Home
メニュー

【寝取られ】振った彼女がビッチになる努力をしていた

名無しさんからの投稿
----

俺は27歳の社会人。

付き合って3年経つ彼女(ココロ)に、最近結婚をチラつかされてうんざりしている。

ココロは155cmの40kg台で、小柄で少し童顔。

今時真っ黒なセミロングに、ちょっと野暮ったいメガネをした図書館の司書だ。

俺としか付き合った事がなく、キスもデートも俺としかした事がない。

もちろんセックスも俺だけだ。

26歳なので結婚を焦る歳でもないと思うのだけど、最近突き上げがキツい。

セックスの時も、めちゃめちゃ恥ずかしがるくせに生で中出しを求めてきたりする。

できちゃった婚を狙っているのが丸分かりなので、必死で回避している感じ。

今日も、ココロの部屋でセックスをしてまったりとしていると、

「そういえば、9月に裕子が結婚するんだって。彼氏と付き合ってまだ半年くらいなのに、びっくりしちゃった!」

俺は、あぁ、また始まった…そんな風に思いながら、生返事をしていた。

「私達、もう3年経つね…早いなぁ〜」

ココロがそう言いながら抱きついてくる。

小柄なくせに胸はボリュームがあるココロに裸で抱きつかれると、さっき出したばかりなのにまた勃起する。

一途で真面目で料理も上手いココロなので、嫁には最高だとは思う。

セックスもめちゃめちゃ恥ずかしがるが、基本は俺の言いなりなので不満というほどのモノもない。

だけど最近、俺の趣味というか、性癖にはどうしても合わないと強く思い始めていた。

そして、このタイミングで言うのもどうかと思ったが、別れ話を切り出した。

ココロは、冗談と思って笑っていたが、俺の本気が伝わるとパニクり始めた。

しばらく泣き続け、

「私のどこを直したら良いの?言う通りにするから、捨てないで!」

と、テンプレ通りの事を言われた。

俺は嫌われるつもりでかなり大げさに言った。

・セックスが退屈。
・俺の希望を色々してくれるが、自主的にエロい事をする感じではない。
・俺は、もっとビッチが好き。
・不二子ちゃんのように、俺を裏切るくらいの方が良い。
・浮気の心配が全くないのがつまらない。

こんな事を冷静に言った。

「じゃあ、浮気する!もっと、ビッチになる!他の人とセックスする!」

泣きながらこんな事を言うココロ。

俺はその言葉に正直ちょっと興奮したが、どうせ出来っこないと思い、

「はいはいwじゃあ証拠の動画でも撮っておいてくれよw」

と言って冷たく突き放した。

その後も2時間ほど泣き続け、すがりついてくるココロに胸が痛んだが初志貫徹した。

合い鍵を返し、ココロの部屋を出て歩き始めた。

すると、上の方からココロの声がした。

「仁君!絶対ビッチになるから、それまで待っててねっ!!!」

人目も気にせずにベランダから叫ぶココロ。

俺は曖昧に手を振って歩き去った。

家に帰る道すがら、3年間楽しかったなぁ、とか早まったかな?などと思いながら歩いたが、やはり自分の性癖に合った女と結婚しないと後悔すると思い、気持ちを切り替えた。

俺は、いわゆるビッチ好きだ。

色々とエロい事が好きで、平気で浮気をするけど結局俺が一番と言って戻ってくる感じ。

そんな、気まぐれというか浮気性というか、そんな女と一緒になりたいと思っている。

ココロは、言ってみれば正反対の女だった。

甲斐甲斐しく尽くしてくれたし、良い女だったと思うが、刺激が足りなかった。

これから30歳に近づく中、結婚するつもりもないのにズルズルと付き合うのは、ココロのためにならない。

別れるのが、彼女に対しての誠意だと思った。

ココロは男性経験は少ないが、良い女だ。

ルックスも黒髪の稲垣早希という感じなので、すぐに新しい彼氏が見つかると思う。

そんな風に思って過ごしていた。

あんな別れ方だったのに一切ココロから連絡もなく、メールすらない。

もしかして自殺でもしたか?と思い、心配になって自宅を見に行ったら、洗濯物も干してあったし、ポストも溢れてなかったので安心した。

と同時に、あんなに未練たっぷりな感じだったのに、もう俺の事を吹っ切れたのかと思って、悲しくなった。

まぁ俺から振っておいて勝手な言いぐさだとは思うがw

だけど、2週間過ぎたある日、郵便ポストに封筒が入っていた。

郵送ではなく、直接投函した感じで切手も何もない。

そして、見慣れた文字で"仁君へ"と書いてあった。

妙に嬉しくなって封筒を開けると、USBメモリが1本入っていた。

意味が分からないままノートパソコンで確認すると、動画が始まった。

ココロが、自分の部屋で自分撮りをしている。

「あ…仁君…元気ですか?私は、仁君の思い通りの女になれるように、今日…その…他の人に…抱かれました…もっと頑張って、ビッチになるから、絶対に待っててね!私は、仁君じゃないとダメなの…愛してます…」

そう言って、動画が終わった。

ファイルは、もう1つある。

俺は異常にドキドキしていた。

あのココロが、他の男とした?

とても信じられないと思いながら、もう1つの動画を再生した。

動画が始まると、いきなり男が写った。

見た事のない男だ。

30歳くらいの、ごく普通の優しそうな感じの男だ。

腰にタオルを巻いただけという姿で、カメラの正面に写っている。

そして、大きなベッドの上にはカメラを操作し終えて、移動したココロが座った。

内装の様子やベッドの感じから、どう見てもラブホテルだと分かる。

「マジで撮るんだwそんなのどうするの?」

「え、えっと…その…コレクションです…」

ガチガチに緊張したココロが答える。

緊張した口調の割にココロの格好は、裸にタオルを巻付けただけという、やる気満々にすら見えるものだった。

「そうなんだwじゃあ、始める?」

「あ、は、はい…お願いします…」

緊張しすぎて卒倒しないか心配になりそうな感じのココロに男が近づく。

「優子ちゃんだっけ?真面目そうなのに、セックス好きなの?」

優子?偽名かな?と思いながら見続ける。

「い、いや…その…はい…好きです…」

好きと言うほど好きではないと思うのだが、これもビッチになるための修行と思って言ったのかもしれない。

「意外だねwじゃあ、タオル外すよ」

そう言って男はココロのタオルを外し始めた。

しかし、ココロはガシッとタオルを掴んで抵抗する。

「恥ずかしがらないで。それとも、そのままが良いのかな?」

そう言って男が、タオルの上からココロの主張しまくっている巨乳を揉んだ。

別れたとはいえ、3年も一緒だった元恋人。

しかも、ココロは俺とヨリを戻すためにビッチになろうと努力をしている。

この動画はかなり衝撃を受けた。

俺の性癖から行くと、かなりストライクだ。

俺の事を好きで、俺の愛を得るために他の男に抱かれようとする。

堪らないと思った。

そして何より大切な要素が、俺がココロをまだ好きと言う事だ。

好きな女が他人に抱かれてしまう…その危機感と嫉妬心が、俺の興奮を高めてくれる。

こんな性癖の俺はクズだと思うが、今さら変える事も出来ないし、変える気もない。

ココロは、俺のその欲求を満たす事は絶対に出来ない女だと思っていた。

真面目すぎて、潔癖すぎるからだ。

なので、嫌いではなく、むしろ愛していたが別れを選んだ。

この動画は、それが間違いだったのかも知れないと物語っている気がした…ベッドの上で、半裸の男に胸を揉まれているココロ。

「あっ、ダメ…」

男性(30代)のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング