Home
メニュー

修学旅行先の旅館で女子に告白された

名無しさんからの投稿
----

もう10年以上前の、中3の修学旅行にて。

男子の2〜3人が39℃の発熱、女子の1人が腹痛(盲腸だった)というかなりの危機的状況で、最終日前の旅館は大騒ぎだった。

担任とクラスの仲良い子が看病したり病院についていったり。

そんな中、鬼軍曹と言われていた恐怖の体育教師が1人、浮き足立つ僕等を抑えていた。

僕とK(女子)はその教師の顧問の陸上部の部長をしていた事、またクラス委員だった事もあり、顧問の指示で巡回をする事になった。

『こういう事態だから大人しくしているのは無理だろうが、せめて旅館から出たり、騒いだりしなければ遊んでも可』

という暗黙のお達しを守らせるためであったが。

そんな、深夜の事である。

日が変わる頃だったろうか、顧問より休んでいいとの指示を受けた。

半数くらいは起きていたが、後は定期的に顧問の方が巡回する、と言うのである。

その日一日はとにかく顧問の指示で動き回っていたので、風呂にも入っていなかった。

そこのお風呂は深夜2時までOKで、本当は修学旅行生の入浴時間は決められていたが僕ら2人は特別に今から入っていい、と。

Kと2人、

「やっと休めるね〜」

と言いながら浴場に歩いていった。

浴場前に着く。

入り口で男湯女湯に分かれている。

当然のように男湯の方に向かうその時、Kは言った。

「ここに貸切の札あるね」

と。

見ると確かに床に転がっていた。

その辺りの仔細は知らないが、旅館の方に言えば手配してくれるのだろうか。

「これ下げたら、誰も入ってこないかなぁ」

「まぁ、そうなんじゃないか?」

「じゃあ、下げてみよっかな〜」

チラッと、Kが僕の顔を見る。

「ね、一緒に入らない?」

…?

Kは何を言っているのだろう…?

理解するまでに1分はかかったと思う。

理解した時には、2人して顔を真っ赤にしたまま固まっていた。

今まで異性として意識すらした事がなかったK。

背が小さくて細身で華奢。

顔も好みとはかけ離れていた。

でも、その微かな身体のラインに、意識せざるを得ない。

1年の頃からずっと好きだった、僕が部長になったから自分もなった、自分の走る姿が格好良かった…等々、Kの胸の内を明かされる。

…と、近づいてくる足音。

咄嗟にKの手を引いて女湯の方に入り、貸切の札を下げる。

何故女湯だったかって、男湯の方は電気が点いてたから。

本当にそれだけの理由。

やましい事を考えるより、Kと話したかった。

掴んだ手には汗がじっとりとついていた。

どれだけ、Kが緊張してたのか。

頭1つくらい違うKを、ギュッと抱き締める。

正直に、僕がKをそんな風に意識した事は無かったと言う。

そんな風に思ってくれてて、嬉しい、とも。

Kは涙ぐんでた。

「やっと、やっと言えた」

って。

初めて見る泣き顔は、とっても綺麗だって思った。

しばらくしてKは落ち着いたようで、僕の心臓がバクバクいってるとか、汗くさーいとか、いつものテンションが戻ってた。

だけど、いつもとはほんのちょっと違う気がする。

僕の胸に顔を埋めたまま、Kは言った。

「一緒に、入ろ?」

…僕は、Kの事を、Kが僕を思ってくれてるほど好きじゃない。

罪悪感。

…今触れてるKの体の柔らかさ。

温もり。

Kの体を見たい。

好奇心。

戸惑う中、Kは

「これから私を好きになってくれたら嬉しいな」

と呟いてた。

それが免罪符となった。

「僕が、Kの服を脱がしてもいいなら」

「えっち!」

「どっちがだよ」

少しの、間。

「いいよ、でも先に私に脱がさせて」

言うが早いか、Kが僕のシャツに手をかけた。

ゆっくりと、シャツを、ズボンを脱がされる。

真っ赤になりながら、Kの手がガチガチになったモノを露わにする。

脈打つそれを見られるのは恥以外なにものでもなかった。

Kの視線が離れない。

それが、余計に勃起を強める。

視線に耐え切れなくて、無言でブラウスに手をかける。

ビクッと、Kの体が強張った。

「脱がす、よ」

コクンと頷くK。

脱がす間、じっと目を閉じて俯いてた。

ブラウス、スカートを脱がすと、上下白の下着だけの姿。

吸い込まれるように、微かな胸に手を伸ばす。

「やっ」

何とも言えない、感触だった。

柔らかいとしか表現出来ない。

白いブラの生地ごと揉んでみる。

Kは目を閉じたまま、首を振る。

声にならない声で、抗議してるように見えた。

手を離して、背中に手を回す。

なかなか外れなかったけど、どうにかホックを外せた。

ツンと尖った桃色の突起。

触りたい衝動を必死に抑えて、ショーツに手をかけた。

しゃがみながら下ろしたから、ちょうど目の前にKのあそこがある。

微かに生えてる毛と、初めて見るスジ。

ちょっぴり汗臭い。

すぐに、パッと手で隠される。

「あんまり見ないでよ…」

「さっき僕のをじいっと見てたくせに」

「見てないよ!そんなジーッとは…」

声のトーンがだんだん下がってく。

射精のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング