Home
メニュー

勝負に負けて友達に彼女のフェラを許してしまった

名無しさんからの投稿
----

大学1年生の当時、順子という女の子と付き合ってました。

違う大学の子だったんですが、大学入ってすぐのコンパで知り合いました。

お互い大学入りたてという事で、テンションも上がってたんでしょう。

一目惚れに近い形でしたね。

僕も順子も童貞×処女だったのですが、順子の誕生日にようやく結ばれました。

僕は一人暮らしでしたが、順子は実家暮らしだったので、親が結構干渉したりする。

家で門限も決められてました。

そんな中、青臭いながらも恋人として沢山記念日を作ったりして、楽しい学生生活を満喫してたと思います。

順子のイメージとしては奥菜恵さん(公式|Wiki)を想像して頂ければ良いと思います。

そんな中、大学の友達と順子の友達を家に呼んで飲み会をしました。

週末だったので、順子も

「女友達と遊ぶ」

というありがちな嘘を親についてくれて0時近くまで、ウィイレしたり、コンビニのお菓子の批評をしながら飲んでました。

時間も時間で徐々に人数も減っていき、俺と順子と大学の友達の浩二が残りました。

(浩二は中田浩二をイメージしてくれれば良いと思います)

お酒が入ってたからだと思いましたが、人数が少なくなると急に浩二が順子の事を

「可愛い」

とか

「コンパで実は狙ってた」

とか言い始めました。

まぁ、顔は良いですが、アホな友達なんで、俺は軽く流してました。

順子は順子で

「浩二くんカッコイイから、良い人見つかるよ〜」

みたいな感じで流してました。

そんな、やりとりがチョットしつこいくらい続き、おもむろに浩二が

「次の物理の試験、俺がトウジに勝ったら、順子ちゃんフェラしてよ」

とか言い始めました。

一瞬ドキっとしました。

浩二は酔ってましたが、目はマジでした。

順子はあまり下ネタは好きじゃありませんでしたが、彼女もかなり飲んでたので

「チョ・・・チョット、浩二くん飲みすぎなんじゃないですかぁ?」

みたいな感じでなんとか返してました。

ただ、、、ただね。

俺はこの大学、実はすべり止めで第一希望落ちた結果ここにいるんですよ。

その分、大学で良い成績とってやろうという気構えで前期の理系の教科は常に成績上位を取ってました。

反面、浩二はマジ遊んでるやつで、ほぼ毎回再試験を受けてるような奴でした。

そんな余裕もあってか、俺も酒の勢い

「おう、いいよ」

と受けてしまいました。

順子は

「勝手に決めないでよ〜」

とは言ってましたが

浩二が

「やった、じゃあ、トウジに勝ったらフェラしてくれるんだね」

と言うと、順子は

「勝ったらの話ですよ!!」

と言い返してました。

ちなみに、うちの物理の教授は臨時試験を行って、無理やりにでも単位を取らせようという教授で、成績上位10人を講義中に発表したりするような教授でした。

まぁ、そんな感じで臨時試験の範囲が発表され、試験当日がきました。

ただ、それまで浩二とは、何度か遊びに行きましたが、物理の試験で勝ったら順子がフェラみたいな話は全く出てなかったんで、少しドキドキしてましたがあれは、酒の席の話で、もう忘れちゃってるんだなぁと思ってました。

翌週の講義。

結果だけ言えば、俺10位、浩二5位。

浩二は必死でサークルの先輩から過去問もらって勉強したそうです。

正直、真っ青でした。

なぜなら臨時試験明け飲みを家ですでに企画してたからです。

救いと言えば、今回も俺と順子の友達呼んでの飲みなので浩二、俺、順子の3人だけになる事は無いかなというくらいでした。

臨試明け飲みもちろん、浩二は上機嫌。

それまで、俺や友達に何も言わなかったくせに

「実はさぁ、この前の飲み会で、トウジと順子ちゃんと約束したのよ。臨試で俺がトウジに勝ったら、順子ちゃん、俺にフェラしてくれるって」

と急にみんなの前でカミングアウト。

友達は

「え〜マジ!?」

「浩二頑張ったもんなぁ」

「順子、いいの?」

みたいな感じで半信半疑でしたが、お酒とともに、みんなその話題でノリノリになっていきました。

順子も

「どうしよっかなぁ〜、でも浩二くんって実は頭良かったんだねぇ」

みたいな感じ・・・。

成績良い事が自慢だった俺のプライドはボロボロ。

ただ、その場は結局はネタという感じの盛り上がり方でした。

宴もたけなわ。

一人、また一人と友達は帰っていきます。

帰り際には

「順子っ、頑張りなよ」

とか

「順子ちゃんのフェラかぁ浩二羨ましいなぁ」

とか冗談交じりに言って玄関を出て行きました。

そして、残ったのは俺、浩二、順子。

人も少なくなり、酒も尽いたので、しばらくウイイレしてました。

さすがに、人数減ると、浩二の口数も減って、普通に

「トウジのポルトガル強いよなぁ」

とか

俺も

「8になってから、キーパー強くねぇ?」

とか

たわいもない会話に。

そんな感じで2,3試合してたらRay読んでた順子が空気に耐えられなくなったのか急に

「それにしても、浩二くん、5位って頑張ったよねぇ」

と。

すると、浩二にまた火がつきました。

「順子ちゃん、俺、頑張ったから、フェラしてよぉ」

と言い始めました。

俺は苦笑いでしたが、順子は

「浩二くん、そんなに私にフェラしてほしいの?ってか私でいいの?」

とか言いはじめました。

俺と出会うまで、処女ってか、Kissもした事なかった順子の口からフェラって言葉が出た事にチョット驚きでした。

俺とセックスするときですら、あまり言葉を交わさず、淡々としていたので。

浩二は

「うん、順子ちゃんにしてほしいよ、トウジ、約束だろぉ!順子ちゃんにフェラチオしてほしくて、俺頑張ったんだって、マジで」

と言いました。

フェラのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング