Home
メニュー

彼氏とデート中に元カレに無理矢理中出しされた(前編)

名無しさんからの投稿
----

こんにちは、私は栗田蘭といいます!

これから大学生の時にあった、忘れられない体験を告白したいと思います。

その前に私、「蘭」の自己紹介ですが、蘭の顔はグラビアアイドルの「和希沙也」ちゃんに似ていると良く言われます。

ちょっと、おっとりした感じで、周りからは「天然系」とか言われています。

蘭の性格は大人しめで、周りに流され易くて、はっきりと自分の意見は言えないタイプです。

自慢では無いんですけど、胸がFカップからなのか、男の人からはよくナンパされます。

中々断る事が出来なくて、いつも大変です。

そんな蘭の元カレとの出来事を話したいと思います!

蘭の初体験は17才で、同じクラスにいた男の子なのですが、彼氏から告られて付合い出し、彼氏の家で…って感じですが、最初は余り好きじゃなかった彼氏も、何十回と体を重ねる度にドンドン好きになっていきました。

その最初の彼氏は、不良っぽい所があって、学校も多々来ない時がありました。

若い時って「不良」がカッコ良く見えちゃいますよね?

蘭もそんな彼にドンドン惹かれていっちゃったんだと思います。

初めての彼氏で、他の男の人なんか知らないのに、

「この人が運命の人!」

なんて思っていました。

そんな蘭の気持ちを知ってか、途中から、彼氏がドンドン変態的な事をするようになっていきました。

蘭は男の人が初めてなので、エッチと言うのが、どこまでが普通で、どこまでが変態なのかは全然分かりませんでした。

だから、彼氏が

「おしっこ見せて」

とか

「外でやるぞ」

と言われても、

「皆普通にしてるよ!」

と言われて、すぐに納得していました。

今考えたら、すごい事をしていた気がします。

例えば、

「学校のトイレでフェラ」

「学校の部室でエッチ」

「制服でエッチしてる写真を撮る」

「夜の公園でエッチ」

「おしりの穴でエッチ」

「マッサージ機でアソコをイジる」

「胸を見せながらバイクの後ろに乗る」

など…。

そして彼氏はいつもコンドームをしないで、危険日以外は全部中に出していました。

蘭は、危ないと思っていても、

「結婚しような!」

の言葉を聞かされると、全部許せてしまいました。

その頃は、完全に彼氏の「おもちゃ」で、蘭はそれで満足していました。

しばらくして、蘭に飽きた彼氏は、さっさと違う女の人を捕まえてフラれてしまいました。

年上の働いている女の人で、車で迎えに来ていたのを見てしまったのがトラウマになっています。

そんな高校時代の思い出も、大学に入ると、自然に薄れていって、新しい彼氏も出来ました。

今度は不良では無い、超爽やかで、蘭の好きな純愛ができるタイプで、凄く幸せでした!

デートはいつも一人暮しの彼氏の家で、ビデオみたり、手料理を作ったり、たまに公園でバトミントンをしたりで、週末は凄く楽しみにしていました。

しばらく楽しい大学生活が続き、夏休みがやってきました。

蘭は思いっきり彼氏と一緒にいられると思って、超ウキウキでした。

そんなある日、高校時代の友達が「プチ同窓会」をやると電話して来ました。

卒業して大して時間もたってないんですけど、蘭達のクラスは団結力があったので、ただの飲み会感覚で集まる事になりました。

その日は、彼氏もコンビニのバイトが深夜に入っていたので丁度良かったです。

そして当日、結構気合い入れてメイクして、会場の居酒屋にいきました。

ぼちぼち集まっていて、ちょっと懐かしいメンツにテンションが少し上がりました。

最近は彼氏としか遊んで無かったけど、たまには違うのもイイかなって思ってると、近くに元彼が現れたのです!

最初は誰か分からずにいると、

「おーい元カレ忘れちゃった?あんなに愛しあったのにー?」

なんて調子良く言ってきたので

「超さいあくううう、自分からフッといて良く話しかけられんねー(笑)」

と笑いながら再会しました。

元彼は、いかにも遊んでる感じの見た目で、ガングロ金髪、今のギャル男ですね!

仕事も風俗のスカウトやってるらしくて、昔から口が旨かったけど、更に饒舌になっていました。

元彼:「超なつかしーよ、蘭の処女喪失!思い出すなー!」

蘭:「さいあくー、普通言わないでしょそんなの!、年上女に乗り換えたくせに!(笑)」

元彼:「いやー失って気付く事ってあるよねー、蘭は俺に後悔って言葉を教えてくれた大事な女だよ!」

蘭:「よくポンポンセリフが出てくるよねー?信じらんない(笑)」

昔の嫌な事は忘れて、自然に会話が弾んで、気が付くとずっと二人で話していました。

ついつい盛り上がり過ぎて、フラフラになるまで飲んでしまいました。

途中から、記憶はあるんですけど、気持ち良過ぎて、何も出来ない自分を憶えています。

しばらくして、言われるままに元彼の車に乗って帰りました。

でも元彼は、蘭の家では無くて自分の家に向かっています。

蘭は酔っぱらっているのと懐かしさで、元彼の家に行くのは全然抵抗がありませんでしたし、フラれたのは蘭なので、変な事をされるとも考えませんでした。

懐かしい元彼の家に着いたんですけど、相変わらず両親は不在でしたので、少し休んでいきました。

でも、家に入るなり、元彼は興奮して豹変しました。

いきなり後ろから胸を鷲掴みで揉んでくるのです。

蘭は

「いやああ、ダメ、蘭彼氏いるんだもん」

と言いますが、

「うるせーよ、お前と何百回やったと思ってんだよ、俺の方が彼氏より上だよ」

と訳の分からない事を言っていました。

元彼は強引にキスをして来ましたが、その感触が懐かしくて、蘭も舌を絡めてしまいました。

そして昔みたいに元彼が唾液を出すと、蘭は何も言わず口で受け止めて、飲み込みました。

元彼はそのまま何も言わずキャミソールごとブラもズラして、

「やっぱでけー」

と言って、胸を舐めてきました。

蘭は胸だけならと思って、止めませんでした。

でも、元彼のナメ方がすごく上手いんです。

今彼は蘭が初めてなので、全然ギコチなくて、余り感じないんですが、元彼のテクはヤバかったです。

乳首が痛い位に立っていて、

「昔とかわんねーエロい乳首」

とか言われると、それだけで濡れてくるのが分かります。

元彼が得意な両方の乳首を同時に舐めるのをされると、蘭は大きく叫んでいました。

今彼の不満な所を全部埋める様なテクニックで、もう完全に感じまくっていました。

もう抵抗しないと思ったのか、元彼は下だけ脱いで、アレを口元に持ってきました。

初めての時は分からなかったけど、今彼と比べると、元彼のアレがかなり大きいのが分かります。

その大きなアレを見せられた途端に我を忘れて、自分から、しゃぶってしまいました。

元彼:「あああ、すげーやらしい、気持ちイイわ、お前うまくなってんじゃん」

蘭:「ううん、んふっ、んぐっ、ジュボッ、ジュボッ、クチュッ、んはぁ、おっきいん、はんっ」

蘭はこの時、昔の完全征服されていた自分に戻っていました。

元彼が「後ろ向け」と言いました。

もうこれだけで、バックから生で犯されると分かりましたけど、もう抵抗する気なんてありません。

下はスカートとパンツを履いていたんですけど、そのまま元彼はスカートだけを捲り、蘭のお尻を

「パァーン」

同窓会のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング