Home
メニュー

【女子◯生】自転車で登校してたら車と接触事故を起こしてしまい、カラダで支払うことになった

名無しさん(10代)からの投稿
----

私が少し前に経験した際の話で、それからの私の人生が多少変わった話でもあります。

身長は今とさほど変わらないので155くらい。

体重は秘密ですが、平均くらいかな。

顔もブサイクではない・・・・・・とは思ってます。

逆に美人でもないです。

男友達や当時の彼氏に言わせれば

「クラスで5番目くらいに可愛い系」

ということですが微妙ですね。

胸もBよりのC。

数値は言わせないでください。

少しお尻が大きいかもしれません。

一応運動部(剣道)に所属しているのでくびれはあり・・・・あります。

さて、これはそんな私がいつも通り自転車で登校してた際の話になります。

特に何の変哲もない道を走って高校に向かう途中だったのですが、そこで車との接触事故を起こしてしまいました。

接触事故と言っても、赤信号で止まっていた車の脇を通り抜けようとしたところ、電柱と車の隙間を目測を誤って入ってしまい、自転車のグリップ部分が車にぶつかってギギギギと傷跡が。

やばいと思ったのも束の間、当然車から人が降りてきました。

強面、というほどではないですが、スポーツ刈りのおじさん。

おじさん「うわっ!ちょっと何してんの!」

私「す、すみません!」

おじさん「あー、結構いってるなぁこれ。とりあえずちょっと移動するよ」

車の通りの少ない路肩に自転車を引っ張って私、移動。

おじさんも車を移動させて再度話。

おじさんに言われて車の後部座席で話をすることになりました。

もしかしたら既にこの時にはそうするつもりだったのかもしれませんが、私もパニックで全く気にしないで言われるがままに車に乗り込んでました。

おじさん「で、どうしてああなったの?」

わざとではなく、間違えてしまったことを説明して再度謝りました。

おじさん「まぁ、傷ついちゃったのは仕方ないけどさ、傷の大きさからすると結構するよ?」

私「すみませんすみません!」

謝るしかないのでただひたすらに謝罪の言葉を繰り返してました。

おじさん「んー、とりあえず親御さんに連絡しないといけないかなぁ」

私「うぅ・・・・・・」

それもしょうがないと諦め。

でもおじさんから値段を言われてびっくりしました。

おじさん「10万くらいするかなぁ」

私「えっ!?」

車の修理費用って実際どのくらいなんでしょうか?

この時の私は言われた額をそのまま鵜呑みにしてしまいました。

おじさん「連絡先教えてもらっていいかな?」

私「ちょ、ちょっと待ってください!」

おじさん「なに?お父さんかお母さんじゃないと話できないでしょ?」

私「で、でも・・・・・・」

うちは片親(離婚して母親と一緒)で、払えなくはないとはいえ流石に出費として大きい。

母に迷惑をかけられない一心でした。

私「な、なんとかできませんか!?」

おじさん「いや、なんとかって言ってもねぇ」

私「お願いします!」

改めて思うと私バカですね。

なんとかできるわけないじゃないですか、これ。

でも、とりあえずなんとかなったんですけど。

おじさん「そうだねぇ・・・・・・君、歳はいくつ?」

私「えっ、17ですけど」

おじさん「一回り以上違うのか。・・・・・・1つだけチャラに出来る方法あるけど、どうする?」

私「ほんとですか!?お願いします!」

おじさん「そうだなぁ、君、名前はなんていうのかな?」

私「えっと・・・・・・○○です」

おじさん「そっか、○○ちゃん、おじさんに買われてみない?」

私「え?それって・・・・・・」

おじさん「今日一日さおじさんの言うこと聞けばチャラにしてあげるよ?」

私「それって、売春・・・・・・ですか?」

クラスの子がしてるみたいな噂はあったけど、自分がその状況になるとは思ってませんでした。

おじさん「いやいや、おじさんは好意で言ってるんだよ」

そこで初めておじさんの視線が私の足や胸を見ていることに気付きました。

上述の通り、取り立てて見栄えのない体なんですけどね。

私「でも・・・・・・」

流石に躊躇いました。

しかし、この申し出を受けないと母に迷惑がかかる。

今までの人生で一番悩んだかもしれません。

でもそれも続くおじさんの言葉で終わりました。

おじさん「別にいいんだよ?10万くらいで済めばいい方だろうし、もしかしたらもっとするかもしれないけど」

私「えっ、あ、それは・・・・・・」

10万でも高いのにそれ以上というので心が折れました。

おじさん「じゃあ連絡先聞いてもいいかな・・・」

私「わ、わかしました。おじさんに売ります・・・!」

おじさん「えっ、いやいやいいんだよ、別にお金で済ませばいい話だしね」

私「お願いします。私を買ってください・・・・」

泣き出しそうでした。

自分を買ってもらうために頭ままで下げた自分が情けなくて。

おじさん「んー、そこまで言われたらしょうがないなぁ」

私「あ、ありがとうございます」

おじさん「○○ちゃんがどうしてもっていうから仕方なくだからね?」

私「はい・・・・・・」

おじさん「じゃあ、まずは学校にお休みの連絡してね」

私「わかりました」

言われた通り、携帯から学校に熱があるので休むと連絡。

で、ここからが地獄でした。

おじさん「じゃあ、これから○○ちゃんはおじさんの言うことを聞くんだよ。そしたらチャラにしてあげるからね」

私「は、はい。あの、どれくらい・・・・・・」

おじさん「ん、そうだなぁ、学校終わるくらいまででいいかな。18時くらいだよね、高◯生なら」

私「そう・・・ですね」

この時の時間は正確に覚えてませんが8時半くらい。

つまり12時間近くの間おじさんと一緒にいる必要があるということ。

私「どうしたらいいですか?」

おじさん「ちょっと待ってねー、椅子倒すから」

ワゴン車だったので、椅子を倒すと寝そべれるくらいの広さが確保できました。

おじさん「じゃあ、まずは服脱いで。下着だけになって」

私「・・・・・・はい」

覚悟していたとはいえ今日始めて会った人、しかもこんなおじさんの前で脱がないといけないというのがかなり恥ずかしかったです。

ゆっくりとスカートとブレザー、ブラウスを脱いで言われた通り下着だけの状態に。

おじさん「ほら、手どけて・・・・へぇ、今時の女子◯生だからもっと凄いの穿いてると思ったけど案外普通だね」

この時の、というか基本的に学校に行くときの下着はブラジャーもパンツも白か黒で、ワンポイント入ってるかどうかってくらいシンプルなのしかしてませんでした。

中年のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング