Home
メニュー

【お勧め】挑発的で生意気な目つきをした、物凄く美人でスタイル抜群な女性

名無しさんからの投稿
----

通っているジムに、ある頃から物凄く美人でスタイル抜群な女性を見かけるようになった。

何とか接点を持とうと、彼女がいつも参加するスタジオレッスンに俺も参加するようにした。

彼女はクールな感じのスレンダー美人、でもトレーニングウェア越しにはっきり分かる胸は張りがあり、大きさもかなりのモノと見ていた。

そして挑発的とも少し生意気とも取れる目が印象的だった。

ちょくちょく顔を合わすようになって話しかけてみたが、なかなか食い付いてこない。

見かけ通りクールだった。

それでも諦めず、挨拶程度でも話し掛けていると、少しずつ会話してくれるようになった。

彼女の名前は瀬波沙希(仮名)で、OLの28歳、彼氏アリ。

彼氏とはラブラブのようで、いずれ結婚したいとの事だった。

ガードも硬そうだったので、とにかく嫌われないように良い人を演じて半年程が経った。

俺は32歳で彼女がいるが、俺の彼女よりも良い女だった。

最初はかなり厳しいと思ったが次第に打ち解ける事ができ、ジムの後2人で食事をして帰ったりもできるまでになった。

食事に行けるようになって暫らく経ってから、

「たまには飲みも入れない?居酒屋とか…」

と俺は少し踏み込んでみた。

「う〜ん、(少し考えられてしまい、俺は早まったかと思ったが、)うん、いいですよ、たまには」

との返事。

個室のみの居酒屋に入って、2人きりの状態に。

彼女は、強くはないがお酒は好きだという話だった。

飲みながら知ったが、彼氏は年上で超真面目な人という事だった。

「頭とか良さそうだね」

と言うと、

「うん、すごく」

と言っていた。

彼氏の事を聞くと嬉しそうだったので、まずは彼女の食い付く話を振った。

「彼氏って一流会社勤務とか?」

「うん、有名(笑)」

「マジで?いいなぁ〜、給料よさそうだね?」

「結構良いみたい」

となかなかに上機嫌だった。

(お金持ちで将来も安定な真面目な男性に引かれたという感じかなと俺は思った)

彼女は外見こそ一見簡単に声を掛けづらい感じのクールな美人だが、打ち解けるとクールな部分は残しつつも明るい女性だった。

俺は意を決して下ネタを投入してみたが、それほど拒否反応がない。

飲みながら夜の生活を聞いたり、彼氏さんが羨ましいなぁ〜と彼女を褒めまくったりした。

「彼氏と会うたびエッチしてるんじゃないの(笑)?」

と聞くと、

「そんなにしないから(笑)」

「2回に1回(笑)?3回に1回(笑)?」

と絞っていくと、

「5回に1とか(笑)?」

彼女は、

「う〜ん、それくらい(笑)」

エッチな話をかなり織り交ぜながら色々話をして飲んで店を出た。

飲んでいるせいもあって、彼女は少し足元が覚束ないようで、支えながら歩いた。

自然な介抱を意識し、エロさは見せないようにして別れた。

翌日、翌々時と彼女はジムに現れず、逃したかと思ったが、彼女が来ていた。

あの飲みから初めての再会に俺は安堵し、

「この前のごめん、飲んでたのもあって色々変な話してたでしょ?」

と謝ってみた。

「あっ、ううん、全然大丈夫です、楽しかったです」

「じゃあ、また飲みに行く?」

と聞いたら彼女は、

「はい、都合合えばいいですよ」

と。

それから2度、3度と飲みに行き、4度目の飲み。

飲みの時はいつものように下ネタを多用しながら飲み、彼女も拒否反応はなかった。

店を出て、足元が少し覚束ない彼女を介抱しながらタクシーを拾って一緒に乗り込んだ。

俺のマンションが先で彼女はその後、俺のマンション前で俺は降り、彼女の細い手首を掴んで一緒に降ろしてみた。

彼女は抵抗なく降りたが、タクシーを降りた反動と足元の覚束なさで倒れそうになって俺が抱きかかえる形になった。

彼女は、俺に抱きかかえられるように支えられながら、

「ここ私の家じゃないですよ」

酔いもあってか笑いながら言っている。

「うん、俺のとこ(笑)、タクシー行っちゃったし少し寄っていかない?(笑)」

「無理無理、彼氏に怒られるから(笑)」

「バレたらでしょ?大丈夫、彼氏見てないから(笑)」

「そうだけど、ヤバいって(笑)」

「ヤバいくないって(笑)」

そう言ってそのまま彼女の肩を抱き支え、部屋に向かうと彼女は、

「ほんとヤバいから」

と言いながらもほとんど抵抗はなかった。

イケる!

俺はそう確信し、興奮を抑えるのに必死だった。

部屋に入って飲み物を出した。

物珍しそうに1LDKの俺の部屋の中を見ていた。

これまでの飲みのエロ話の中で、彼女が真面目な彼氏とのSEXで大人のおもちゃを使わない事、さらには今までもローターしか使った事がないというのを聞いていた。

「電マ?何それ?」と全く知らない様子だった。

念のため、今日は電マを目に付くとこに置いておいた。

部屋の中を見ていた彼女が、

「これってマッサージ機だよね?」

と聞いてきたので、

(かかった…)

と、俺は思った。

「そうだよ、肩凝りとかある?」

彼女は、

「少し」

と。

「じゃあ、マッサージしてあげるよ」

そう言ってソファーの下に足を崩して座っている彼女の後ろに回って俺はソファーに座り、彼女の肩に電マを当てた。

ブゥゥゥン…ブゥゥゥン…ブゥゥゥン……。

「どう?」

彼女は笑いながら、

「気持ちいい」

と答えた。

「でしょ?」

俺は肩から腕に、鎖骨、胸にはかからないよう胸の上部とギリギリに当てた。

「ワキ腹にも当ててみよっか?」

彼女の返答を聞かないうちに当てると、こそばゆいらしく笑いながら横に転がった。

転がった彼女のワキ腹、お尻、太ももと当てていった。

こそばゆいと笑う彼女が次第に大人しくなっていった。

「気持ちいいでしょ?」

淫乱のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング