借家は平屋建て(2LK)で古く(家賃も安いんですが)、同じ建物が3棟建っています。

辺りは山に囲まれ、民家がポツリポツリ建っている位で、何もありません。

借家から道を数十メートル走ると、本道(市道)が走っています。

昼間はそれなりの交通量ですが、夜になるとかなり車の数は減り静まり返っています。

その本道に交わる所に、田舎に良くあるアダルト小屋(エッチなDVDや道具の自動販売機が置かれている小屋)が設置されていました。

この借家の大家さんが土地を貸しているらしいです。

夜になると、たまに客らしき車が止っているのを見た事があります。

息子が居る時は、教育上気になっていましたが、今はちょっと興味がある小屋でもありました。

息子も実家に引っ越して、私達夫婦は夜の営みをエンジョイする事が出来ました。

今なお、性欲大盛な私と妻は声を気にする事も無く、誰も居ない密室に心を解き放たれた感じでした。

3棟ある借家と言っても、1棟は空き屋ですし、もう1棟には人が住んでいますが、数メートルも離れており声が聞える事は無いと実感していました。

妻は元々Mっ気が強く、責められる事が好きでしたし、私も責めるのが好きで両者は中々の相性でした。

2回/週で行われるSEXは、日に日に大胆になり道具を使い激しく燃え上がる事もしばしばでした。

そんな夫婦生活が始まって2ヵ月が過ぎ、温かい日が続いた夜、私達は寝室の窓を開けたままイチャイチャし始めていました。

カーテンも半分開けた状態で、ベットの上で口づけをし、妻のネグリジェを脱がせ始めました。

お互いエッチに夢中になり、外の気配など感じる余裕も無かった私は、妻を四つん這いにしバイブを入れながらクリトリスを弄っていました。

やがて妻と私は69の体制になりお互いの性器を舐め始めました。

妻のマンコから口を離し、一瞬窓際に視線が移った時、誰かの視線を感じたんです。

"ドキッ"としながらも、妻に咥えられた気持ち良さと妻の性器に、また舐め始めたんです。

妻の首に首輪を付け、手足を縛ると妻はハァハァ息を荒らし、強めに握った乳首にあぁぁぁ〜んと声を上げていました。

妻のお尻を叩きながら、後ろから挿し込むとヒィヒィ鳴きだす妻。

パンパンと皮膚のぶつかる音を発てながら責める私は、妻の頭の先にまた視線を感じたんです。

窓際に黒い人影?誰かが覗いている?そう感じました。

しかし、今更カーテンを閉めても・・・そう思い、無視する事にしたんです。

妻の口に放出し、妻の体を縛ったベルトを取ると2人はお風呂に向かいお互いの体を洗うのです。

部屋に戻ると人影はありませんでした。

数日が過ぎ、私達はまたいつもの様にSEXを楽しんでいました。

そして、また人影を目にしたんです。

"誰?誰なんだ?"そう思い始めたのも確かで、気になりつつも妻には黙っていました。

更に数日が過ぎた夜、私は珍しく残業で深夜に帰宅しました。

車のヘッドライトが家を照らした時、寝室の窓の辺りから中を覗く黒い影を見たんです。

一瞬ではありましたが、初老の男性?に見えました。

人影は、そそくさと裏手に向かって消えました。

裏手には同じ借家しかありません。

きっと覗いていた男性は、裏手の借家に住む住人?そう感じたんです。

裏手の住人は、確か40代後半でバツイチ!独身男性。

お腹がポッコリ出た中年って感じの男性で、まぁ挨拶もしますし、人当たりは良さそうな人でした。

仕事は清掃社に勤めていると聞きました。

覗かれた部屋では、妻が風呂上りなのか?下着姿で髪を乾かしていたんです。

<覗いていた男性>休日に洗車をしていると、近所の女性が回覧板を持ってきました。

軽く会話を済ませ、回覧板に目を通した私は、裏手に住む男性に回覧板を持って行ったんです。

玄関を開けると、男の一人暮らしと言った感じで靴が無造作に並んでいます。

「こんにちは・・・」

「はい、あっどうも・・・」

「回覧板です」

「わざわざすいません」

回覧板を渡し、直ぐに部屋を出ようとすると男性が"あっ、貝とかって食べますか?"と言われたんです。

「え〜妻が好きですけど・・・」

「それは良かった・・ちょっと上がって下さい」

そう言われ、男性の後を付いて行きキッチンへ向かったんです。

発砲スチロールの中には、ホタテやサザエがいっぱい入っていて、男性が袋に詰めていました。

「ちょっと会社の抽選会で当って、こんなに貰ったんですが、1人では食い切れないから・・・」

「良いんですか?」

「え〜食べて貰った方が助かるんですよ」

男性が袋に入れている時、辺りを見るとリビングは男性の脱いだ服が散らばり、ゴミも見受けられました。

「男1人って駄目ですね・・・掃除とか苦手で・・・」

「そうですよね?私も掃除・洗濯は苦手ですよ」

「でも綺麗な奥さんが居るから・・・羨ましいですよ」

「そんな綺麗だなんて・・・普通ですよ」

「いやいや?スタイルも良いし、美人ですよ。あんな奥さん居たら・・・っていつも思っていました」

「奥さんは?」

「10年前に分かれました。恥ずかしい話、他の男性に・・・」

「そうだったんですか?」

よく見るとリビングのTVの隣に乱雑に置かれたDVDはエッチな物ばかりで、その横にはエッチな本が積み重なっています。

そんな中、男性に"お茶でも飲んで行って下さい"と言われ、リビングに座布団を引かれお茶を飲む事に。

なりました。

彼がキッチンでお茶を用意し始めたので、待っている間部屋を見渡すと、先程目に入ったDVDが置かれていてタイトルを見ると盗撮物や人妻レイプと言った内容の物でした。

「いや〜お恥ずかしい!この年になっても性欲は大盛で・・・」

「い・・いや!男は皆そうでしょう」

「林さんはこんな物必要ないでしょうけど・・・」

「私も好きですよ!」

「そうなんですか?あんな綺麗な奥さん居るのに・・・」

私はお茶を飲み終えると、彼からお土産を頂き部屋を出ました。

<男性と妻の接触>

「裏の野中さんから貝を貰ったし、今日は炭火焼きで食うか?」

「そうね!でもこんなにいっぱい良いのかしら?」

「まぁ、今度お礼すればいいさ」

そう言う事で、私は暫く使っていなかったバーベキューの用意を始めました。

玄関先に椅子とテーブルを並べ、墨に火を起し食材を妻が準備していると野中さんが現れたんです。

「おっバーベキューですか?良いですね」

「炭火焼が一番おいしいと思いまして・・・」

「そうですね!」

そんな中、妻が家から食材を持って出て来たんです。

寝取られのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング