Home
メニュー

嫌いだった元同級生とソープで再会

名無しさんからの投稿
----

実家に3年振りで帰省した。

友達とは地元以外でしょっちゅう会ってたけど、久し振りに地元で飲んだ。

この時に風俗好きの友人が、最近良い感じの店見つけたと言う。

デリヘルが主流になってるのに、なぜかそこでは昔ながらの営業らしい。

受付とプレールームが別の建物になってて、実は裏の通路で繋がってるとか。

思うに、K札の目を盗んでそんな営業をやってるんだと思うって。

地元から車で40分ほど走った田舎町にあるという。

友達は今までに4回ほど行ってて、全員が素人に毛が生えたレベルだったらしい。

高校卒業してフラフラしている10代の娘。

パチンコ屋のバイトと併用している娘。

近隣の県から来ているという20代半ばの人妻。

全員が本番OKで、普通のヘルスと同じ値段だという。

その地域以外には風俗ってあんまり無いので、周りから集まってきてるらしい。

半分ゴチってやるから行こうと誘われ、次の日に行く事になった。

友人が車を出し、車内で決まり事を教えてくれた。

45分で入ると普通のサービスだけど、60分以上だと本番OKらしい。

同じ子と被りたくないので、友人がヤッた娘の名前も聞いておいた。

友人の体験談を聞いているうちに俺のテンションも上がりまくりです。

有給もらう為に超激務だったから、2週間ほど溜め込んでたし。

店は美容院を少し改造しただけの店でビックリした。

外観では風俗店だとは思えないし。

しかも木曜だっていうのに繁盛しまくり。

カウンターでノートPCを見せられ、出勤している女の子を確認した。

聞いてみると待っている人達は、全員が人気嬢の指名らしい。

「待ちます?」

なんて言われたけど無理。

確かに人気のある娘達は、スタイルも良いし可愛い感じがする。

でも待合室でオッサン達の仲間入りは・・・厳しい。

友人はすぐに決まり、俺だけが店員と喋りながら悩んでた。

「この娘、スタイルとサービスは最高ですよ」

悩む俺に店員はある女の子を推してきた。

目を手で隠してるけど、絶対ブサイクだと分かるレベル。

まぁしかし体は色白でムッチリしててプリンプリン系。

「肌も綺麗なモチ肌でフェラは最高だって評判ですよ」

店員も困り果ててたようだったので決める事にした。

どうせ半分ゴチだし。

友人と同じで60分コース。

店員に案内されて奥の扉から外へ。

繋がってるとか聞いてたから外に出てビックリした。

マンションの敷地内にある細い裏路地みたいな所を奥へ進むと、無理やり作ったと分かる柵があって、そこを抜けると裏の建物に通じてる。

笑えたんだけど、その柵の近くに、明らかに後付けの箱が付いてたんですが、それがシャワーだとは夢にも思わなかった。

思いっ切り簡易シャワー。

何に使ってたのか分からないけど、カラオケボックスみたいな小部屋が無数ある。

俺は3番部屋にと言われていたので、友人と別れて奥の部屋へ向かった。

ノックをして入ると薄いピンクの照明に照らされた小部屋。

シングルベッドと棚などがあるだけの何でもない部屋。

そこに写真で見た通りちょっとムッチリしたキャミソール姿の女の子がいた。

あっ、どうも・・・なんて頭を下げようとした瞬間、思わず

「あっ!」

と言ってしまった。

俺に釣られてか、相手も

「あっ!」

と俺を指差す。

「お前・・・・・何してんの?」

「アンタこそ何でこんなとこにいるのよ」

「は?俺は客だから、お前風俗嬢やってたの?」

「もぉーマジ最悪」

目の前にいた風俗嬢は、同じ中学の同級生。

忘れもしないこの女、ブサイクで図々しい性格のムカつく女。

中学の時に大好きだった女の子がいたんだが、こいつのせいでパーになった事がある。

幼馴染だとか言ってたが、俺が好きなのを勝手にその子に伝えてたらしい。

しかもヤメた方が良いという悪口も含めて。

いきなり好きだった娘が余所余所しくなって不思議だったが、後に他の女友達に教えてもらってぶん殴ってやりたかった女。

もっと他にもムカつく事があるんですが、とりあえずそれは省略します。

そんなムカつく女が目の前で風俗嬢やってるんだから驚きました。

しかもなぜか俺が風俗に来た事ばかりを責め立てているんです。

本気で頭おかしいんじゃないかと思いましたね。

自分はお金の為だから仕方が無いとか言ってたし。

ムカついたので部屋を出て受付に戻ろうとすると、今度は腕を掴んで行くなという。

勝手に指名しておいてチェンジなんかしたら、私に迷惑がかかるんだとか言う。

トコトン頭のおかしい女だなと唖然とした。

「じゃーどうすんだよ!」

「60分そこで座ってればイイじゃない」

「は?アホか?お前、いい加減にしろよ」

「それはアタシのセリフでしょ!超ムカつく」

ベッドに座ってればイイとか言いながら、この女は自分だけ座ってやがる。

俺は入口に近い所で立ってるだけ。

終いには煙草まで吸い出して、TVをつけやがった。

その光景を見てて、ふと妙案が浮かんだ。

今までのムカつきを返してやるって。

「おい、テメーは仕事する気あんのか?」

「うるさいな!TV聞こえないじゃない!」

「あっそう、じゃ俺戻るよ、戻って最悪だって報告してくるわ」

「だからアタシの迷惑になるからヤメてって言ってるでしょ!」

「じゃー仕事しろよ、仕事しねーというぞ」

椅子に腰かけてニヤニヤしながら言った。

信じられないっていう表情で俺をニラむバカを見て、かなり楽しい気分になってきた。

「おい、早くこっちに来てチンコしゃぶれよ」

「チッ・・・シャワー浴びてないのによく言えるわね」

「お前みてーなクソデブには丁度良いんだよ、どうする?しゃぶるか?」

「超ムカつく・・・」

「お前フェラ得意なんだろ?イカせたらそれで終わりにしてやるよ」

もっと言い合いをしたけど、こんな感じの会話をしてました。

多分コイツの評判は良くないんだと思う。

だからチェンジされるのを猛烈に嫌がってて、切羽詰まってたんじゃないかな。

普通だったらここまで執着しないし、今までに何かあったんだと思う。

ベッドの上に膝立ちしているクソデブに、勃起もしてないチンコを差し出した。

仮性包茎だから剥いたら確実に臭いチンコをw

昨晩から洗ってなかったからねww

やっぱり

口内射精のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング