Home
メニュー

友達は美形の彼女を性欲の捌け口として扱っていた

名無しさんからの投稿
----

高校時代、友達に一歳上のかなり美形の彼女がいたんだが、実は彼女の方が一方的に友達の事を好いていて、友達もそれを分かって性欲の捌け口として付き合っていた。

俺は一番の友達とあってそのおこぼれに預かる事が多く、友達の命令でノーパンで登校してきた彼女が俺の前でスカートを捲って中身を見せさせられたり、俺の見てる前で放尿させられたり、半ば露出調教みたいな雰囲気。

彼女は元々俺と同じ小中学校だったので最初は物凄く抵抗があったようだけど、いつも俺相手なので途中から彼女はかなり慣れてきたようだった。

ただ、俺が童貞で照れ屋だったので、友達にとっては彼女だけではなく俺の反応も面白かったらしい。

そして友達の家で、俺の前で交尾を見せられた時、友達が見てるだけじゃ可哀想だろうと言い出して、彼女にフェラを指示。

彼女は明らかに悲しそうだったし、俺も恥ずかしかったのでいいよいいよと遠慮するも、彼女に黙ってズボンを脱がされ、人生で初めて女の子の口に体の一部を咥えられた。

体育のあった夏の日の夕方なので、決して良い匂いはしなかったはずなんだが、彼女は無表情、慣れた感じで下顎と舌でモグモグするような動きをしながらフェラ。

実際のところ、思っていたほど刺激が強くなくて1分以上かかったけれど、やがて彼女の口の中に射精。

彼女は当然のように精液を飲み込んで、それから俺に会釈して彼氏の胸に飛び込んで行った。

その後も数回、学校で突然なんてのも含め、彼女にフェラしてもらう機会があったけど、友達は俺に彼女の胸や下半身に指1本触れさせなかったし、フェラ以上の事もなかった。

普通は彼氏以外にフェラさせられる時点でおかしいと思うんだが、多分こういう風にきっかりとボーダーラインを定めているからこそあの子のベタ惚れが続いていたんだろうなと思った。

本来、友達はそのうちにヤリ捨てるつもりだったようだけど、彼女が高3の時に痛恨のミスで妊娠させてしまい、友達の親による指示で強制的に結婚となった。

友達はもっと遊びたかったみたいで、今もよくブーブー言っているものの、綺麗で性格の良いよく出来たお嫁さんだし、実際のところ彼女本人に対しては何の不満も持っていないみたいだ。

そしてもちろんお嫁さんの方はとても幸せそう。

友達があれだけはまり込んでた性的調教も、彼女を引き取る事が決まった時点ですっかり途切れて普通の夫になっている。

抜ける
投票数:7
面白い
投票数:9
続きが見たい
投票数:8
詳細が見たい
投票数:7
面白くない
投票数:9
雑・読みにくい
投票数:2

    高校時代のタグを含む体験談


    新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

    他サイト新着記事

    人気体験談ランキング(月間)

    こちらの体験談の評価をお願いいたします

    上へ

    アクセスランキング