Home
メニュー

【何度も絶頂】眠らせた状態でオルガスターを使ってみた

名無しさんからの投稿
----

以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので連れて行った。

マッコリを頼んだのだが、席を外した間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末にしたものを混ぜておいた。

マッコリは元々ざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても分からない。

しばらく飲食を続けていると、

「なんか酔ってきちゃいましたよ〜」

を連発。

向精神剤のせいか、妙にテンションも高い。

呑むピッチも上がる。

そこで錠剤を取り出し、おもむろに飲む。

「それ何ですか〜〜?」

と聞いてきたので、二日酔い防止の薬だと答えた。

(実際二日酔いを防ぐ効果があると言われるシステイン)

「私にもくださいよ〜」

というのでしぶしぶ渡す。でも実はコレは導眠剤。

効果はテキメンで、20分もしないうちにKは完全に熟睡したようだ。肩を揺すっても起きない。

胸元に手を伸ばして弄んでも起きる気配はない。

テーブルで会計を済ませる。

左ポケットに1万円札を突っ込み、右肩で彼女を支えて店を出る。

S宿そばの焼肉屋街はすぐ裏手がホテル街。そのまま入る。

左ポケットに入れた万札で支払いを済ませ、お釣りをポケットにねじ込む。

こうすると、彼女を揺する事なく支払いが出来る。

部屋に着き、彼女をベッドに寝かせる。

とりあえず第一段階は終了。

背中に手を回し、ブラのホックを外す。

途中で引っかかって手間取らないように両足をやや開いた状態でまっすぐ伸ばし、短めのスカートに手を入れて、慎重にパンティを下ろす。足首から抜き取る。

続いて薄手のサマーセーターの上からブラだけ上にずらすが、全く起きる気配はない。

中指で服の上から乳首を撫でるようにすると、服の上からも少しずつ乳首が硬くなる感触が。

両手をバンザイの形にしてからサマーセーターをたくし上げていく。

背中を少し持ち上げた時、一瞬動くが目を覚ますまでには至らず、逆にその動きを利用して上手くたくし上げる事ができた。

顎の辺りまで上げたところで、右腕、首の右側、サマーセーターの間のに浴衣の帯を通す。

ベッドの頭側のフレームに一度巻きつけてから、今度は左腕、首の左、サマーセーター左肩の空間に通し、帯を輪にする。

これで起き上がろうとしても完全に起き上がる事は出来ない。

サマーセーターをさらに上げ、襟ぐりの部分が口と鼻の間に来るまでたくし上げる。

すその部分を頭の上まで伸ばす。

ちょうどサマーセーターが裏返った感じになる。

これで彼女は周りが見えず、腕と上体ははほとんど動かせない事になる。

ミニスカートを身につけ、サマーセーターと薄いブルーのブラがたくし上げられている。

胸はCくらい。

北国出身の彼女は本当に白く、アルコールのせいか、少しピンクになっている。

見ているだけで先走りが。

肌も本当にすべすべで、その感触だけで逝きそうになる。

乳首はかなり小さかった。

乳首を強めに吸いながら舌で転がすと、どんどん硬く立ってくるのが判る。

クンニをしてやると、足をむずむずさせて、だんだんとぬるっとした感触が出てきた。

同時に足とアソコが開いてくるのが分かる。

指を入れると、中はかなり狭く指に絡みつく感じがある。

クリを舐めながら指でゆっくりピストン運動すると、どんどん滴ってくると同時に指への締め付けが強くなってくる。

ここでローションを購入。

クスリからも分かるように、この日は最初から狙っていた。

クスリの他にも準備したものがあり、それを使用するコトにした。

オルガスター。

サイズは大きくないものの、これほど効果の高い玩具を私は知らない。

先ほどの攻めで受け入れ状態になっていると思ったが、購入したローションをオルガに塗り、挿入していく。

すっぽりと入ったところで、なんとなく寝ぼけ状態まで戻ったようである。

オルガスターのスイッチを入れる。

振動を1/4くらいまで強くしていくと、覚醒してきたようである。

とはいえ、状況は全く把握できていない。

それはそうだ。そんな格好になっているなんて考えないだろうし、周りは見えない。

体も動かない。

が、自然と腰を振っているのが物凄くエッチ。

まだ理性が起きていないのかもしれない。

「あっ!あんっ!え?え?どうなってるの??んっ!」

喘ぎ声を上げながらうろたえ、体を痙攣させる様子に激しく興奮する。

Sですね。

周りも見えず、私は声を出しておらず、体も離していたので状況も分からないようだ。

いきなり無言で乳首を強めに吸い、舌で転がす。

もう1つの乳首は人差し指と中指で挟み、揉む。

「きゃぁっ!あぅっ!!」

いきなりの責めに体を仰け反らせ、全身を激しく痙攣させる。

でも、乳首は相当感じるようだ。

ちなみにオルガスターは締めるほど奥に入っていくようになっているため、手で持たなくとも外に出てこない。

「いやぁぁぁ!駄目っ!やめてぇぇ・・・」

状況が分からない不安と、快感との間で困惑しているのが手に取るように分かる。

Sとしてはこれ以上ない状況である。

ここで初めて声をかける。

「可愛いね」

「あっ!◯◯さん!!どうなってるんですか??あんっ!」

喘ぎながらも、丁寧な言葉遣いのK。

これも堪らない。

ちなみに私とKは15歳ほど離れている。(私が30台中ば、彼女は20代前半)

清楚なルックスと、育ちのいい言葉遣いが彼女の魅力である。

こんな状況にも敬語を使ってしまうのだ。

「これ取ってください!お願いします・・・あぁっ!!」

「これって何?これかなぁ?」

ホックは外されているものの、胸の上においたブラを取り去る。

「それじゃないです!!動いてるの・・・」

「これかぁ」

と言って、円を描く様に入っていない方の端をゆっくりと回す。

「そ、それです・・・あぁっ!お願いします」

どうもある角度にすると特にくるようで、その時は体を硬直させ、声が上ずるのが分かった。

「取るんじゃなくて、抜くでしょ?抜いてくださいって言わないと・・・」

「そんな・・・意地悪言わないでください・・・あぁっ!!」

不意に感じる角度辺りに集中的に持っていったため、激しく悶えるK。

「ぬ、抜いてください・・・」

顔を真っ赤にして小さな声で訴えるK。これも堪らない。

「仕方ないなぁ・・・抜くか」

と言って、少し抜く。

一番太いところが入り口に来たため、少し腰を浮かすK。

「あれ?抜いてほしいとかいって、腰がついてきちゃってるよ?」

手を止めてそう言うと、

年下のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング