Home
メニュー

初めて行ったおっぱぶで酷い目に遭った

名無しさんからの投稿
----

初めておっぱぶに行った体験談を書きたいと思う。

でも、おっぱぶで過ごした時間だけをただ書くだけじゃ、俺のこの複雑な心境を到底理解できないと思うので、中学時代まで遡って今日の記念すべき体験を語りたいと思う。

そんなのマテねーよ!って早漏も居るだろうから、結論だけは先に述べたい。

結論『お前ら。安いからっておっぱぶに行くな。ソープに行け』

■スペック
身長:171cm。
体重:55キロ。
年齢:20歳。
顔:普通に限りなく近いイケメンと言えなくも無い。
性格:良い。

中学、高校と男子校で学んで来た俺。

出会いなんて皆無に近く、当然のように6年間童貞だった。

別の共学高校に行った友人曰く

「お前に彼女が出来ないって信じられない」

とよく言われていたので、顔は悪くは無いと思われる。

むしろ良いと思われ。

"共学に行ってれば俺も彼女できたのになぁ"が口癖の俺。

高校3年生になっても勉強しないで遊びまくってた結果、大学受験に失敗してそのまま浪人生としてバイトしながら遊んでた(実質フリーター)。

で、当然のように受験に失敗しまくる。

落ちるとか言うレベルじゃない。

受験すらしないレベル。

今の成績じゃ受けるだけ無駄。

来年に備える。

とかまんま某コピペ通り。

で、去年から上京して1人暮らししてる。

家賃を払うためにバイトして、その忙しさ故に勉強が出来ないと言う本末転倒ぶりを発揮する。

ちなみにバイトは居酒屋。

そうやってブラブラ1年間過ごしてるうちにふと思ったわけ。

『俺このままプー太郎になるんじゃねぇの?』

って。

ただ勉強だけをしてれば良かった浪人1年目の時でさえ勉強しなかった俺が、どうして仕事しながら出来ると思うのかって話。

そう考えると凄い焦燥感が俺の中で駆け巡った。

今まで彼女作らなくても、良い大学入れば自然に良い女がついてくると思ってた俺が、初めて客観的に今の立場を理解する事ができた。

前述のバイト先で女と良い感じのムードになった事もあったけど、その時はセックスはおろかキスもしなかった。

別に特別顔が悪い子でもなかったけど

『初体験は凄い可愛い子としたい』

って気持ちが勝って、今まで操を守ってきた俺がついに、自分には何も無い事に気づいた。

そう考え出すと止まらない。

もう勉強どころじゃない。

焦燥感と性欲が頭を支配してどうにもならない。

この状態を打破するには、女を抱くしかないって思った。

だけど初体験は、やっぱり店の女じゃなくて彼女としたい。

そんな葛藤の中で生まれた解決策はおっぱぶに行く事だった。

キスとおっぱいモミモミまでなら自分ルールでセーフだった俺は、さっそくおっぱぶについて調べた。

どうせ行くなら良い女とチューしたい。

だが浪人の俺に値段が張る店はちょっと、って試行錯誤しながらネットで店を探し回った結果、可愛い子が多い上に、フリーで40分6000円という安さも売りにしてる、評判の良い店を見つけた。

『でもこの値段って安いの?』

いまいち裏業界に詳しくない俺だったけど、レビューでいっぱい安いって書いてるから安いんじゃないか?

と自己完結してとりあえず行ってみる事にした。

16時に店付近に着いた俺は、店がOPENする18時まで近くのゲーセンで時間を潰した。

18時まであと5分ってところで、店に向かった。

裏路地みたいな場所を歩いてると目的の店があって、2階に行くための階段が凄く狭かったのが印象に残ってる。

ドアを開けると2畳ぐらいの小部屋にボーイが立ってた。

「いらっしゃいませ。当店は初めてでしょうか……?」

凄く渋い声で語りかけてくる。

「もちろん初めてです」

と前もって決めておいたセリフを言った。

「当店フリーで入店されますと、40分6,000円、50分8,000円、60分10,000円となっております」

とか言うわけ。

もうね。

バロスと思った。

『40分6,000円なら10分辺り1,500円だろ、何で2,000円も掛かるんだよ、料金設定見直せカス。だからお前ら底辺なんだよ』

とか心の中で馬鹿にしまくってた。

まぁ悪態ついて事務所に連れてかれるのは嫌なので

「初めてなんで40分にします」

って素直に言った。

「60分にしますと嬢が5人ほどつきますよ?40分だと3人ですが」

とか言ってくるの。

「じゃあ40分終わったら1回退店して、もう1回40分はOKですか?」

って聞いたら

「いや、まぁそれは……」

とかお茶を濁してた。

で、すげぇ薦めてくるの。

60分を。

何がお前をそこまでさせるのかってぐらい。

正確な時間は分かんないけど、多分2分ぐらい薦められた。

終(しま)いには

「じゃあ間をとって50分!」

とかわけのわからない事も言われた。

結局40分フリーで入店した俺。

「最初のドリンクは何にしますか?」

とボーイに尋ねられ、酒の飲めない俺は

「あ、そっか!今日車で来てるから酒飲めないのかぁ……」

とか三文芝居してた。

誰かあの時の俺を殺してくれ。

壁際のソファに腰掛けて出されたウーロン茶を飲んでると、1人目の嬢がやってきた。

見た目はなかなか可愛い。

ちょっぴりメイクが濃い感じもするけど十分許容範囲だった。

「初めまして〜マミで〜す」

と、両手を突き出してフリフリする嬢。

「うわぁ可愛いね!山田だよ〜」

俺も両手をフリフリした。

舐められないよう、女の扱いは慣れている事をしっかりとアピールした。

嬢が平然と隣に座って

「うちの店って初めてぇ?」

って凄い上目使いで聞いてくるの。

正直肩が触れ合う距離で座る事自体初めてだった俺は、内心すげぇ焦ってた。

「うんwwていうかこういう店自体初めてなんだけどwww」

そんな動揺を悟られないように常に笑顔で居る事を心に決めた。

で、自己紹介が終わったのは良い。

問題はその後。

俺「…………」

嬢「…………」

正直、何をしていいか全くわからない。

いきなりソファに座らされて、嬢が来てさぁどうぞって言われてもどうすれば良いのか知らないわけ。

読み物のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング