Home
メニュー

映画観ながら女友達を膝枕してたらムラムラしておっぱい揉んだ

名無しさんからの投稿
----

大学生の時、結構プライベートでも遊ぶ友達以上彼女未満みたいな紗耶香(仮)って子がいたんだよ。

だけど、別にセックスする感じでもないし、まあ酔った勢いでキスまではあるけど、お互いそこは一線を引いてたところがあった。

あっちが割と男勝りなところがあってってのと、154cmくらい?だったから妹みたいになってたんだな。

で、社会人1年目になって、あっちからDVD観よってメールが来たんだよ。

まあこれはいつもの感じで、あーどうせストレス溜まってるから愚痴りたいんだろうなって。

電車で2駅だから行ったわけよ、夜の21時くらいかな。

家に入ったら相変わらず露出の多い格好で寝転んでいる紗耶香。

メディキュットとショートパンツの寝間着、あとタンクトップ。

「久しぶり」

「もうちょっと着ろよ」

「良いんだよ暑いんだから」

「で?」

「早く観よ」

「どうしたの、今日は」

「どうもしないよ」

「どうしたの」

「……追々話す」

そんでDVD観る事になったんだけど、俺がソファに座って紗耶香を膝枕する感じで観てたのね。

で、観たのがノルウェイの森。

松山ケンイチのやつ。

そう、めっちゃキスシーン多い奴。

普通に勃起しちゃった俺。

「ちょっと立てないでよ」

「仕方ないだろ」

「寝づらいじゃん」

そのリアクションもあれだけど、なんか不意に冷静になっちゃったんだよその時。

2人でノルウェイの森観て、薄暗くて、股間に顔が近くて、ケツのラインが出てて、ノーブラで、風呂上がりで良い匂いがしたんだよ。

急に女に見えたんだよな。

4年くらいずっと一緒にいたのに。

あ、もう今日犯すわ、って思った。

普通に肩に手を置いてたんだけど、ゆっくり首筋の方になぞってみたわけ。

ただ移動してますよーって。

そういうつもりじゃないですよーって。

で、ゆっくり耳に手をやると。

「んー……」

「ん?どした?」

「耳」

「いいじゃん」

「よくないし。集中させろ」

「いいじゃん」

ゆっくり耳から、顎から、首筋から、めっちゃゆっくり撫でていくと、少しずつ体をモゾモゾさせるようになってきた。

「ねぇ…」

「なに?」

「え、どうしたの?」

「どうもしないよ」

「嘘、だってさっきから」

「さっきから、なに?」

もう一度耳に戻って、ゆっくり撫でてやる。

「んっ!」

少し大きな声が出て、

「ダメだって、耳は」

「何で?」

「弱い。ちょっと。くすぐりなし」

「いいじゃん」

そのまま右手で耳をなぞりながら、左手でおっぱいを触る。

実はEカップだって後で知った。

「デカくね?」

「え、ちょっと待って」

「何で?」

「何でって、え、何で?え、ちょ、ま、だってあたし彼氏いるし」

「あ、そうなんだ」

「え、ねぇちょっと……んっ」

彼氏がいた事に多少驚いたけど、何も無い風を装って続けた。

タンクトップの上から乳首を擦ってやる。

「んっ……ちょっと……え、ねぇ待って」

「やだ」

「え、ちょっと……だめ今ブラ着けてない」

「知ってるって」

「ねぇいやっ……ん……んんーーー……」

ちょっと強めに乳首を摘む。

「んっ……!ダメ……っ……それやめっ……」

「耳も胸もダメなの?」

「ダメどっちもダメ……耳ダメ……っ!や……っ」

腕を掴まれてるんだけど、全然力が入ってないの。

「え、ほんとに駄目って思ってる?」

「ほんとにダメだよ、彼氏いるんだもん」

「彼氏と最近仲いいの?」

「いや……」

「どうなん?」

「いや……今喧嘩してるんだけど」

ビンゴ。

どうせそんなこったろうと思ったんだよ。

「耳とおっぱいだけでこんな感じてんの?」

「感じてねぇし」

「この先どうなんの」

「しないよ、もうこの先しない!」

「いつもこんな感じるんだ?」

「そんな事ないっ……あっダメそっちやほんとにやだ」

おっぱいから滑らせて、ショートパンツの上から股間を擦る。

「ダメダメダメダメッ」

「いいじゃん」

「ダメ……あんっ……やーもうダメだって」

「何で?」

「だから」

「いいじゃん」

背中を曲げて無理矢理キス。

「んー!!んーーーむーーーー!!」

結構本気で抵抗されたけど、強く抱き締めて離さなかったらだんだん力が抜けて来て、舌も絡めてきた。

「んー……あ……んー……ぷは……ねえ……ダメだよ……ちゅーダメ……」

もちろん聞く訳ないし。

中出しのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング