Home
メニュー

高校で組んだバンドで仲良くなったビッチ

名無しさんからの投稿
----

高一の終わり頃、当時つるんでいた友達(大島♂)とバンドを組む事になった。

オレがギターで大島がベース。

ドラムは大島の友達。

んでボーカルだけが見つからなくてオレは地元の友達に誰か出来そうな人を紹介してもらう事になった…。

まぁそいつが片瀬って女子だったんだが、オレと大島で顔合わせに行ったんだ。

実際会ってみると身長が低くて顔はまぁそこそこだった。

で話してる途中で煙草吸い始めやがった。

すると片瀬が。

「そういえば2人は童貞なのー?」

とか聞いてきた。

当然童貞だったオレらは童貞だと答えると

「初々しいね」

って言ってた。

まぁ話し込んでるうちに割と意気投合してきて歌は聞いてないけどボーカルとして迎える事になった。

そんで帰りにオレが彼氏の有無を聞くと曖昧な答えが返ってきた。

言いたく無いのかなと当時は勝手に解釈してた。

その後大島と話してると。

オレ「まぁいい奴だったね。顔も悪くないし」

大島「いや、いい奴だろうけどあいつは絶対裏がある…」

みたいな会話をしていた。

その日から数日オレは片瀬とずっとメールをしていた。

たまに片瀬から送られてくるチ○ポのようなデコメはあまり気にしなかった。

そんで練習初日。

ドラムはまた来れなく三人で合わせる事になった。

大島はベース初心者の割にはそこそこ出来ていて片瀬の歌は………って感じだった。

まぁ音痴ではなかっただけよかったけど。

練習後飯を食いに行く事になって近くのファミレスに寄った。

ここから片瀬が暴れだした。

オレの向かい側に片瀬と大島が座る形になっていたのだがやたら二人の距離が近い。

まぁオレはそれを面白がって、罰ゲームだとか言って大島に赤ちゃん言葉など使わせて楽しんでいた。

ちなみに自分はリア充ではない。

当時学校では根暗で大島以外で仲が良い奴は2人いるかいないかぐらいだった…。

だんだんそれを見てるのも飽きてきて帰ろうとしたら。

片瀬「えーあたしまだここにいるー」

オレ「いや、終電なくなっちゃうよ…」

片瀬「じゃああんただけ帰ればー?」

オレ「………」

なんかムカついて結局オレは残る事になった。

オレが渋々コーラを飲んでると片瀬がオレの隣に座ってきた。

オレ「何?」

片瀬「いや、つまんなそうだったから」

オレ「別にそんな事ないけど…」

片瀬「あー構って欲しかったんだww可愛いwww」

そう言って片瀬はオレの太ももをさすってきた。

オレ「おい、止めろ!」

片瀬「照れんなよwwwwあんたってどMでしょ?」

オレ「…わからん」

んで今度は肩に胸を押し付けてきた。

限界だった。

オレは勃起した。

片瀬にはバレなかったが焦った。

たぶんこの時点でオレは片瀬に惚れてたと思う。

その後終電ギリギリで帰り親に怒られた。

その日以降オレだけではなく大島までも片瀬と頻繁にメールをするようになっていた。

メールを送ってどちらが先に返って来るかみたいな事もしてた。

大島の方に返信が早かった時はマジで悔しかった。

そして片瀬から大島にこんなメールが届く。

片瀬「土曜日遊びに行こうよ♪」

大島はそれをオレに自慢をしてきてオレは全力で止めた。

オレ「いや、やめとけよ。片瀬だぞ?何するかわかんねぇし」

大島「いやぁ女の誘いだし断るのもなぁ」

オレ「だったらオレも連れてけよ」

大島「…片瀬に聞いてみるね」

今思うと本当に情けないな…。

そんでオレらはカラオケに行く事になった。

正直カラオケでの事はあまり覚えてないから省きます…。

それから週一での練習後は片瀬といちゃつくってのが日課だった。

そして最初の練習から二週間くらい経った頃。

オレは足を骨折した。

正確には足の指だが通学するのに一苦労だった。

しかもちょうどその次の週辺りに学年で行くスキー旅行というものもあったが行けなくなってしまった。

学校の入試休みもあり、約一週間くらい暇になったオレはなんとなく片瀬と遊びに誘ってみた。

すると何と片瀬の家にお呼ばれされる事になった。

当日オレは足の痛みなんて気にせずワクワクしながら普段全く使わない電車を使い片瀬の最寄駅まで行った。

駅では片瀬が待っていて駅からバスで片瀬の家まで向かった。

片瀬の家に着くとまず弟がオレに寄ってきた。

正直どうでもよかったが高感度を上げるため相手をしてあげてた。

片瀬はテレビを見てた。

すると片瀬の母親がオレに飯を作ってくれた。

なんか申し訳なかった。

その後は片瀬とくだらない事して普通に帰った。

とりあえず自分と片瀬のスペック。

■オレ
眼鏡。
ヘタレ。
ガリ。

■片瀬
ビッチ。
胸でかい(本人曰くE)。
キレるとウザい。

それからもう一度片瀬の家に行く事になった。

その日は家に誰も居なくてオレはちょっと期待を膨らませていた。

それでも片瀬はいつもと同じでオレをからかってくる。

オレは誰も見てないのをいい事に片瀬を押し倒した。

この時初めて胸というものを触った。

だけど片瀬は照れる様子も嫌がる素振りも見せなかった。

勿論当時童貞のオレにはその後何も出来なかった。

何も出来なかった理由としてはもう一つあった。

ふと片瀬の携帯の待ち受けを見てみると大島と片瀬が手を繋いでいるプリ画だったからだ。

それを見たオレは

「たまたま大島と片瀬が遊んだときに2人で撮ったプリなんだ。あれに特別な意味は無くて罰ゲーム的なノリでやってるだけ」

と勝手に解釈していた。

大島がスキー旅行から帰ってきて練習も再開する事になった。

練習当日。

その日は昼頃に終わったので全員でカラオケに行く事になった。

するとここでまた大島と片瀬がいちゃつき始める。

巨乳のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング