Home
メニュー

仕事の都合で東京にいる結菜と1ヶ月間一緒に住むことになった

名無しさんからの投稿
----

前回の話:【姉妹丼】専門学生の結菜とJ◯1年の綾菜とついに3Pをした

結菜と綾菜、姉妹で3Pをしてから数日後に綾菜から電話がかかってきた。

綾菜「この前楽しかったねー」

俺「え!?綾菜ちゃん怒ってないの?」

綾菜「え?なんで?」

俺「だって、いきなり結菜も交えてあんなことしちゃったのにさ?」

綾菜「私は全然平気だよ?面白かったし!でもお姉ちゃんちょっと機嫌悪かったかな?」

俺「やっぱり結菜は怒ってるのか・・・」

そんな会話をしていたのはもう3月になった頃だった。

ある日、いつも通り会社に出勤すると社長に呼び出された。

なんでも自分が勤めている支社で来期から新しい事業を始めることになり、その事業の主任に任命するというのである。

そしてその事業を覚えるために、東京にある本社に1ヶ月間研修に行ってくれということだった。

だがひとつ困ったのは、東京の社員寮は4月からの新入社員で一杯で入れないのでウィークリーマンションを借りて欲しいと頼まれてしまったのである。

俺は帰宅してから本社近くのマンションを色々探してみたが、なかなかいい物件が見つからずに嘆いていた。

そんな時俺は東京にいる結菜のことを思い出していた。

そういえば結菜のアパートも結構近くだよな・・・。

この近くのマンションを借りる事ができれば結菜のアパートにすぐに遊びに行けるかもしれないな、などと考えていた。

俺は結菜に電話をかけてみることにした。

結菜「何ですか?」

相変わらず素っ気ない声で電話に出た。

俺「や、やあ、結菜。もしかしてこの前の3Pのこと、まだ怒ってる?」

結菜「当たり前じゃないですか!」

俺「ご、ごめん、謝るから許してよ」

結菜「そうじゃなくて!この前した時のお金まだもらってないんですけどっ!」

俺「えっ?怒ってるってそっちのこと?」

結菜「この前援助しに来てくれたんじゃないんですか?何人でしたとか関係ないですからね!」

そういえばこの前3Pをした時にお金を渡すことなどすっかり忘れていたのである。

生活が厳しい結菜にとっては貴重な収入になるだろうから、それを貰えないでいることを不満に思っていたようだった。

俺「ごめんね、近いうちにちゃんとあげるからさ。そんなことより結菜に話があるんだけど・・・」

結菜「何ですか?」

俺「俺、来月から1ヶ月間仕事で東京に行くことになったんだけどさ、結菜のアパートの近くで物件探してるんだけどなかなか見つからないんだよね」

結菜「ふーん・・・」

俺「もし近くに見つかったら、たまには結菜のアパートに遊びに行ってもいい?」

結菜「てか、物件見つからないなら私のアパートに住めば?」

俺「・・・えっ!?それ本気で言ってるの!?」

結菜「いいですよ。ただ1ヶ月間の家賃全額払ってくれるのが条件ですよ?」

俺「そんなんでいいの!?結菜と一緒に暮らせるなんて夢のようだよ」

結菜「勘違いしないでください。てか私は別に構わないけど、綾菜が怒るんじゃないですか?」

俺「そ、そうだよね・・・1ヶ月だけだから綾菜ちゃんには内緒にしておいてくれない?」

結菜「ほんと、最低な彼氏ですね」

そんなこんなで来月から結菜のアパートに住むことになった。

これでいつでも結菜を抱くことができると思うと嬉しくてたまらなかったのだが・・・。

4月になり、俺は東京の結菜のアパートへと向かった。

大きな荷物は宅急便で送ることにしたので、ひとまず最低限の荷物を持って結菜のアパートに向かい、到着して呼鈴を鳴らすと結菜が出てきた。

結菜「てかほんとに来たんですね」

相変わらず素っ気なく言った。

俺「またそういうこと言うw」

そして結菜のアパートに上がった。

結菜「Yさんの部屋はここですからね」

俺「!?あれ、結菜のアパートって部屋2つあったんだね!」

結菜「そうですよ、知らなかったんですか?」

俺「あ、ああ・・・なんだ、結菜と一緒に寝れると思ってたのに」

結菜「バカじゃないですか?そんなんだったらうちに来てもいいなんて言わないですよ」

俺「・・・残念wてか一人暮らしで部屋2つのアパートとか必要だったの?」

結菜「・・・最初は元カレと一緒に住む予定だったから・・・」

俺「そっか・・・」

結菜「私の部屋には無断で絶対に入らないでくださいよ!」

俺「わ、わかったよ・・・とにかくこれからよろしくね」

まあ夜になったら結菜の部屋に押し入っていつでも抱いてやるさ、とその時は思っていた。

とりあえず明日は朝早くから出勤なのでその日はすぐに寝ることにした。

そこからしばらくの間は朝早くに結菜のアパートを出て、夜遅くに帰る日々が続いた。

慣れない環境や仕事の忙しさに疲れていたせいもあり、結菜を襲う?計画も実行できずにすぐ寝てしまい、すでに1週間が過ぎた。

週末になり、ようやく休みになったので、結菜の部屋を訪ねてみた。

結菜はテーブルでレポートのようなものを書いていた。

結菜「あれ?いたんですね」

俺「ああ、今日は休みだからね。毎日忙しくて結菜を襲う余裕がないよw」

結菜「は!?そんなことしたら追い出しますからね?」

俺「またまたー、結菜ほんとはセックスしたくてたまらないんじゃないの?」

結菜「・・・してもいいですよ?ただ1回する度にちゃんとお金貰いますからね」

俺「結菜はほんとちゃっかりしてるよなぁ・・・」

結菜「てか、あなたは綾菜っていう彼女がいるんですからね!」

俺「そういえば綾菜ちゃんまた3Pしようって言ってたよ?w」

結菜「絶対にしませんっ!てか、私学校の課題やってるんだから出てってくださいっ!」

まあ、焦らずいこうと思いそのまま部屋を出た。

自分の部屋に戻ると携帯には綾菜からの着信とメールが来ていた。

東京に出てきてから、綾菜は寂しいのかしょっちゅう電話やメールを送ってくる。

俺は綾菜に電話をしてみた。

綾菜「もぉー、やっと電話かかってきたし」

俺「毎日忙しくてあんまり電話とかできなくてゴメンね」

綾菜「今日休みなの?何してるの?」

俺「疲れてるからゆっくり休んでるよ」

綾菜「まさか東京にいるからお姉ちゃんと会ってるんじゃないでしょうね?」

ギクッ!!

俺「そ、そんな訳ないじゃん・・・。まあ綾菜ちゃん寂しいかもしれないけど1ヶ月だから我慢してね」

さすがに結菜は一緒に住んでることまでは綾菜に内緒にしているだろうと思っていた。

それから次の週、いつもより仕事が早く終わったのでアパートに戻ると結菜がキッチンで何かを作っていた。

俺「ただいま」

結菜「おかえりー」

相変わらず素っ気ない返事が返ってきた。

キッチンに立つ結菜の後ろ姿、ピンクのタートルネックに白い短パンのようなキュロットを履き、細い脚は黒のニーハイソックス、水色のギンガムチェックのエプロンをしている。

黒く長い髪は高い位置でハーフツインに結ばれていて、なんとも幼く見えるも可愛いらしい姿に俺の理性は一気に吹き飛びそうだった。

俺「結菜何作ってるの?まさか俺の晩御飯?w」

結菜「・・・これ晩御飯に見える?」

何やら結菜はお菓子のような物を作っていた。

俺「へぇー、結菜ってやっぱ女の子だなぁ。こういう趣味があったのかぁ」

結菜「違うよ、これも学校の課題だよ・・・」

俺「え?結菜ってこういう学校いってたの?」

結菜「そう、製菓の専門だよ、知らなかった?」

俺「聞いてなかった・・・」

結菜「私ね、ケーキ屋さんで働くのが小さい頃からの夢だったの・・・」

彼女の姉のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング