エチ研TOP
投稿:2012-09-30(日)11:00

大学生に調教された挙句に妻が妊娠&出産

本文(累計閲覧数:3,591)
名無しさん(30代)からの投稿

1月5日、3450gの女の赤ちゃんが産まれました!

これは、妻が妊娠&出産するまでの話です。

結婚10年目の夫婦ですが子宝に恵まれず、親の勧めで不妊治療を数年前から行なっていました。

しかし、全く効果も無く妻の智津子は精神的にも疲れてしまい、塞ぎ込むようになってしまいました。

夫:36歳、会社員。

妻:33歳、専業主婦、名前は智津子。
身長156センチで体重45キロ。
顔はともさかりえ似です。

笑顔を失い、全く外出したがらない妻を夫である僕は心配していました。

唯一、近所コンビニでバイトをしている斎藤君は、そんな妻にいつも笑顔で声をかけてくれていました。

斎藤佑樹(仮名):20歳の大学生、身長180センチ位。

ある日、

「あなた、コンビニの店長さんから聞いたんだけど、斎藤君が風邪で休んでるんですって」

「そりゃ、心配だね」

「それでね・・、近所のアパートで独り暮らししてるそうなの・・・、ご飯食べるか心配だし、お見舞いに行って来てもいいかなぁ?」

「ああ勿論、たぶんコンビニ弁当ばっかりだろうし、何か栄養のつく物を作って上げたらいいよ」

久しぶりに妻から話し掛けてくれ、少し嬉しくなりました。

独り暮らしの男の部屋に行くことは、ちょっと心配もあります。

しかし、うつ病で塞ぎ込んでいる妻が、自らの意思で外出するのだから止める事など出来ません。

多少浮気をしても目を瞑る覚悟をしました。

次の日、妻は普段あまり穿かないミニスカートとニットのシャツを身に付けていました。

「おはよう、今日は特別綺麗に見えるよ」

「バカ、変な事言わないで・・」

妻は恥ずかしそうに少し微笑んでいました。

その日は休日、夫である僕が、男のアパートへと出掛ける妻を玄関先まで見送りました。

何か変な気分です。

近所のアパートだとは聞きましたが、僕はそれ以外何も知りません。

学生の独り暮らしなら、ゴミだらけの部屋なのかも?

しかも、エロ本やビデオが散乱した部屋・・?

色々な妄想が頭の中を駆け巡ります。

自分が20歳だった頃は、頭の中の90%はエッチな事ばかりでした。

彼女と会えばセックス、独りの時はAVを観ながらオナニーばかりしてた気がします。

とは言っても、妻と斎藤君とは13歳も年齢が離れています。

斎藤君にとって妻は、ただのオバサンです。

妻が大学生の部屋に出掛けてた日、夫である僕は恥ずかしながらエッチな妄想をしながら、股間の肉棒を硬くしていました。

妻の智津子は、夕方5時には帰って来ました。

「ただいま」

「どうだった?」

「えっ、斎藤君の事?」

「…う〜ん」

「少し熱はあったけど、案外元気だったし、お粥作ってあげたら凄く美味しいって感激してくれたわ」

妻は嬉しそうに話をしてくれました。

「部屋は、どんな感じだった?、やっぱりゴミが散乱してたか?」

「う〜ん、確かに綺麗とは言えないけど、学生らしい部屋だったわよ」

その夜、妻と色々な会話をしましたが、斎藤君と2人きりでエッチな事をしたのかどうか?、なんて聞けませんでした。

数日後、

「ねぇ、あなた見て」

「何だよ」

妻が嬉しそうに胸元に輝くペンダントを見せて来ました。

「これ、斎藤君からのプレゼンなのよ。先日のお礼だって・・」

「そうなんだ!結構似合ってるよ」

「ねぇ、斎藤君から今度ドライブしよって誘われちゃったけど、どうしたらいい?」

「えっ!デートか?」

「・・ち、違うわよ・」

「斎藤君って彼女いないのかなぁ?」

「いないそうよ」

何故か、妻がハッキリと否定しました。

「智津子の好きにしていいよ。外出した時ぐらい独身に戻ったつもりで破目を外したって構いはしないよ」

僕の頭の中は、嫉妬とする自分と異常な妄想で興奮する自分とが戦っていました。

デート当日、夫である僕が出勤するのと併せ、妻も家を出ました。

「あなた、本当にいいのね?」

妻は意味ありげに、僕の顔を見つめ頬にチュッとキスをしてくれました。

今朝、妻はブルゾンのジャケットを羽織っていましたが、中身は胸元がユルユルのダメージシャツと膝上20センチはあるミニスカートを穿いてデートの支度を整えていました。

13歳差を少しでも補う努力が、少し切なく感じました。

「これ、持って行けよ」

「・・な、何なの・・」

僕が手渡したのは、携帯用コンドームでした。

「そんな関係じゃないわよ」

「智津子がそうでも、斎藤君はどうか判らないだろ。もしもの時、まだ若い斎藤君を傷つけないのも、大人の対応だろ」

妻は何も言わず化粧ポーチにコンドームを入れていました。

デート日の午後、妻から電話が有りました。

「あなた、今夜は何時頃帰るの?」

「今日は残業になるから晩飯は要らないよ。多分22時頃になると思う」

本当は残業なんて嘘でした。

僕は家の近くで夜20時頃から、探偵のように自宅を見張っていました。

夜21時半過ぎに、自宅の前に一台の車が停まりました。

かなり年式の古いRV車です。

暫くして助手席から妻が降りました。

すると今度は、運転席からも斎藤君が降り、自宅前の路上で妻に抱きついています。

2人は抱き合ったまま顔が重なりキスを始めました。

夫である僕にとって、長い長い時間です。

やっと斎藤君が帰り、妻は家の中に入りました。

部屋に電気が灯り、僕は15分ほど過ぎてから帰宅しました。

「ただいま」

妻の声がしません。

浴室からシャワーの音がしています。

僕は即座に妻のバッグから化粧ポーチを取り出し、今朝渡したコンドームの数を調べました。

6個入りのコンドームは3個に減っていました。

最低でも3発はセックスした事になります。

「あなた、帰ってたの」

慌てたように妻が浴室から出てきました。

「ああっ、今帰った」

僕の手にコンドームが有るのを見て、その夜妻は全てを話してくれました。

午前中、海岸線までドライブしていた2人は、昼には斎藤君のアパートに帰っていたそうです。

学生でお金も無いのでホテル代を浮かしたようです。

DVDを観ながら斎藤君は妻の肩に手を回し、そのまま胸元の開いたダメージシャツの中に潜り込ませます。

最初は優しく触っていた手がブラジャーを外し、成熟した乳房を直接揉んでいました。

DVDが進むにつれ、シャツを脱がされ、スカートの中にも彼の指先が入ってきます。

上半身裸にされ、パンティの中をまさぐられ、やがてDVDが終わる頃には2人共、生まれたまんまの全裸になり、抱きあっていたそうです。

妻は乳首を吸われながら斎藤君の肉棒をシゴキ、口に含んだそうです。

今朝、夫からコンドームを渡された事を妻は、斎藤君に話したそうです。

「どうぞ妻とセックスして下さい」

と言ったも同然の行為。

後ろ目たい気持ちから解き放れた斎藤君が、若い性欲を爆発したのは言うまでもありません。

オマンコの中に爆発する時だけコンドームを付け、射精直後の肉棒を口に含まされ残精液まで吸わされたそうです。

数日前、斎藤君が風邪で寝込んでいた日の事も話してくれました。

妻がアパートに行った時斎藤君は空気の汚れた部屋の中で、寝込んでいたそうです。

妻が窓を開け、部屋の中を片付けていると、いきなり斎藤君が背後から抱き付き、

斎藤君「好きです!大好き」

と告白されたそうです。

妻も斎藤君に好意を持っていた事もあり、唇を重ね合わせまま抱き合ってしまったそうです。

でも、年の離れた人妻と学生が結ばれる行為は、躊躇いもあって出来なかったと言っていました。

ただ、汗をかき汚れたパジャマと下着を洗濯しながら、妻はタオルで斎藤君の身体を拭いて上げたそうです。

斎藤君の強い要望もあって、妻は男の股間をタオルで拭きながら、肉棒を手でシゴキ射精の手伝いをしたそうです。

そんな事もあって僕からコンドームを渡された時は、心臓が飛び出るぐらいビックリしたそうです。

斎藤君との恋心だけでなく、如何わしい行為まで見抜かれてしまった気分だったと言っていました。

妻と斎藤君とのデートは週1回のペースで続けられ、2ヵ月が過ぎました。

「週末にでも、斎藤君を家に誘って焼き肉でもしないか?」

「えっ!家に呼んでいいの」

「ああ、智津子のうつ病も治ってきてるし、斎藤君のおかげだと思ってるよ」

確かに、斎藤君と付き合いだしてから妻は笑顔を取り戻し、若返ったように思えます。

週末、斎藤君が我が家にやって来ました。

何故か?斎藤君はスーツを着て緊張気味です。

「気兼ねしなくていいよ佑樹のことは家族同然の関係だと思ってるんだ」

斎藤君「・・はい。有難うございます」

意味深な家族同然の関係を斎藤君が、どう受け取ったか判りませんが、その夜3人で酒と焼き肉で和やかな会話が弾みました。

深夜、斎藤君も、かなり酔っている様子で一緒に風呂に入る事になりました。

湯槽に男2人が浸かり、妻が入って来るのを待ちました。

「佑樹君はスポーツしてるのか?」

斎藤君「高校まで野球を少し」

「いい肉体だ!」

斎藤君は恥ずかしそうにしています。

「佑樹君と僕は穴兄弟と言うことになるな」

斎藤君「はぁ・・すみません」

「謝ること無いさ、僕は佑樹君に感謝してるんだ。これからも智津子を頼む」

斎藤君の肉棒は硬く勃起し始めていました。

暫くすると妻の智津子も浴室に入って来ました。

さすがに3人は、狭すぎます。

夫である僕が体を洗い、妻と斎藤君が浴槽に浸かりました。

2人共、黙ったまま戸惑っている様子です。

「ほら、斎藤君の身体に抱えて貰えば肩まで入れるぞ」

身長180センチの斎藤君にとって156センチの妻は子供同然でした。

背後から抱えてられた妻のお尻辺りには肉棒が当たりお互いの相手の肉体を刺激しあっているに違い有りません。

妻の丸みを帯びた乳房には、しっかりと斎藤君の手が添えられています。

夫が洗い終わり、今度は斎藤君が洗い場に出ました。

「ほら、智津子が洗って上げなさい」

洗い場に立ち竦む斎藤君の身体を妻が念入りに洗い始めました。

やがて、股間周りを洗う妻は、肉棒を摘まみ股の間を洗いました。

「そこは直接手で洗わないと駄目だろ。もっと丁寧に洗って上げなさい」

斎藤君の肉棒は完全勃起していました。

20センチはあろうかと思います。太さも半端では有りません。

僕自身は12センチ前後ですから、普段夫の肉棒に慣れていた妻にとって斎藤君の巨根はどんな感じだったのか?

悔しいけど男の僕から観ても比較する値になりません。

妻は斎藤君の前に跪き、念入りに素手で肉棒を洗っています。

斎藤君は、満足そうに妻の頭に手を置き、腰をゆっくり唇に近づける仕草をしていました。

「お口に・・下さい」

妻は完全に斎藤君に支配されていました。

もう、夫が側にいる事も関係無いと言った感じです。

斎藤君も一発出さないと我慢出来ない様子で、妻の頭を抱えると激しく前後に動かせました。

斎藤君「うっ、出るっ〜う」

妻の頭を抱えたまま、斎藤君の尻の筋肉がヒクヒクと震えています。

「ウウッ〜」

苦しさのあまり、肉棒から口を離し、ドロッと精液を吐いた妻は、再び肉棒を含み残りの精液を吸出していました。

僕が風呂から上がっても2人は暫く浴室から出てくる様子は有りませんでした。

その夜、寝室のベッドで夫と斎藤君は争うように妻の肉体を責め続けました。

夫がオマンコの中に挿入している間、斎藤君は妻の口を使って奉仕させます。

そして、夫が中出ししたオマンコの中に斎藤君の肉棒が突っ込まれてゆきます。

朗かに、斎藤君に突かれている時の妻は、よがり狂い身体を震わせながらイッていました。

夫では味わえないエクスタシーに自然と身体が反応しているのでしょう。

夫である僕は、クローゼットから秘密の箱を出して来ました。

「絶対イヤ、あなた箱を開けないで・・」

妻を無視するかのようにフタを開けると、中から数種類のバイブと紅い紐や鎖が現れました。

SMグッズです。

深紅の首輪に金属製の手錠・足枷なども有ります。

あまり使った経験は有りませんが、不妊治療の小道具として買い揃えた時期が有りました。

「駄目、佑樹君は見ないで・・」

妻は、斎藤君にSMグッズを見られ軽蔑される事を恐れていたようです。

いつも清楚な妻を装う女が、実は首輪を填められ一匹のメスになる姿を晒したくなかったのです。

斎藤君「旦那さん、お願いが有ります」

「何でも言ってくれ」

斎藤君「今夜は僕に奥さんを貸してくれませんか?」

斎藤君「それと、僕にも中出しをさせてください」

「…まぁ、いいよ!斎藤君も家族の一員だ。100%じゃ無いけど、女は排卵期以外は妊娠しない筈だ。妻が大丈夫だと言う日なら、中出しも許可するよ」

深夜3時過ぎ、首輪を填められ四つん這いの妻は、手綱を引かれながら斎藤君と家の外に出ました。

全裸の妻は、両足にスニーカーを履き、手にはスリッパを履かせました。

四つん這いのまま、斎藤君のアパートまでは500メールはあります。

人通りの少ない時間帯ですが、もし誰かに見つかれば万事休すです。

妻は、尻を高く突き上げ歩くたびに腰がクネクネ揺すれていました。

多分、妻は生きた心地がしなかったと思います。

僕は斎藤君のアパートの前で付いて行きましたが、中には入らず別れました。

今夜から、妻の肉体は若くて精力旺盛な斎藤君の所有物です。

翌日、僕は仕事に行き、夕方帰宅しても妻を迎えに行きませんでした。

翌日も翌々日も迎えに行きませんでした。

あの夜、妻は全裸のまま斎藤君のアパートに行った訳ですから、着る物は何も無い筈です。

持って行った物は、妻が涙を流して嫌がったSMグッズの入った箱のみです。

妻は全裸のまま生活してるのでしょうか?

もしかすると足枷をされ両足を開かされたまま放置されているかも…。

とすれば、女にとって一番恥ずかし生殖器と尻の穴を晒され、好きな時、好きなだけ男根でオマンコを突かれ、子宮の中に精子をブチ撒かれているかも知れません。

そんな妄想をしながら、夫は妻を迎えに行く事も、連絡すらしませんでした。

今頃、妻は夫に捨てられた思い絶望し、嘆いているかも…?

いや、斎藤君に身も心も委ね、至福の想いに慕っているかも…?

どちらにしても、若い斎藤君によがり狂っている妻を、もっと懲らしめたい気分だったのです。