Home
メニュー

春休み中に従妹からカメラマンになってほしいとの電話があった

名無しさんからの投稿
----

高校に合格し、のんびりと春休みを過ごしていた時の話。

昼下がり、家でゴロゴロしていると1本の電話があった。

それは近所に住む従姉妹(春から中3)からだった。

写真を撮ってほしいからカメラマンになってほしい、との事。

暇だったので、自転車で従妹(ジュン)の家まで走る。

ジュンは年子で同級生の姉ユミ(仮名)と、そして両親の4人家族だが、その日は1人で留守番だった。

聞けば叔父一家の新しく建てる家の完成が迫り、引っ越しも近いからその前にこの家の記録を残しておきたい、との事。

ジュンは僕に普通のカメラでは無く、8ミリビデオカメラを手渡した。クラスメイトから借りたらしい。

町営住宅の小さな建物なので家中を撮ってもすぐに終わり、最後にジュン姉妹の部屋に入った。

僕がその部屋に入るのは凄く久しぶりだったんだけど、ジュンは何故かカーテンを閉め、部屋の灯りをつける。

「しっかり撮ってね」

そう言っておもむろにブラウスを脱ぎ始めた。

僕は驚いて声を上げそうになったが、辛うじて堪えた。

ジュンの真意が全く判らなかったからだ。

ブラウスの下はTシャツで、ジュンはカメラに目線を寄越しながらTシャツも脱ぎ始める。

その下のブラは可愛らしいデザインの物だった。

胸は巨乳では無いが想像してたよりも大きめで、谷間もちゃんとあった。

「ちゃんと撮ってる?」

と聞くジュン、頷く僕。

画像が縦に揺れる。

ジュンはベルトを外し、ジーンズを脱ぎ始める。

ムッチリとした腰と大腿、ショーツはブラとお揃いのようだった。

生唾を飲み込む僕、早くその先が見たい・・・が、ジュンはそれ以上脱ごうとせずに、カメラに向かって様々なポーズを取るだけ。

落胆しつつも下着姿からは目が離せない。

その時ジュンが言った。

「もっと脱いでほしい?」

「う、うん!」

裏返った声で返事をする僕。

「じゃあ、トシ君(仮名)も脱いで」

カメラを取り上げ僕へ向けるジュン。

欲望が理性を大きく上回り、僕は服を脱ぎ、トランクスだけになった。

「や、約束だろ」

と僕。

「分かってるって」

カメラを僕に返すジュン。再び脱ぎ始めるジュン。

まずブラが外される。薄い紅色の乳首が顔を出す。

そしてショーツが下ろされる。

ヘアーはやや濃いめで、割れ目は見えない。

性器もまたヘアーの向こうに隠されてしまっている。

「ちょっと濃いよね、私」

視線に気付いたジュンが僕に問いかける。

「うちの家系かな、俺の姉さんはもっと濃いよ」

「何でそんな事知ってるの!?いやらしい!」

「家族なんだから、見えてしまう事くらいあるだろ」

「ふーん、そう言う事にしてあげる。じゃ、トシ君はどれくらい?」

そう言って僕の前に屈み込むジュン。

パンパンにテントを張った僕のトランクスにジュンの手がかかる。

「しっかり撮らなきゃ」

そう言われ、慌ててカメラを下半身に向ける。

人の手でパンツを脱がされる快感。そして開放感。

カメラ越しに見るちんちんは普段よりも大きく見えるのが不思議だった。

「あー、トシ君も結構濃いぃね。やっぱり遺伝かぁ。でも男の子だからなぁ」

「剃ればいいじゃん」

「ダメだよ、ユミの目もあるから。いきなり剃ったら変に思われちゃう」

ジュンの吐息と鼻息がかかり、僕のちんちんはその度に反応する。

「元気いいよね。結構大きいし」

ジュンの指先がちんちんに触れる。

「そ、そうかな?」

「うん、前の彼のよりも大きいし、ちゃんとムケてる」

「前の彼?・・のを見た事あるの?」

「あ、私の事処女だと思ってた?」

「うん」

「処女がこんな事するかなぁ」

僕の玉袋を揉んで来るジュン。

「ひっ」

と声を漏らす僕。

ジュンがケラケラと笑う。

「あ、でもユミはまだだと思うよ。あの娘奥手だから」

そんな言葉も頭には入らないくらいに僕は興奮していた。

もう限界が近い。

「もう出そう?」

ジュンが聞いて来る。

がくがくと頷く僕。

「じゃ、出しちゃおう」

ジュンの手が僕のちんちんを握り、右手で前後にしごかれ、左手が僕の尻を撫でる。

そして顔が近づけられ、舌の先が僕の亀頭に触れたその瞬間、僕は耐えきれなくなり射精した。

もう撮影も不可能だった。

数秒放心し、我に帰った僕はティッシュでジュンの身体の精液を拭こうとするが、ジュンはそれを止めて学習机のイスに座り直す。

ジュンは

「トシ君が舐め取って綺麗にして」

と小さく笑った。

イスに座り片膝を立てるジュン。明らかに性器を見せつけてる。

ここまで来て理性もプライドも失っていた僕は素直にジュンの前に跪く。

そして下腹部の辺りまでたれていた自分の精液に舌を伸ばす。

液体の事は考えない、肌の感触と体温そして体臭だけを感じるように、僕はジュンの身体に腕を回した。

下腹部からへそ、鳩尾・・僕の舌がジュンの肌をなぞる度に、声が漏れる。

最初はくすぐったげな嬌声だったが、途中からは艶っぽい喘ぎになった。

胸の辺りに来た時、ジュンが僕の頭を抱き締めてきた。

「トシ君・・・気持ち、いい・・・」

ジュンの手が僕の頭を上に導く。

僕は乳首をしゃぶりたかったが、まだお預けらしい。

仕方なくジュンの顎の辺りの精液に舌を伸ばす。

目の前にジュンの顔。

ジュンは決して美少女では無かったが、愛嬌のある娘だった。

僕は口の周りの精液を舐め取りながら、そのままキスをした。

ジュンはそれを当然の事のように受け入れ、更に激しく求めて来た。

思えばそれは僕の初キスだった。

口の中に残った精液を奪うようにジュンの舌が僕の舌に絡んでくる。

しばらくキスをむさぼり合った後身体を離す。

名残惜しい、もっとしていたい。が、ジュンはそれだけでは不満だったようだ。

初体験のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング