Home
メニュー

【援交】女子◯生に目隠しさせて剃毛シーンを隠し撮りした

名無しさんからの投稿
----

前回の話:【援交】天使すぎるJ◯とのセックスシーンと豪快な潮吹きをカメラで隠し撮りした

9月になったある日の夜、姉の結菜から久しぶりに電話がかかってきた。

結菜「こんばんは。最近電話してくれないんですね」

俺「え?ごめん、色々と忙しくてさ。どうしたの?」

結菜「ちょっと聞きたい事があるんですけど」

俺「何かな?」

結菜の切り出し方にちょっと嫌な予感がした。

結菜「この前、綾菜が東京に遊びに来て一緒に買い物行ったりしたんだけど、綾菜いっぱいお金持ってたんですよね。親があんなにお小遣いあげるとは思えないし・・・」

俺「ま、まさか俺があげたとでも言いたいの?」

結菜「実は最初そう思ったんですけど、綾菜は私と違ってそういうことする子じゃないってわかってるから違うとは思ってるんですけどね」

俺「そ、そうだよ、何言ってるんだよ。綾菜ちゃんがそんなことする訳ないし」

結菜「ですよね、変なこと言ってごめんなさい」

俺「い、いや、別にいいけど・・・」

結菜「それから、私ともうそういうことする気はないんですか?」

俺「いや、結菜が望むんなら俺は全然構わないよ」

結菜「そうなんですね・・・」

俺「てか結菜はまだ彼氏とか作らないの?結菜ならすぐ彼氏くらいできると思うけどな」

結菜「そうですね、そろそろ作ろうかな?」

といった、なんとも歯切れの悪い会話のまま電話を切った。

やっぱり結菜は妹の綾菜との関係を疑っているのだろうか?

結菜とセックスができるのならいくらでもしたい気持ちはあるが、身近に綾菜がいればわざわざ遠くの結菜とする必要もないとは内心思っていた。

以前のように俺の方から結菜をあまり求めなくなったことを不信に思っているのかもしれない。

それから数日して、今度は妹の綾菜から電話がかかってきた。

綾菜「こんばんは・・・」

何やら元気がないように感じる。

俺「やあ、なんか元気がないね?どうしたの?」

綾菜「最近色々とうまくいかないんだよね・・・テニスも凡ミスばっかして顧問の先生に怒られるし・・・」

俺「何か悩み事でもあるの?」

綾菜「なんか最近頭がボーッとするっていうか、何か集中できないの・・・」

俺「そういえば前に俺ん家でした後もずっとボーッとしてたように感じてたけど?w」

綾菜「そう、あれ以来ずっとボーッとしてるかも」

俺「そういえば綾菜ちゃん、たまにオナニーするって言ってたけど最近してるの?」

綾菜「うん、ほぼ毎日してる・・・」

俺「マジで?原因はそれかもしれないよ?男もオナニーしすぎるとボーッとなる感じになるし」

綾菜「やっぱりそれが原因かなぁ・・・」

俺「オナニーのし過ぎはあまりよくないかもね。特に綾菜ちゃんはスポーツやってるから集中できなくなるかもね」

綾菜「そうなのかぁ・・・でも気持ちよくなりたいんだけど、どうしたらいいかなぁ?」

俺はこの会話をしながら遂に綾菜は完全にエロい女に覚醒してきていると感じていた。

俺「男もそうだけど、オナニーをちょっと我慢してたまにする時の気持ちよさを感じるくらいにした方がいいよ。それか今度俺が気持ちよくしてあげるよ?」

綾菜「ほんとに?じゃ次会うまで我慢するよ」

俺「そうだね、じゃ次はいつ会おうか?」

綾菜「今月はちょっとムリだから、10月に入ってすぐなら大丈夫かな?」

俺「わかったよ、じゃまた近くになったら連絡するからね」

電話を切った俺は次に綾菜とする時の事を色々考えていた。

前回と同様にビデオカメラで隠し撮りをする予定だったが、どんなプレイをしようか考えることにした。

9月が終わりに近づいた頃、俺はいつもの通勤電車に乗っていると綾菜が通う高校の制服を着たJ◯を見かけた。

綾菜の高校の制服は地域でも可愛いと評判の制服で、夏服は全体が白いセーラータイプのブラウスなのだが、セーラーの襟の縁はチェック柄になっている。

スカートもブルーを基調としたチェック柄でとても可愛い制服だ。

「そっか、もう10月になると衣替えか・・・」

そういえば俺はまだこの可愛い夏の制服を着せて綾菜としたことがなかったことを思い出した。

その日の夜、綾菜に電話をしてみた。

俺「やあ、来週末は空いてる?」

綾菜「大丈夫だと思うよ!」

俺「そっか、それで綾菜ちゃんにお願いがあるんだけどいいかな?」

綾菜「え?なに?」

俺「綾菜ちゃんと夏の制服着たままエッチがしたいんだよね」

綾菜「そうなの?でも来週からもう冬の制服に替わっちゃうよ?」

俺「だよね、だから持ってきて着て欲しいんだよ」

綾菜「うーん・・・わかった!じゃ持ってくね!」

俺「ありがとう!あと髪型はハーフツインでお願いね!」

綾菜「ツインテール好きだね?わかったー」

綾菜との交渉が成立し、これで俺が考えているセックスが実行できることに嬉しくなっていた。

そして週末になり、綾菜が俺の家にやってきた。

綾菜は学校帰りでもう冬の制服を着ていた。

髪型はリクエスト通りのハーフツインにしている。

俺「いらっしゃい、やっぱり綾菜ちゃん最高に可愛いね」

俺は部屋に設置している2台の隠しカメラを録画にしてから綾菜を部屋に入れた。

俺「ところで綾菜ちゃん、夏の制服は持ってきてくれた?」

綾菜「うん、持ってきたよ」

綾菜はバッグの中から制服を取り出した。

俺「じゃ、着替えてもらおうかな。でもここで着替えてるところ見ちゃうと面白くないから、俺着替え終わるまで部屋の外にいるから、着替え終わったら呼んでね」

綾菜「わかったー」

俺はしばらく部屋の外で待っていると綾菜の声が聞こえた。

綾菜「着替えたよー」

俺は部屋に入るとさっきまでの冬の制服姿から一転し、夏の制服姿の綾菜が立っていた。

俺「ただでさえ可愛い制服なのに綾菜ちゃんが着ると最高だよ!」

綾菜「ありがと、まだ結構暑いからまだこの制服の方が楽なんだけどねー」

俺「そうなんだね、じゃ今日はまずはそのままフェラしてもらおうかな」

綾菜「わかったー」

俺は服を脱ぐと敢えてカメラの定点位置に立ち、綾菜を立ち膝にしてチンポを咥えさせる。

小さい口を目一杯開けて俺のチンポを前後にグラインドさせる姿に興奮を抑えきれない。

俺「綾菜ちゃん、今日はフェラでイカせることができるかな?」

綾菜「頑張ってみる!」

一旦チンポから口を離した綾菜はこう言うと再びチンポを咥えた。

俺「ほら、もっと奥まで咥えて。速く動かさないとイケないよ」

綾菜はちょっと顔を歪めながらディープスロートを続ける。

俺「ああ、気持ちいいよ、綾菜ちゃん上手だよ・・・」

ずっとオナ禁していた俺はこのままでもイキそうな感じになってきていたが、カメラで撮影していることを意識して自ら最後の追い込みをかける。

綾菜のハーフツインの髪を束ねている根元を両手で掴み、イマラチオを開始した。

綾菜「んんっ!んんんっ!」

苦しそうな綾菜を尻目に構わず奥まで出し入れする。

俺「綾菜ちゃん、我慢して!もうイキそうだ!」

限界ギリギリのところで俺は綾菜の口からチンポを引き抜くと、すかさず俺のチンポから大量の精子が勢いよく発射された。

口元で発射された精子は勢いよく綾菜の前髪から目にかかるとその後口の周りにぶっかける。

みるみる綾菜の可愛い顔の口周りは俺の精子まみれとなり、最後の勢いがなくなってきた精子は綾菜の着ている制服にダラダラと垂れていった。

俺「綾菜ちゃん、しばらくそのままね」

綾菜の精子まみれの顔をカメラによく写るようにそのままの状態でいさせる。

しばらく目を閉じたままの綾菜はまさかカメラで撮られているとは思っていないだろう。

少しすると綾菜の口の周りの精子が顎をつたって着ている制服に垂れていき、制服も汚れていった。

「よし、これはいい映像が撮れているぞ!」

援助交際のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング