Home
メニュー

日本にあるイタリア家具輸入会社で研修兼通訳をしていた金髪の嫁さん

海外/タナカさん(20代)からの投稿
----

ボクが嫁さんと出会ったのは、ありきたりだけど職場でだった。

ボクの勤め先はイタリアの家具を輸入している会社で、その娘は仕入先から研修兼通訳として送られてきた。

青い目のストレートで金色の髪が背中の真ん中まである女性だった。

透き通るような白い肌で、外国人の女性にしてはソバカスなどもなく、顔の凹凸がちょっと少ない感じがしたけど、その分雰囲気が日本人ぽくって凄く綺麗な人だった。

日本語は達者で、聞いてみると日本のアニメが大好きで、小さい頃から独学で日本語の勉強を始めたらしい。

日本のアニメ製作会社で働くことを夢見て、少しお金を貯めてから何年か前に日本に渡ってきたらしいけど、そんなに都合よくアニメ製作会社が雇ってくれるわけもなく、一旦国に帰って家具屋さんに就職したという経緯があるらしい。

まだ、アニメ好きの少女と言う雰囲気を全身から漂わせていたけれど、少し慣れてきてから年齢を聞いてみると

「モウスグ二十七ニナリマス」

と言われて驚いた。

どう見ても20歳そこそこだと思っていた。年下だとばかり思っていたのに、まさかタメとは…。

彼女はボクの働く会社に2週間足らずの予定でやってきて、研修という名のもと、通訳や契約の仲立ちをしてくれた。

仕事ぶりは真面目で、日本のことにも理解を示してくれるのでとても助かった。

最初の1週間が過ぎて、宿泊先に戻る前にわざわざボクの席に挨拶に来てくれたので、

「クラウディア、週末はどうするの?」

と聞いてみたら、アキバに行くという。

「どうして、アキバなの?」

と尋ねたら、

「オタクの街だから」

と答えた。

「"オタク"なんて言葉知ってるんだね」

ボクが感心してみせると、

「ワタシがオタクだから」

と言って笑って見せた。

「今週はお世話になったから、ガイド役、勤めようか?」

と水を向けると、彼女は嬉しそうに、

「お願いします!」

としっかりした日本語で答えてくれた。

「ホテルまで迎えに行こうか?」

そう言うと、

「アキバの改札で大丈夫」

と言われ、これは本当にオタクなのかもしれないと思った。

彼女が駅で迷子になってはいけないと思って、15分くらい前に待ち合わせ場所についた。

改札に近づいていくと、真っ黒なコートに円柱の帽子を被ったコスプレ風の金髪女性が立っていて、まさかと思って目を凝らしてみたら…クラウディアだった。

「タナカさん、おはよう!」

「おはよう」

それまでとのギャップに驚きつつも、やっとの思いで挨拶だけは済ませたが、思わず頭の先から足の先まで彼女の衣装をしげしげと見つめてしまった。

多分ボクらが生まれる前にテレビでやっていたアニメで、ボクも再放送でしか見たことがない奴だ。

「凄いの、持ってるね」

「変ですか?」

「いや、似合ってるっていうか…、似合いすぎてるっていうか…」

あのアニメのこの役を実写でやるならこの娘しかいないだろうって思うくらいイメージにぴったりだった。

「へへ、うれしい!」

改札を通ったあと、彼女はそう言うとボクに腕組みをしてきて、街へと繰り出した。

彼女と歩いているとすれ違うほとんどの人が振り返ったり、露骨にボクたちを指さして、コソコソ話している。

"そりゃそうだよな…、振り返るよな…"

1人の子供なんか、

「写真撮らせてぇ」

と言って彼女の手を取ると、母親に写真を撮ってもらっていた。

どう見ても彼女とは不釣り合いなボクが一緒に並んで歩いているのも彼女を引き立てるのに拍車をかけたのかもしれない、なんて思いながら2人で街を彷徨った。

「クラウディア、なに食べる?」

散々オタクが集うショップを巡り、厳選に厳選を重ねて買い集めた荷物を少し持ってやりながら尋ねると、"お好み焼きが食べたい"という。

寿司でも天婦羅でも奢ってあげようと思って下調べをしてきたのに、お好み焼屋がどこにあるのか咄嗟に思いつかなかくて困った。

ボクが携帯を取り出して検索を始めようとすると、彼女は、

「コッチ」

と言い、スタスタとボクの前を歩き始めた。

自分の目的地は事前にしっかりと下調べしてあるようで、彼女について入ったビルのエレベーターに乗って、次に扉が開いたとき、某有名お好み焼き店が目の前に現れた。

「凄いね」

そう言うと彼女は少しだけ自慢げに、

「だって、ワタシ、オタクだもん」

と言った。

どうやら彼女の中でオタクはある種のブランド化されているらしい。

アキバ周辺の詳しさから見て、彼女のオタク志向は本気モードの筋金入りらしい。

"たぶんメニューを説明してあげる必要もないのだろうな"と思っていたら、果たしてその通りで、メニューを開く前に、

「ワタシ、豚玉」

と言った。

ボクも同じものを注文して、彼女に目を向けると彼女の青い目は真っ直ぐにボクを見つめていた。

何だか気恥ずかしくなったボクは、話題を探そうと頭をフルで回転させたが、出てきたのはありきたりな質問だった。

「クラウディアは日本に来て何が一番美味しいと思った?」

外国人はしょっちゅう聞かれる質問かな、とも思ったのだけれど、食事時の話題として他に思いつかなくて聞いてみた。

「うーん、いろいろあるけど、コンビニで売ってる食パンかな」

と意外な答えが返ってきた。

「コンビニのパンって、100円か200円ぐらいのヤツ?」

「そう、ヤツ」

ボクは彼女の答えに思わず笑ってしまった。

「イタリアのパンとは違うの?」

「うん、イタリアのはもっと硬くて塩気とか甘みが少ないの」

彼女は、テレビアニメで会話を覚えたらしく、話をしている分にはかなりナチュラルで、表現力もそれなりに豊かだ。

目を瞑って聞いていたら、外国人だとは気付かないかもしれない。

「午後はどうする?」

「どうする?」

「どこか行きたいとこ、あーりますかぁ?」

こっちが変な日本語になってしまいそうだ。

彼女はクスッと笑って、

「次は、中野ブロードウェイに行こうと思ってるの」

"うわっ、また、ディープなところを突いてくるなぁ"

ボクは、彼女の下調べと準備の周到さに舌を巻いて感心しながら、案内してやることにした。

もっとも、ボクが役に立ったのは目的地までどうやって最短で行くかということだけで、着いてみたら彼女の方が詳しかった。

彼女はここでも懐かしのアニメのポスターなどをどっさり買い込むと、駅前まで戻ってきたところで回転焼きを2つ買って1つをボクにくれた。

「この粒あんがいいよね」

回転焼きを一口食べて発した彼女の言葉にボクは脱帽した。

"コイツ、最近の日本の若者よりも日本人らしいかもしれない…"

「タナカさん、今日はありがと」

ターミナル駅に着くと、彼女はそう言ってボクの両頬にチュッチュッと向こう式の挨拶をしてくれた。

"うわっ"

慣れないボクは、それだけでなんだかドキドキしてしまった。

それから彼女はボクに預けていた荷物を受け取って、胸の前で小さく手を振ると声に出さずに口の動きだけで"チャオチャオ"と言って改札を通るとホテルへと帰って行った。

"少し変わっているけど、おもしろい娘だったなぁ…、それに何といっても綺麗だし…"

晩飯を済ませようと立ち寄った近所の定食屋で焼き魚をつつきながら彼女のことを思い出していると、チュッチュッが思い出されて一人で赤くなっていた。

すると、そこへメールが届いた。

彼女からだった。

馴れ初めのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング