Home
メニュー

【お勧め】快楽を求めてアナニーに手を出した結果、心が女になった

名無しさんからの投稿
----

俺は、大学2年で1人暮らしをしている。

身長が170cm弱で、体重も夏場には50kg台になるくらいのガリで、スポーツも勉強もそれほど得意ではない。

ただ唯一、イケメンという取り柄がある。

男前と言うより美形と言われる俺は、とにかく小◯生の頃、いや幼稚園の頃からモテて仕方なかった。

中2でさっさと初体験を済ませて以来、いわゆるチンポが乾く暇がない日々を送っていた。

セックスも、女がどんな無茶な願いも聞いてくれるので、19歳にしてもうやり尽くした感すらある。

そんな俺が最近興味を持ってしまったのが、自分のアナルだった。

女がアナルセックスでよがる姿を見て、アナルってそんなに良いんだ…そんな疑問を持った事がキッカケだった。

最初は自宅で指にコンドームを着けて、肛門を触るところからだった。

正直に言って、何一つ気持ち良くなく、むしろ汚れがつく事が気になってしまってすぐに止めてしまった。

ただ、暇な時にスマホで調べたら前立腺が物凄い性感帯だと分かり、女とのアナルセックスに使うローションを使って、人差し指を入れてみた。

もちろんコンドームを指に着けてのチャレンジだが、驚くほどに指が入っていかなかった。

固く閉ざされた肛門に、指を入れようとあがくが、全く入る気配すらなかった…。

いい加減疲れてきて、テレビを見ながら指を動かしていると、突然スルッと指が入った。

だけど、全然気持ち良さはなくて、違和感しかなかった。

そして、こんな事をしている自分に急に恥ずかしくなり、指を抜いて諦めた。

そんな初アナルだったが、俺には向いていないと判断して、そんな事を試した事すら忘れて女とやりまくる日々だった。

それがある日、逆ナンでセフレになった人妻と昼間から彼女の家でハメていた時、

「ナオ君、お尻とか責められた事ある?」

と急に言われた。

この人妻は、32歳子無しで、旦那が開業医で金持ちという事もあって、エステとか行きまくっていて、その成果か見た目は女子大生くらいの若さだ。

そのくせ、とにかくセックス好きで何でもしてくれるので、ババアとはいえキープしていた。

「え?ないよ。気持ち良くなさそうだしw」

「ふーん知らないんだw前立腺の魔力をw」

やたらと自信たっぷりに言う人妻ユキ。

「はいはいwなに?アナルに入れて欲しいの?」

「まぁ、そうだけどwでも、ちょっとだけ試す?」

もう既に2発出していて、ちょっと疲れ気味という事もあって付き合う事にした。

ユキは妙に嬉しそうに俺をM字開脚にすると、ゴムをつけた指にローションを取って、俺の肛門に指を押しつけてきた。

当然気持ち良くも何ともないのだが、そのまま放っておいた。

「ほらほらw緊張しないの!もっとリラックスしてごらん。おばさんが気持ち良くしてあげるからw」

そんな事を言いながら、指をこじ入れようとする。

俺が冗談でもおばさんなんて呼んだら、マジギレするくせに…。

と思いながら、脱力を心がける。

すると、人差し指が入って来た。

自分でやった時と同じで、違和感以外何も感じない。

「さてと…どこかなぁ?」

こんな事を言いながら、指を探るように動かす。

すると、すぐに何とも言えない感覚が襲ってきた。

切ないような痺れるような、何とも言えない初めての感覚だ。

「見ーーつけたw凄くハッキリしてる。こんなにハッキリと分かるのは珍しいかもw」

そう言いながら、ある一点を集中的に指で擦ってくる。

切ないような何とも言えない感覚がどんどん強くなる。

コレは気持ち良いかもしれない…。

「あれれ?何か出てきたw」

そう言って俺のチンポの先を触る。

そうされて初めて自分がガマン汁をダラダラと流している事に気がついた。

「何してるの?コレ…どこ触ってるの?」

初めての感覚に、ちょっと怖くなる。

「前立腺だよwナオ君の前立腺は凄くハッキリしてるから触りやすいよ。どう?気持ち良いでしょ?」

「あ、あぁ、ちょっとね…」

本当はちょっと怖いくらい気持ち良くなってきているのだが、強がってみる。

「じゃあ、もっとw」

ユキはそう言って、指の動きを早める。

どんどん切ない感じが強くなり、ガキの頃初めて勃起してしまった時のような、言いようのない変な感覚に陥る。

「すっごーーいwコリコリw」

ユキは、面白がって前立腺を押す力を強くする。

すると、切ないと言うよりは、ドーーーンとした重い感覚になってきた。

「うぅ…あ…」

無意識に声が漏れた。

「あらw可愛い声w」

「う、うるさい!」

「そんな事言って、止めちゃうよw」

その言葉に、言い返せなくなる…。

「ふふwじゃあ、もう1本入れてあげようか?」

心底楽しそうに言うユキ。

セックス大好きの淫乱女は、責めるのも好きなようだ。

何も答えずにいると、ユキは一旦指を抜いて、ゴムの中に中指を入れ、2本にしてまた入れてきた。

指を抜かれる時に物凄く切なくなり、早く入れて欲しいと言いそうになった。

だが、すぐに指が入ってきた。

驚くほどあっさりと指2本が入ってしまった…。

「もう、解れてるねw簡単に入っちゃったw」

「う、あぁ、」

さっきと違って前立腺に触れる圧迫感が強く、触れられる面積も倍になったので、本当にキュゥーーと快感が走った…。

「コラコラwそんなに締めたら、動かせないぞw」

ユキにそう言われるが、初めての快感にどうしても力んでしまう。

指を2本入れられて、前立腺を色々なやり方で触られて、セックスやオナニーとは全く違う快感に襲われて、少し怖くなってきた。

「もう…ストップ…」

何とかそう言うが、ユキはそれどこか俺のチンポまでしごき始めた。

前立腺を刺激されながらチンポをしごかれると、チンポ側の快感も高まるのに驚いた。

「あ、あぁ、ダメだ…」

「何がダメなの?wほら、もっと感じなさいよw」

いつもは俺がSでユキをイジメるのだが、今日は逆だ。

そして、そのまましばらくしごかれて、

「アァッ!イクっ!!」

と、叫びながらイッてしまった…。

いつもより明らかに強い快感と、いつもより遥かに勢いよく飛ぶ精子…。

何も言えずに、グッタリとしていると、

「どうだった?w可愛い声出てたけどw」

「あ、あぁ、気持ち良かった…」

何とかそう言った。

「はい、じゃあ交代!ここに入れてぇw」

そう言ってユキは自分のアナルをクパァと開いた…。

旦那が働いているのに自宅に若い男を引っ張り込んで、アナルセックスまでねだる嫁というのはどうなんだろう…。

今時は普通にある事なんだろうか?

そんな事を思いながら必死でチンポを勃起させて、ユキを満足させた。

そして、その後も何度かやった後、お小遣いをもらってユキの家を出た。

若いツバメみたいなものだが、まあ良いかという感じだ。

そして、この日から本格的に俺の前立腺への探求が始まった。

調べると、まず2系統に別れる事を知った。

言葉責めのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング