Home
メニュー

服飾デザインを専攻してる2つ年上のバイト先の先輩

名無しさんからの投稿
----

大学1年の7月、夏休みを利用して生まれて初めてバイトした。

小さな洋食屋で内容はファミレスみたいな感じ。

皿洗いに掃除、ウェイター、調理補助、何でもやった。

ホールの仕事はA子さんという先輩バイトに教えてもらった。

服飾デザインの専門学校に通う2つ上、細身で胸デカくスタイルメチャいい。

艶のある黒髪のポニーテール、小さい肩やくびれた腰とスラリと伸びた細い足、いつも後ろ姿に見とれてた。

小顔にあまり似合ってない眼鏡、少し唇が厚く美人ではないが可愛い印象はある。

ある日大雨でヒマな時があり、ホールは2人きり。

店長から閉店を2時間早めると言われた。

自分は電車通勤なので店長が車で駅に送ってくれる事になり、A子さんは徒歩通勤なので自宅まで乗せて行くと言ってたが

「駅でお茶して帰る」

という事で一緒に駅で降りた。

それでは、とA子さんと別れたが、3分ほどしてA子さんから電話。

「お店が閉まってた。雨も酷いので一緒に時間潰し出来ない?」

とのお誘い。

これが夢の世界の入り口でした。

食事してないので駅構内の小さな居酒屋でしばらく飲んだり食べたり。

話の内容はバイトの人間関係や給与、私生活、お互いの学校の事をA子さんペース。

女性とはほとんどプライベートな話をした事がないので新鮮で楽しかった。

そんな中で

「A子さんのスタイルはプロ級ですよね」

と酔った勢いで言ってしまったら、A子さんの顔が真っ赤になってとても照れてる様子だった。

その姿が可愛らしく、自分の意思は決まってしまった。

外に出たら小降りになってたので

「自宅まで送ります」

と申し出たらA子さんは喜んでいた。

徒歩5分でA子さんのアパート。

暗黙の了解で、

「遅いから泊まって行く?」

「いいんですか?」

「いいに決まってるでしょw」

部屋に上がり、濡れた上着を脱いでハンガーを借りて干して寛いだ。

綺麗に片付いた女の子らしい部屋。

しっかりしてる人なんだなぁと感心した。

「汗かいたからシャワーを使うね」

と言い、続けてA子さんが

「一緒に浴びる?w」

と言ってきた。

「いいんですか!」

と返事すると、急に真顔になり

「あはは、やっぱり別々に入ろうね」

心臓の鼓動が高鳴り、鼻息が荒くなった自分に気づいた。

A子さんがシャワーから出るまでずっと同じ所に立ち尽くしていた。

A子さんがシャワー室からキャミを長くしたような部屋着で出てきた。

眼鏡外した化粧っけがない素顔。

眼鏡とは全然ん違う可愛いらしさ。

それにとても女の子っぽいし、身体のラインが薄い部屋着を通して眩しいぐらいだ。

興奮というか萎縮してしまった。

「次の人、どうぞ」

と言われて慌ててシャワー室に入る。

借りたタオルにボディーシャンプを擦りつけて一所懸命色んなとこを洗う。

浴び終わって濡れた身体を拭いてるうちに「着替えがない!」事に気づいた。

すると

「私の短パンと寝間着使って」

と声が隣の部屋から掛かった。

この時ほど貧弱な痩せ気味でよかったと思った事はない。

リビングには冷たいウーロン茶が用意されていた。

自分は心臓バクバクでキョドってるのに、A子さんは気を遣う余裕。

出来るなぁ。

小さな1.5人掛けぐらいのソファでお喋りしてるうちに、だんだん距離が近くなり、肩と肩が密着し左手をA子さんの肩に回した。

身を預けてくるA子さん・・・しかし童貞の自分には次の一手が分からない。

すると、

「こっちをちゃんと向いて」

と言われてキスされた。

完全にA子さんがリード。

舌が絡むので真似をする。

自分もA子さんも息遣いが荒くなる。

右手を取られ、A子さんの豊かな胸に当てられる。

オッパイをおっかなびっくり揉んだ。

さすが巨乳!

揉み応えがハンパない。

自分の固くなった股間にA子さんの左手が伸びる。

短パンの上から握られパンツの中に細い指が入ってきた。

亀頭に触れた途端ピクッとしたが、掴まれてゆっくり動かされると気が遠くなり、溶け出しそうだった。

短パンを脱がされ、寝間着も取られる。

全裸の僕の股間をゆっくりと触りながら

「口に入れてもいい?」

と聞かれ、返事する間もなくフェラ。

気持ちいいどころではなく、感じすぎて気を失いそうになる。

身体が硬直して、出そうになる直前A子さんが離れる。

そして

「身体をよく見せてくれる?」

と思いがけない事を言われた。

蛍光灯のスイッチが入り、170cm53kgの全身に彼女の眼差しが注がれる。

A子さんは微笑んでいる。

屹立した股間が痛いぐらいに感じる。

しばらくしてまた股間を口に含んだ。

ダメだ、ホントにもう逝ってしまう。

そしてA子さんの口一杯に放出した。

凄く長い時間ドクドクと流れている。

彼女が口を離すと、近くにあったティッシュにゆっくりと吐き出した。

でもまだコチンコチンに固いまま。

彼女は僕の右手を部屋着の下に持っていった。

下着を穿いてない!

初めて触れる女性に戸惑う。

A子さんは丁寧に、

「ここを触って、中指で。そうそうあっーあぁぁ」

と悶え出した。

可愛いし妖艶で艶かしい。

喘ぎながら部屋着を自分で脱ぎ出す。

初体験のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング