Home
メニュー

姉が所属する吹奏楽部に一色紗英に似た先輩がいた3

名無しさんからの投稿
----

前回の話:姉が所属する吹奏楽部に一色紗英に似た先輩がいた2

めでたく一色先輩と付き合あう事になったけど、現実には生殺しの日々がまってた。

当時、ポケベルとピッチが全盛期ぐらいの時代?だと思うんだ。

中◯生なんかじゃまだまだ社会を知らない坊やだし、もちろん僕はそんなもん持ってない。

高◯3年生の一色先輩でさえ持ってなかった。

一旦その場で、またね、って帰路に別れると次にいつ合えるのか保障がない。

会えない時間が長くて僕は始終ムラムラ。

一色さんはどうだろう、たまにはムラムラしててくれたら嬉しいんだが。

そんな最中僕は、せまい行動範囲と知らない社会観の知識の中を背伸びして日々の生活にエロの学習を求めて探しまくった。

それっぽい単語を見聞きしたら辞書や広辞苑を探す。

図書館にまで行って大辞典(今でいうウィキペディアを本にした感じのやつ)みたいなのまで開いて探した。

一色さんにエロイことをさせてもらえる関係になった!

しかし自分のエロ知識がない!

これではいつか格好わるいと思われるにちがいないんだー!

笑うなかれ、必死だったんだ。

しかしすぐに行き詰まる。

いまんとこエロ単語、マンコとチンコと毛と勃起と濡れるしかわからん。

友達と3年生に混じってサッカーして遊んだときシュート決めるたびに先輩の人が

「また1発ブチ込んだ」

とかイヤラしく笑いながら言ってたっけ。

あの雰囲気だとたぶんあれ、エロい意味だな。

・・・・辞書、っと。

「ブチ込む・・・・・・・・勢いよく中に入れること」

ちくしょう!これだけかよ!

誰に教わったわけでもないけど僕はもうわかったんだそんなの。

勃起して硬く上を向いた僕のやつを、あの時、調理準備室で一色さんのマンコ触らせてもらった時の、指が奥まで入った穴の中に入れるんだろ?

で、こないだ裸でいっしょに寝たときにいっぱい出たスゲー気持ちい僕のおしっこの高級なやつ(このとき僕は"高級おしっこ"と勝手に命名した)、あれをマンコの穴の中で出すと赤ちゃんできるんだ。

あの高級おしっこは眠ってるときだけに出るものじゃなかったんだ。

保健体育じゃさらっと教科書読み上げて終了しただけだからわかんねえよ、具体的にわかんねえんだよお。

勢いよく中に入れる事じゃねえよクソ辞典が、こっちは細かいプロセスが知りたいんだよ。

一色さんあのあと歩きながらハンパねえぐらい痛がってたじゃんよ、どうやったら一色さんが困らないようにエロいことできるのか知りたいんだ!!

お姉さんだってまだ大人じゃない、赤ちゃんはまだ早すぎる。

僕の気持ちいい高級おしっこを今マンコの中に注入されちゃったら死んじゃうかもしれない。

・・・・と、このように当時の僕の性知識は一般の同年代レベルより明らかに遅れてたと思うんだな。

一色さんに出会わなかったらヤバいぐらいチェリーなティーンエイジャーになってたに違いないよ。

まさに運命のリアル性教育を経験した出会い。

それを学ぶことになったのは先輩でも友達でも家族でも教師でもなく、相手は処女のお姉さんだったんだよ。

「うーむ、エロといったら・・・・」

・・・そうだ。

同じクラスのタカヒロくんがお父さんかお兄ちゃんかのカバンを借りて登校してきたときに、漫画本のバスタードというやつが入ったままになっていてクラス中、いや学級中で大騒ぎになったことがあったな。

あのマンガは大人の内容だったに違いない!読んでみよう。

・・・このサイト様を見ていらっしゃる男性の方でしたらバスタード知ってますよね?

いわゆる少年マンガとしてはエロ濃度が高めのドラクエっぽい世界観の冒険魔法活劇。

主人公はヒロインのお姉さんに添い寝してもらってるショタ坊なのだが、綺麗な女の人にチューされると封印が解けて性欲むきだしのエロ魔法使いに変身して超強い、という設定だ。

そのエロ魔法使いがそりゃエロくて、登場人物の女の子に手を出しまくるという内容。

知らない方にご説明しますと。

ちっちゃい神木隆之介くんが有村架純とにゃんにゃんしている→→悪いやつ出てくる→→隆之介くん、チューしもらって原田泰三に変身→→泰三が悪いやつやっつける→→泰三、労働報酬に女体を欲しがる→→食われる女の子たち。

ヒロインだけは食えずにお預けになる。

こんな感じのマンガだったと思われる。

僕はこれの序盤を立ち読みして、おおぉぉお!!と感動したんだ。

まるで僕と一色さんみたいじゃないか!

「変身しなくては!僕も女子をアッハンウッフン言わせるこういう格好よさがなくては!」

と、はりきって間違った方向に格好をつける意識を開始していたんだ。

「かっこいい=女にエロいことをするときに勝ち誇っている感じ=度胸」

コレだ!と僕は今の自分でソッコー手に入る"女"の片鱗を探した。

家族全員が留守の最中に向かったのは姉の部屋。

トリケラトプスの巣だ。

一応言っとくが、かなり苦しんで悩んだ末の最終手段に近いよ。

僕にとって姉はこの世で最も遠い生物になるんだから。

兄妹萌えとか少なくとも僕にはありえない、ゲロが尻からちゃうっつうんだよ。

一色さんのために僕はチンパンジーから8頭身のヒーローにならねばならない。

この一心なんだ!・・・・部屋に入るとトリケラ独特の臭甘い匂いがした。

便所の強気な芳香剤とドブの生臭さを足したようなニオイだ。

「度胸だ。とりあえず身内独身の姉を攻略する」

一目散に忍び込んで下着の入ってるタンスを探し当てて中を開ける。

一色さんの美しい下着とは比べ物にならない、僕の靴下と変わらんようなパンツとブラが入ってる。

なんだよこれ、英語でチンコってプリントされてるじゃん(実際はティンクルというスペルだったようだ)。

こっちはなんだよ、あいつこんなの履いてんの?ケツが白で前がベージュ、なんだこのオセロみたいなダサいパンツは。

んん!?なんだこれ!

「アンダーバスト80、バスト95、C80」

数字はうろ覚えだがこんな感じだったのは間違いない、覚えている。

なんの暗号だ!?

トリケラ、乳が95センチもあんのか?

あと5センチで1メートルかよ!・・いや、おかしいだろさすがにオイ。

これ外周だろ?

いくらトリケラとてメートルマイナス5はありえねえ。

だが・・・一色さんのリアル生おっぱいをこの手で揉んだ時を思い出す。

むちゃくちゃ柔らかかった・・・が、姉より身長が高く体系はスルッと引き締まってる。

・・・比較も微妙に難しい。

アンダーってのは何だ?

もしかして女の乳って戦闘力みたいに大きさが変動するのか!?

そうだ、そうなんだ・・・スゲー・・・女のおっぱい。

外周15センチ差で膨らんだりしぼんだりするんだ・・・・・。

ん?あれは!?・・・・・引き出しの後ろのほうに、シルクっぽい素材の下着上下セットが3つぐらいあったんだ。

姉のイメージに全く持ってそぐわない、白いレースに薄紫色のリボンと花が散りばめられているパンツを手にとって広げた。

「姉ちゃん、こんなの履いてるのかよ・・・」

うっ・・・。

なんでだよ、なんで勃起するんだよ・・・。

やだよ気持ち悪りぃ。

耐えろよ!いや違う!防御じゃねぇ、攻撃だ。

炎の魔法エグゾーダスで突っ込むんだ!

度胸だ、姉ちゃんなんかに怖気づいてどうする、僕のほうがエロじゃ負けねえ負けられねえんだよ戦って勝つんだ!

僕は自分のズボンの中に姉のパンツを突っ込んでゴシゴシとチンコにコスりつけはじめた。

「ハァ、ハァ、どうだ、ざまぁみろ姉ちゃん、僕のチンコで犯してやる」

憎たらしい姉の面影を思い浮かべながら壮絶な戦闘を繰り広げる僕。

ボクサーがボディーや顔面をパンチで打ち分けるようにたびたび中断しては、チンコを包む布の部位を変える。

「尻を思う存分痛めつけてやった。ハァ、ハァ、こ、今度はマンコを直に辱しめてやる」

姉の下着を裏返し、局部が接する厚みのある布地の中心に先っぽを当てて包むように握る。

そのままグニグニと前後にズラして刺激した。

「ぐぅ、あ」

下着のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング