Home
メニュー

義父母の異常な関係

東京都/マゾさん(20代)からの投稿
----

妻と結婚して、一年を過ぎようとしている。

妻は一人娘(22歳)だったので、私(27歳)が婿養子として妻の両親(義父45歳/義母40歳/祖父70歳)と一緒に暮らす事になった。

妻の家は、都心から離れた閑静な住宅街(結構田舎)で、地主が多く近所の家は殆どが旧家のお屋敷といった感じだった。

もちろん、嫁の家も例外ではなく庭が広く、敷地内に畑もある位だ。

家の周りは、塀で覆われ一緒に植木も植えられているので、道路から中を覗く事は出来ない。

しかも、門口から家まで数十メートルもあるので、中の様子は分らないと思う。

近所も同じような家々なので、特に目立つ事も無い。

私達夫婦の部屋は2階の一番奥で、12畳位の広さがある。

しかも4畳半のウォークインクローゼット付きだった。

すぐ隣に両親の寝室があり、これまた広い。

他に2部屋程あるが、倉庫兼空き部屋だ。

祖父は1階の奥の和室で、2階に上がって来る事は無い・・・?

妻の事を書くと、看護婦1年目の新米で電車で20分程行った総合病院に勤めている。

私達は、友人の紹介で知り合った。

嫁は天然?なのか、無頓着なのか?まぁ可愛い顔立ちとムチッととした体つきそれでいて、あまり気にしない性格が気に入って私は彼女と結婚した。

結婚して直ぐに、私は妻の家族の異常な雰囲気に気づかされる。

新婚ともなれば、夜は子作りに励む。

その夜も私は妻とベットに横になり、キスをしていた。

パジャマに手を掛け、脱がせようとしている時だった。

「あ〜。イイ・・・もっと強くして・・・・感じる〜」

隣の部屋から聞こえる喘ぎ声!義母だった。

私「何だ!義母さん、凄いなぁ・・・」

妻「そ〜お?若いんだし当然でしょ」

私「そうだけど、隣に俺達居るんだぜ!あんなに声出して」

妻「いいじゃない!仲がいい証拠だよ」

私「ん〜そーだな」

私達は負けんばかりに激しいSEXをした。

翌朝、リビングに向かうと義母が

"おはよう直樹さん"

と声を掛けて来る。

昨夜の事が頭を過り、何だか照れくさい感じだった。

顔を洗おうと洗面台に行くと、今度は義父が立っていた。

"直樹君も昨夜は燃えていたね!関心関心・・・"

驚きと恥ずかしさでいっぱいだったが、義父は何ら気にする事無く立ち去って行った。

初めは、あっさりしたいい家族だと思っていました。

そんな生活が1週間も過ぎたある日、妻は夜勤で出かけ私と両親・祖父の4人で夕食を食べていた。

義父「直樹君、一緒に飲もうか?」

そう言って義父がビールを指し出す。

私「遠慮なく・・・」

義母「じゃ私も、飲もうかな?」

3人で飲み始め1時間も過ぎた頃、祖父が風呂に行くと立って行った。

暫くすると、義母も立ち上がり居なくなった。

義父と2人、TVを見ながら世間話をしていると、義母が戻って来たのだが、髪が濡れいつもパジャマ代わりに着ているタオル地のワンピース姿だった。

確か祖父が風呂に入っていたハズじゃ・・・?

何とも不思議な感じだったが、その時はあまり気にせず、また3人で飲み始めていた。

少しすると、義父が義母を抱き寄せキスを始めていた。

私が目の前に居るのに・・・非常識?

まぁ酒に酔った性だと気にせずTVを見ていると、今度はワンピースの裾から手を入れ始め、パンティの上から陰部を弄り始めていた。

流石に気まずい雰囲気に私は、風呂に向かった。

洗濯機に着替えを入れようとした時、中に義母の下着と祖父の下着が入っているのが見えた。

あの時間で、2人別々に入る事は出来ないだろうし・・・一緒に入った?

そんな事を考えていると、ムクムクと股間が熱くなってしまった。

風呂から出ると、義父に

"お風呂良いですよ"

と声を掛けた。

2人は、もう激しく抱き合い義母は全裸で義父のチンポを咥えていた。

義父「分かったよ・・・お休み」

平然とした顔で、愛想よく挨拶されぎこちなく

"お先します"

と声を出した。

急いで部屋に戻り、荒げた息を整えた。

義母の白い肌が頭から離れない。

嫁と似て白く、ムチムチした肉肌。

それでいてクビレもあり大きなお尻と大きな胸が、私の脳裏に焼き付いてしまっていた。

いつもこうなのか?

妻も知っているんだろうか?

興奮で、中々寝付けない。

その時、

"あ〜ん・もっともっと激しく・・・逝く〜"

隣の部屋から聞こえる義母の喘ぎ声!

益々眠れない私は、冷蔵庫にビールを探しに降りて行った。

"カシャ・グビグビ"

と一気に飲み干すと、ソファーに座って息を整えた。

"カタ・カタ"

誰かが階段を降りて来る音がする。

そっと廊下を見てみると、全裸の義母が首輪を付けマンコにバイブを入れられて、四つん這いで歩いて来るのが見えた。

"マジかよ!"

義母は1人で、廊下の奥に向かって行った。

そしてドアを開けた!

そこは祖父の部屋である。

私は、ドキドキしながら、義母の後を追った。

運がいいのか?ワザとなのか?

ドアが少し開いていた。

中を覗くと、義母が祖父にお尻を叩かれ、善がっている。

白い肌がほんのり赤く染まる。

義父公認なのか?

義母は祖父のチ○コを咥え始めた。

まったりとまだ足りないと言わんばかりに、祖父のチ○コを激しく舐め、自ら祖父の顔の上に陰部を乗せた。

祖父はバイブを抜き取ると、マンコから溢れだす汁を舌で拭っている。

70歳のチ○ポはまだ現役で、ギンギンになっていた。

祖父の口元からマンコを話すと、義母は祖父に乗る様にチ○ポをマンコに招き入れ、奥深く呑み込まれて行く。

ヌチャヌチャと音を立てながら義母は腰を上下に動かし、喘ぎ声を発し始めた。

祖父が、絶頂を向かえ

"お〜智恵さん・・・逝く"

と声を出した。

義母も間もなく、小刻みに体を震わせ、逝った様だった。

最後に口で掃除すると、また、バイブをマンコに入れ四つん這いの姿で2階に戻って行った。

余りの光景に、私は寝付けないまま朝を迎えた。

翌朝も家族は皆いつもと変わらない。

ただ、私だけがオドオドとしている感じだった。

熟女のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング