Home
メニュー

娘の優奈の友達の美希ちゃんも加わって初めての3P

名無しさんからの投稿
----

前回の話:次女の優奈と二度目の青姦をしたら、今度は小◯生の子たちに見られてしまった

寒くなってきた11月のある日曜日。

いつものように、妻と長女の優花が出かけて行きました。

妻「優奈、お留守番頼むわよ」

優奈「はぁい!」

ドアがパタンと閉まった時、優奈は電話機のところに走りました。

優奈「もしもし、美希ちゃん?うん、優奈だよ。ねえ、今から来てよ。作戦決行だよ♪」

美希「ねえ、優奈。ものすごいドキドキするんだけど」

優奈「美希ちゃん、パパとエッチしたいって言ってたじゃん♪」

美希「昨日ね、気になってほとんど寝てないの♪朝起きたら、パンツがびっしょりになってた♪」

優奈「大丈夫だよ。パパ、とても優しいから美希ちゃんも幸せな気持ちになれるよ♪」

美希「そうだね。じゃあ、15分後に♪」

優奈「うん。待ってる♪」

そして、電話を切った優奈。

そして、25分が過ぎた時、チャイムが鳴りました。

優奈「美希ちゃん、待ってたよ♪」

美希ちゃんは、膝上10㎝の真っ白なミニスカワンピースに白いハイソックスです。

美希「優奈、どうしよう。初めてこんなに短いの・・・着て来たんです。優奈のパパに、受け入れてくれるかなぁ」

優奈「可愛いじゃない!最高よ♪」

美希「どうしよう。初めてじゃないのに・・・。優奈のパパのこと、ずっと前から憧れてたの♪それが今日かなうんだよね♪」

優奈「美希ちゃん、大船に乗った気持ちでリラックスよ♪」

美希「うん♪」

二人は私が寝ている部屋にやって来ました。

優奈は白いセーター、膝上15㎝の紺のフレアスカートに白いソックスです。

何も知らない私は爆睡していました。

優奈「あっ、パパ。まだ起きてないな」

美希「優奈のパパの寝顔。なんか、可愛いな♪」

優奈「美希ちゃん。パパを挟み撃ちにしようよ♪」

美希「もち(ろん)♪」

優奈「じゃあ、私がパパの前に行くね♪」

美希「待って!優奈、特等席を取るつもり?」

優奈「えへっ!バレたか♪」

美希「ダメダメ!私が特等席よ♪」

優奈「じゃあ、私は後ろからパパに抱き付いてる♪」

二人は、私の布団にゆっくりと入って来ました。

美希ちゃんも優奈も、私に抱き付いていました。

私「うーん」

美希「あっ、優奈。私、抱かれたあ♪」

優奈「大丈夫だよ。そのままじっとしてね♪」

美希「うん♪わあ、優奈のパパの鼓動が分かる♪優奈、毎日聞いてるの?」

優奈「月のうち、8日はママと寝てる。それ以外は、私だけの特等席よ♪もちろん、毎日聞いてるの♪」

美希「すごいな。優奈がうらやましいよ♪」

そのまま、1時間が経過。

依然として私は寝ていました。

ところが、優奈だと思っていた女の子がどうも違うような気がしていました。

優奈の髪は、肩までの長さなのに、何故か今日は髪が長いのです。

私は美希ちゃんを抱きしめながら、ゆっくりと髪を撫でました。

もちろん、美希ちゃんが来ていることは私は知りません。

やがて、私は目を覚ましました。

おぼろげな景色。

少しずつはっきりとして来ました。

私「あっ!えっ?美希ちゃん?」

美希「パパ、おはようございます♪」

私「み・・・美希ちゃんだ!ええっ?なんで?」

美希「優奈に誘われたんです。今日は、1対2のエッチをするために来ました」

私「ウソ!?」

すると、後ろにいた優奈があそこに手を伸ばして来ました。

優奈「あっ、パパ。カチンカチンじゃん♪美希ちゃんに興奮したの?」

私「違うよ!」

優奈「じゃあ、これはどうしてかなあ?」

優奈は、私のモノをパジャマ越しに掴んできました。

優奈「美希ちゃん。私が先攻だよ♪」

美希「うん♪私、見てるね♪」

美希ちゃんは、ゆっくりと布団から出ると私の方を向き、正座をしました。

優奈「パパ。私だけのパパ。キスしてください♪」

私「優奈・・・」

私たちはゆっくりと唇を重ねました。

美希「お取り込み中ごめんなさい。布団、取りますね♪」

フワリと掛け布団が取り払われます。

優奈「いやぁん♪美希ちゃん、恥ずかしい♪」

美希「優奈。スカート、捲れてる♪」

見ると、薄いピンクのパンティが丸見えです。

優奈「美希ひゃん。ああ。私のパンツが・・・ああ・・・」

私は、むき出しになった優奈のパンティの上から割れ目に沿って指を這わせていきます。

優奈「パパ、パパ、しゅき。しゅき。しゅき。ああ・・・」

優奈は感じまくり、キスができなくなりました。

優奈「ああ・・・、美希・・・ちゃんが・・・見てる♪私たちを・・・見てる♪」

私は優奈のパンティから指を離して優奈にゆっくりと体を重ねました。

優奈「パパ、しゅき♪しゅき♪しゅき♪」

私は優奈から体を離すと、ゆっくりとセーターを上にずらしていきます。

優奈「パパ。セーター、取って!」

優奈はバンザイの形になり、私はゆっくりとセーターを脱がせました。

薄いピンクのブラジャーが、目の前にありました。

優奈「恥ずかしい♪」

私「あれ?優奈。おっぱい、大きくなった?」

優奈「うん。80㎝だよ♪初めて外でやったあとに、ブラジャーがキツいなって。それで、そっと測ったの。そしたら、夢の80台に♪感動しちゃった♪ウエストは55㎝。ヒップは82㎝だよ」

私「じゃあ、優奈の80㎝。拝ませてもらいます」

そう言って、優奈のブラジャーのホックを外します。

優奈「ああ・・・パパ・・・」

優奈のおっぱいはみずみずしく、透明感がありました。

乳輪は5㎝程度。

その中央に、硬くなった小豆大の真っ赤な乳首。

優奈「パパ。パパも脱いで・・・」

私「うん」

少しずつ着ているものを脱いでいきます。

優奈「パパ・・・パンツも♪」

私「美希ちゃん、見てるよ」

優奈「いいよ。だって、終わったら次は美希ちゃんだよ♪」

私「そうだね」

私はゆっくりとパンツを脱ぎました。

娘の友達のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング