Home
メニュー

単身赴任先の病院にいた可愛らしくて小柄な清楚系の人妻ナースさんと

愛知県/名無しさん(40代)からの投稿
----

私、46才の既婚、医療機器の業者。

秋の人事異動でそこそこ大きな地方都市の中心地へ単身赴任となった。

新しい赴任先ですぐに新規開院のクリニックへ製品の採用が決まり、ドクターにもスタッフさんにも気に入ってもらえて入り浸っていた。

そのクリニックから新年会のお誘いがあり、参加させていただいた。

出入りの業者の新年会での仕事と立場は盛り上げ役に徹することだよねw

ふとした時に私の隣にさゆりさんが座ってきた。

さゆりさんは人妻のナースさんで、髪型はセミロング、キレイなストレート。

小柄な清楚系。

年齢は私と同じと聞いて驚いたが、いつも明るくて可愛らしい人で、訪問したときはよくお話しをしていた。

この日の服装も可愛らしい白のセーターにひざ丈のふわっとしたライトブラウンのスカートにベージュのパンスト。

嫌われる要素がないよねw

さゆりさん「ここのお店のイス、かたいよね」

私「さゆりさんのお尻、かわいそうですね、私の上に座りますか?w」

と言って私の足をポンポンとしたら、

さゆりさん「では、失礼しますw」

と、ホントに座ってきた。

周りの人から少しからかわれたが、すぐにみんな自分のペースに戻っていった。

さゆりさんは私の足の上でみんなとの会話を楽しんでいる。

そんなさゆりさんの後ろから私はさゆりさんの髪の毛の香りを楽しみ、太ももやお尻を触れるか触れないかってぐらいにさわさわしてたw

その状態のまま新年会がお開きになるまでいたけど、こっちのお尻が痛くなってしまったw

解散になってすぐにさゆりさんが私の方へ近寄ってきて、私のコートを引っ張りながら、

「ちょっと!さっきお尻、触ってたでしょ!」

と言ってきた。

怒らせちゃったかな?と思ったけど、口もとが笑っていることを確認w

私「あ、バレてました?ごちそうさまでしたw」

さゆりさん「もー!wお触り代は頂くからね!w」

とテンション高いです。

近くのコンビニまでいっしょに行く途中、

さゆりさん「飲みすぎたー!歳かなー?疲れたー!でも楽しかったよねー!」

ニコニコしながら腕に絡みついてくる。

朝までに帰られればいいというのは確認済みだった。

ドリンクとお菓子やおつまみをいっしょに選んで買った。

私「さゆりさん、かわいーですよねー!」

さゆりさん「なぁに?なによー!」

私「ちょっと休んできましょーよ」

ささっとタクシーを拾い、近くのラブホへ。

さゆりさん「ホントに?ホントに?」

とタクシーの中で手を繋ぎながらキョドリまくりw

部屋に入って荷物を置いて、さゆりさんをポンっとベッドへ押した。

さゆりさん「きゃぁ!」

ってかわいい悲鳴をあげてベッドに倒れこみ、しばらくうつ伏せで倒れこんで

「うー、うー」

ってうめいていたw

そしてガバっと起き上がってこっちを睨んできた。

その瞬間にキスをした。

さゆりさん「うううう・・・ん・・・」

抵抗はなかった。

強めのキス優しいキス舌先を触れ合わせるようなキスたまに見つめ合い、また目を閉じてキスをした。

ベッドの上でコートを脱がせ、セーターの上から胸を触った。

さゆりさん「私・・・、不感症って言ってたよね?感じないんだから・・・ね・・・」

さゆりさんは新年会のときに

「私ねー、不感症なんだよーw」

って話してたけど明らかに感じてるw

セーターの裾から手を入れてキャミソールなのかな?ババシャツなのかな?

気にしながら薄い布地の上からブラのホックを外した。

セーターのときとは違って胸の感触がより確かに感じられた。

乳首を軽く触った。

さゆりさんの手が私の首に絡みついて激しいキスを求めてくる。

さゆりさん「あれ?あれ?おかしいよ?」

なんて言い出した。

「どうしたの?」

って聞くとまたキスが激しくなった。

さゆりさんの腰が落ち着きがなく動き、ヒザをぎゅーっと閉じたりスリあわせたりしている。

私はスカートを少しまくってヒザを優しく触った。

さゆりさんは

「はぁぁぁ!」

っと大きく息を漏らして

「ダメ~」

と言った。

太ももの内側を指先でツツーっと字を書くように触ると

「いやぁ~」

と言いながら腰の動きが激しくなってきた。

さゆりさんのお尻の方に指先を移してパンストを下げた。

私の左腕を腕枕にしてさゆりさんは

「ダメ~、ダメ~」

と何度も言っているがパンストが脱がせやすいように腰を浮かしてくれた。

ショーツの上からさゆりさんのお尻を撫でまわす。

さゆりさんの表情は恥ずかしさと快感とが入り混じって泣きそうになっている。

キスと喘ぎ声。

私「感じちゃってるねw」

さゆりさん「・・・違う・・・もん」

私「確かめますw」

さゆりさん「えぇ~、ダメぇ・・・」

指先をさゆりさんのおヘソの下へ移してショーツの中へ。

さゆりさんのヘアーが。

さらに下へ。

割れ目を感じた。もう濡れまくっている。

私「トロトロだねw」

さゆりさん「いやぁ~ん・・・」

腰の動きはさらに増して、背中もガクガクと震えている。

割れ目をなぞってクリを探すが・・・見つからない。

(クリちゃんはだいぶ小さいのかな?)

ショーツを脱がすことにした。

またお尻の方からショーツに指をかけて優しくゆっくりと脱がせた。

「ダメだよぉ」

と口では抵抗するがやっぱり脱がせやすく腰を浮かしてくれるさゆりさん。

そのことを言うと恥ずかしそうにしながらキスをしてきた。

今のさゆりさんは上はセーターとババシャツ(ブラのホックは外されている)、下はヒザ丈のスカートでノーパンw

あおむけで立てひざのM字にして、さゆりさんのアソコを見ることにした。

さゆりさん「いやだよぉ。お風呂!お風呂に入らしてよぉ。恥ずかしいよぉ。電気ぃ~!電気消してよぉ・・・。お風呂ぉ・・・」

浮気のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング