Home
メニュー

初恋の相手であり、人妻になっていた千恵美と近所のスーパーで再会

名無しさんからの投稿
----

30代になってしばらく経ったある日曜日。

近所のスーパーで買い物をしていたら、一人の女性とぶつかった。

「あっ、ごめんなさい」

振り向く女性を見て、私は驚いた。

「ち・・・千恵美!?」

彼女とは、高◯時代に半年ほどお付き合いしたことがあった。

髪はショートカットで可愛い姿。

しかも、真っ白なミニスカワンピースに黒いニーハイときた。

ところが、彼女の薬指には光るものが・・・。

そう、千恵美は結婚していたんです。

卒業してからは彼女と離ればなれになり、自然消滅してしまいました。

スーパーを出て千恵美に聞くと、2年前に4つ上の男性とお見合い結婚したと聞きました。

子作りは頑張っているものの、一度流産を経験しており、あれから臆病になってしまったと泣きながら話してくれました。

私「千恵美、一緒に歩こう」

千恵美「うん・・・」

私は千恵美の手を取り、ゆっくりと歩き始めます。

千恵美は泣きながら私に寄り添ってきました。

千恵美「あなたのこと、忘れたことなかったよ。でも、寂しさに負けちゃった。親に勧められてお見合いして、トントン拍子に結婚が決まって・・・。だけど、流産してから夫婦に亀裂ができちゃった。主人・・・週に1〜2日しか帰ってこないんだ。私・・・、どうしたらいいの・・・?しかも昨日、離婚届が郵送されてきたの・・・。私・・・、もう・・・ダメだあ・・・」

私は千恵美を抱きしめました。

そして、ゆっくりとキスをしました。

千恵美の体は、震えていました。

私は、千恵美の背中を優しく撫でていました。

私「千恵美、一緒になろう」

千恵美「うれしい・・・。バツイチになるけど・・・いいですか?」

私「もちろんだよ。千恵美を、お嫁さんにするから」

千恵美「ああ・・・ああああああ・・・」

その場にしゃがみ込んで泣き声を上げた千恵美。

気が付くと、雨が降り始めました。

千恵美と一緒にタクシーに乗り、私の住むアパートに向かいます。

着いた時には激しい雨になっていました。

雷さえも、近くで鳴り響いていました。

千恵美を部屋に迎い入れると、千恵美は私に抱き付いてきました。

私はバランスを失い、そのままベッドに倒れました。

千恵美は私の上になり、激しく唇を重ねます。

そして、自らウエストのベルトを引き抜き、ワンピースのファスナーを下ろすと脱ぎ捨てました。

キャミソールも脱ぎ捨て、ブラジャーとパンティだけになりました。

千恵美「私・・・あなたがほしい・・・」

そう言って、ブラジャーを外して投げ捨てました。

84㎝、Dカップのおっぱいが露になります。

そして、パンティも脱ぎ捨てて全裸になりました。

千恵美「ねえ・・・してえ。千恵美を抱いて!」

私は千恵美を下にして体を重ねると、濡れきったあそこに指を突っ込みます。

千恵美「ああ、ああ、ああああ・・・」

ゆっくりと指を出し入れすると、千恵美の中は激しく私を締め付けてきます。

私「千恵美、好きだよ」

千恵美「私も・・・好き。好き。愛してる!ああ・・・」

千恵美のあそこから、愛液が溢れて来ます。

私は千恵美のあそこに唇を押しあて、愛液を吸い取って行きます。

千恵美「ああ、ああ、ああ、好き、好き、ああ、イッちゃう、イッちゃう、イッちゃう・・・ああ・・・」

千恵美の体が激しく震え、あっという間に硬直しました。

気を失ってしまったようです。

私は、千恵美を優しく包みました。

千恵美は静かな寝息を立てていました。

朝を迎え、辺りが明るくなり、起きてみると千恵美が朝食を作っているところでした。

千恵美「あなたぁ、今朝はハムエッグよ」

私「あっ、ありがとう」

千恵美「ねえ、朝食が終わったら、一緒に歩こうよ。そして、帰ったらエッチしよっ」

私「千恵美。じゃあ、正常位でドッキングするか?」

千恵美「私・・・、バックがいいんだけど!」

私「えっ、バック?」

千恵美「うん。バックは妊娠しやすいんだって」

私「だけど、私なんか経験ないよ」

千恵美「ウソ!30で童貞?」

私「そうだよ。がっかり?」

千恵美「大丈夫!私があなたの初体験の相手ね。任せて!」

今日は花の日曜日。

昨日の雷雨が、ウソのようです。

千恵美は私に寄り添って腕を組み、ゆっくりと歩き始めました。

普段なら、バカみたいに引きこもりになっていましたが、千恵美のおかげで楽しい1日を過ごすことができそうです。

40分くらい散歩して、すっかり汗をかきました。

部屋に戻り、一緒にシャワーを浴びました。

シャワーを浴びている時、千恵美が私に抱き付いてキスをしました。

千恵美から舌を絡めてきました。

私は千恵美のDカップを揉みます。

張りのあるおっぱいです。

千恵美はシャワーを止めました。

千恵美「じゃあ、あなたの初体験、始めるね」

と言って笑顔を見せ、ゆっくりと後ろを向き、壁に両手を突きました。

千恵美「あなた、来て・・・」

私「凄いよ、千恵美・・・。でも、どうすればいいか、分からないよ」

千恵美「大丈夫!私がリードするね」

と言って、私のものを掴み、千恵美のヒップに近づけました。

千恵美「両手をお尻に当てて左右に開いて!」

私「はい」

私はゆっくりと千恵美のヒップを左右に開きます。

艶やかな部分が見えました。

千恵美「分かる?どこに入れるか!」

私「これかなぁ」

千恵美「ダメ、違う!その下!」

私「ああ、これかあ」

千恵美「そうよ。そのままゆっくりと入って来て・・・」

私は千恵美のあそこにゆっくりと位置を合わせ、千恵美のヒップを両手で支えました。

そして、ゆっくりと千恵美を突いて行きます。

フワリと入口が開き、私の先が千恵美に飲み込まれて行きます。

千恵美「あっ、ああ・・・、大きいんだけど・・・ああ・・・」

私「千恵美・・・、凄い・・・気持ちいいよ」

千恵美「うん。先が入ったね。そのままゆっくりと来て・・・。ゆっくりだよ・・・」

私はゆっくりと、千恵美の中に挿し込んで行きます。

千恵美「ああ、気持ちいいんだけど・・・ああ、ああ・・・ダメ、癖になりそうよ・・・」

私「凄いです。千恵美さんの中、もの凄くまとわりついているよ・・・」

再会のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング