Home
メニュー

音ゲーにハマって知り合った人がメンヘラだった

名無しさんからの投稿
----

とあるゲーセンで音ゲーにハマってた頃のお話です。

数年前、趣味も何もない自分は何もする事がなく、

『仕事→自宅→仕事』

の永久ループをしてました。

毎日つまらないなーって思いながら働いていたら、友人から飲み会の誘いがあり、趣味皆無で暇人な俺はホイホイついてった。

飲みメンツを待つ間、時間潰しにとゲーセンに友人と寄った。

友人A→マッチョなのでゴリラ。
友人B→モヤシ。

この時はプリクラ撮ったり、UFOキャッチャーやったりしてたんだけど、途中モヤシが某音ゲーが上手いらしいという話題になり、やらせてみる事になった。

見て驚愕した…フルコンボやスコアも、最高スコアを維持してた当時は全くわからなかったけど、ギャラリーが出来るくらい凄かったらしい。

(こいつ動体視力おかしいんじゃねぇか?)

とか思ってた。

今じゃ理由も凄さも分かるけどww

んでモヤシが俺らに

「教えるからやってみれば?」

っと言って来たのでやってみた!

ゴリラと俺は

「ワケわからんけど楽しい!」

と言って、その日は何度もやって飲み屋に行った。

飲み屋では当然ながら音ゲーのお話にもなり、

モヤシ「今度フリープレイのお店あるから練習しにいかない?」

と言われ、やる事ない俺は二つ返事で

「いくいく〜!」

ってノリノリで言いました。

ゴリラは乗り気じゃないみたいでスルー。

その日は酔っぱらって電車逃し、夜中にタクシー乗って解散!

翌日モヤシからメールが来ました。

モヤシ「今度空いてる日いつ?」

みたいな内容だった。

その時は仕事もしてて、飲んだ時のお話だったのであまり乗り気じゃなく

「週末なら」

と送って仕事に戻った。

そしてすっかり忘れてた週末に連絡が来て、

モヤシ「フリープレイの予約取ったからおいで〜!」

と言われ、めんどくさいながらも約束したし行くか〜っとダラダラゲーセンに向かった。

到着後、取り合えず少しやって帰るか〜っと軽い気持ちでいたら、モヤシが女に囲まれている事に気付いた。

(モヤシってモテないよな?なんだあの逆ハーレムは??よしっ俺もガチでやろう!)

って感じでその日の内に低難易度の、まだやってない曲をいっぱい触った。

正直何で音ゲー始めたかと思うと下心でした。

まさかそれであんな事件に巻き込まれるとも思わず。

ゲームを仕事終わりや休日にいっぱいやった。

やり込んでるうちにライバル登録機能があるのに気付いた。

スコア(某音ゲーで表すとGREAT→GOOD→POOR→BAD)の4段階正式にはGREATの上にjustGREATがあり、光るのでピカグレなどと呼ばれてます。

出来るだけピカグレと呼ばれるのに近い判定を出すと高スコアが出ます。

ミスカウント曲の譜面数(ノーツと呼ばれる)を出来るだけ少なくする。

無ければフルコンボと呼ばれる。

そういった上記の物を競い合うシステムがライバル登録です。

当時はちょうど同じくらいのライバルもおらず、1人でずっとやってた。

でも色んな曲を触ったり、ランプ埋めたりしてるのが楽しかった。

ある時ゲーセンが新作出だとかで混んでいてうんざりしていて、

「帰ろうかな…」

と思っていると声を掛けられました。

可愛い女の子だった。

見た目はフワフワした感じの服装で、いかにもポップンとか好きですみたいな女の子でした。

以下ポプ子。

ポプ子「あの〜いつもやってますよね?実力近そうなんでライバルしても良いですか?」

俺(キッタァーーーーーーー!!!ついにモヤシの立場到来!)

「良いですよ!負けないですよ!」

みたいな感じでした。

その日は

「あの曲難しいですよねー」

とか

「それ出来るの?凄い!」

みたいな会話で番号も聞かず解散。

番号聞いとけばよかったなーとか思って、ポプ子でお家帰って2回くらいオナニーした。

その後も行きつけのゲーセンに行くと、度々ポプ子と会った。

ゲームの話ばかりしていたが、ある日ポプ子が俺にこう言ってきた。

ポプ子「ねぇねぇ!俺君!良かったら今度遠征しない?近場で良いから!」

俺「いいよー!!2人とも恥かかないレベルだし、筐体スコア潰しにいこーぜ!」

みたいなノリだった。

遠征とは、各ゲーセンに置いてある筐体でプレイすると遠征数が記録カードに記録に残ります。

昔はこれで新曲を解禁できたりしました。

今も名残りで遠征は残っているけど、記録に残るだけで何の効果も発揮しません。

(現在は筐体内トップスコアはありません)

その時初めて連絡先を交換した。

そしてポプ子に初めて名前を聞いたら

ポプ子「今まで通りのカードのHNで呼ぼう」

と提案があった。

この時少々疑問に思ったが、まぁゲームで知り合ったしあまり深く突っ込むのも変だし、その場の雰囲気に合わせて聞かなかった。

その日、初めて1つの筐体で2人でプレイをした。

俺1P側、ポプ子2P側。

難しい譜面が来るとポプ子が体を動かしたりして肩と肩が軽くぶつかったりするのに興奮してゲームどころじゃなかった。

その日お家に帰ってポプ子で3回くらい抜いた。

抜いて賢者モードになってる最中にポプ子からメールがきた。

内容は

『今日は2人でプレイ出来て楽しかった!ありがとー!遠征どこ行くか一緒に考えようね』

みたいな内容で、返信に

『うんー!こっちこそありがとう!一駅でいっぱいゲーセンあるとこがいいよね!探してみるね』

って感じでメールを30通くらいやりとりしてその日は寝た。

週末の休みに合わせて某駅周辺に音ゲー設置数が多いゲーセンに正午前に向かった。

休日なのか混んでいて、何店舗か回るうちにお互いお腹が減ってしまった。

ポプ子「お腹空いたね〜」

俺「取り合えずお昼御飯でもどっかで食べる?」

ポプ子「そうしよ〜」

って感じで某ハンバーガー屋さんに行き、他愛ない話と昼食を食べて幸せを感じていた。

昼食を取った後にゲーセンに向かうと空いていたので、2人でガッツリやった。

当時のポプ子は正直俺より一枚上手で結構負けてた。

(一部の得意譜面なんかは勝ってたけど)

その日ポプ子が豹変する事態が起こった…ポプ子とゲームをしていると段々とお客さんが混んできて並びがキツくなってきた。

5人待ちくらいだったんだけど、次が俺とポプ子の順番って時に順番を抜かされたの。

で、俺は

男性視点のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング