Home
メニュー

AVを万引きした◯学生くらいの女の子を捕まえた

名無しさんからの投稿
----

数年前の夏前、俺がバイトしていたレンタルビデオ屋でバイトしていた頃だった。

レンタルビデオと言っても大手ではなく、大通りから1本入った雑居ビルの2階にある小さな店舗。

授業が無い日だったので朝から1人で店番をしていたが、さすがに平日の昼間という事もあり客もほとんどいなかったので、俺も入荷したばかりの新作を整理したり、伝票整理をしながら時間を潰していた。

その時店の中には店員は俺1人、後は初老の男性と◯学生ぐらいの女の子1人。

男性は映画を物色しているようだが、女の子の方はこちらからは死角になる所にいるので何をしているのかは分からない。

しばらくカウンターの中で伝票整理をしていると、男性が映画を3本ほど借りて店を出ていった。

店にいるのは俺と女の子2人だけ。

そう言えば、さっきから女の子が店にいるけどずっと俺から死角になるところにいる。

奥の方には洋画関係の棚があり、その奥にアダルトコーナーがある。

恐らく洋画でも探しているのだろう。

しばらくすると、女の子がこちらの様子を伺うように棚の陰から顔を出した。

視線を感じた俺が顔を上げると、その子は慌てた様子で顔を引っ込めた。

この瞬間、俺はさっきからおぼろげながらに抱いていた疑念を確信した。

普段棚に並べてあるビデオは中身を取り出し、ケースだけを棚に置いておくのだが、たまたま新作の映画とアダルトビデオが入荷したばかりで、店の奥で箱を空け、洋画コーナーの一角に置いたままにしていたのだった。

その中身の入っているビデオを見つけた少女は今万引きをしようとしているのだろう。

さっきから俺の様子を棚の陰から伺っている所を見ると、慣れた方ではなく恐らく魔が差したというやつだろうが、店で万引きがあったなんて店長に知れたら何を言われるか分かったもんじゃない。

俺はそれとなく棚の整理をする振りをしてカウンターを離れると、少女は無人になったカウンターの前を意を決したように早足で抜けようとした。

「あ、ちょっとまって、今カバンの中に何か入れたでしょう?」

咄嗟に俺はその少女の腕を掴んだ。

「や〜だ〜!離して〜!」

俺の手を振り解いて逃げようとする少女に俺は強い口調で

「万引きは犯罪だぞ!逃げるなら警察に通報するからな!」

と言うと、少女は観念した様子で振りほどこうとしていた腕の力を抜いた。

少女をカウンターの中に連れて行き、奥の椅子に座らせる。

少女にカバンを開けさせると、やはり奥の箱に入れっぱなしにしていた新作のアダルトビデオが3本出てきた。

「君はこの店の会員なの?会員証持ってたら見せてもらえる?」

「はい・・・ごめんなさい」

素直に会員カードを差し出す彼女。

会員名簿を調べると彼女の名前は由希子。

14歳、ここから少し離れた所にある私立中学校の2年生となっている。

肩までの髪に少し幼さが残るが整った顔立ち、胸は小さめだが体の線が細く、華奢な感じの美少女だった。

「何でこんなビデオ盗ろうとしたの?18歳以下は見れないんだよ?」

「分かってます・・・でも見たかったんです。ごめんなさい」

愚問だった。だから盗ろうとしたのだろう。

「ごめんなさい。本当にもうしませんから許してください」

今にも泣き出しそうな顔で由希子が懇願してきた。

「でも万引きは親か警察に連絡する事になっているからねぇ・・・」

「そんな所に連絡したら私死んでやるんだから!」

「おいおい、店のもの盗もうとしておいて逆切れするなよ」

「本当にごめんなさい・・・許してください・・・」

感情の起伏が激しい。やはり相当に動揺しているのだろう。

店の中には俺と由希子だけだ。

この子をここで帰すか保護者に連絡するか、その判断は俺にかかっている。

後々の事を考えると保護者に連絡するべきなのだろうが、カウンターから見えない所に中身の入ったビデオを置きっぱなしにしたのは俺の不注意だ。

後で店長に俺が怒られるのは目に見えている。

そんな事から、俺は由希子を許す事にした。

「しょうがないな。本当にもう2度としないと約束出来るなら許してあげるよ」

「本当ですか!?ありがとうございます」

今までの泣き出しそうな表情が一転し、ホッとしたような笑顔になった。

「本当にすいませんでした」

深々と頭を下げて由希子がカウンターから出て行った。

「あっ!ちょっと待って!」

由希子が店から出ようとした時、俺が不意に声をかけるとビクっとした感じで立ち止まった。

「え?何ですか?」

恐る恐る様子を伺うような目で由希子が俺を見る

「そんなにアダルトビデオが見たいなら見せてあげてもいいよ」

「本当ですか!?お願いします!」

逃げ出すか引かれると思っていたが、予想外に好奇心に満ちた目で返事をしてきた。

話を聞くと、明日はテスト最終日で午前中で学校が終るので、午後に見に行きたいと言ってきた。

俺は自宅アパートの住所を由希子に教え、親や友達には言わないようにと釘を刺して由希子を帰した。

多少の罪悪感のような感情はあったが、俺は由希子との間に感じた妙な縁を切りたくは無かったのだ。

翌日の昼下がり、バイトも学校も休んでいた俺の部屋の呼び鈴が鳴った。

玄関のドアを開けると、半袖のブラウスに紺のスカートをはいた由希子が立っていた。

学校が終ってそのまま走って来たのだろう、息は乱れ多少汗ばんでいる。

由希子を部屋に招き入れると、部屋の中をきょろきょろと見回してベットの上に座った。

もはや昨日の万引き未遂の罪悪感は微塵も無く、友達の家に遊びに来たかのようにリラックスしていた。

台所からジュースを持ってきて由希子に差し出しながら俺は尋ねた。

「ところで、何でそんなにアダルトビデオを見たいと思ったの?」

一瞬俯いて恥ずかしそうな表情を見せた後、たどたどしい口調で由希子が答えた。

「その・・・クラスの友達とかとそういう話したりするし、セックスしたって言う子もいるから、私もどういうものなのか知りたくて・・・」

由希子ぐらいの年頃の女の子がHな話題に興味があるのは当然だろうが、正直セックスの経験がある子までいるという事には驚いた。

「それでね・・・クラスの友達はお兄ちゃんの持っている本とかビデオ見たりしているらしいんだけど、私1人っ子だから・・・」

「そうなんだ・・・それなら俺がお兄ちゃんになってあげようか?」

「本当?ありがとう」

無邪気に嬉しそうに笑う由紀子を見て一瞬股間が疼いてしまった。

「それじゃビデオ見ようか。どんなのがいい?昨日盗ろうとした奴にする?」

「ん〜、何でもいいよ。よく分からないし」

適当にアダルトビデオを選んでデッキにセットして再生ボタンを押した。

初めて見るその映像にしばらくは食い入るように見入っていた由希子が俺の方を向いて画面を指差して言った。

「これ何だか見にくい。消せないの?」

普通のアダルトビデオだったからモザイクが入っていたのだが、それが気に入らなかったようだ。

「消す機械もあるけど完全じゃないからね・・・最初から入っていないビデオ見る?」

「うん!お願い」

そう言うわけで裏ビデオを再生した。

今度のビデオはさっきのと違って内容もかなりハードなやつだった。

由希子も顔を赤らめ、興奮した様子で食い入るように見入っていたが、フェラや挿入のシーンでは少し怖くなってしまったのか、俺の腕にしがみついて隠れるように画面を見つめていた。

再生が終わると、由希子は俺の腕にしがみついたまま顔を赤らめて放心したようになっていた。

「どう?初めてアダルトビデオを見た感想は?」

「よく分からなかったけどなんか凄い・・・皆こんな事してるの?」

「見ただけだからね。自分で体験しないとよく分からないんじゃない?」

と言いながら由希子の顔を見ると、まだ赤い顔で視線が定まらない様子だ。まだ相当興奮しているのだろう。

そんな由希子の顔を見ているうちに俺も激しく興奮してしまい、吸い寄せられるように由希子の額に軽くキスをした。

一瞬びっくりしたような反応を見せるが、特に嫌がる様子も無かった。

今度は由希子の頬にキスをしたが、俺の腕を掴む力が少し強くなったものの嫌がりはしなかった。

その反応に勇気付けられた俺は、今度は由希子の小さな唇に自分の唇を重ねた。

舌を出すと由希子の前歯が舌先に当たったが、それはすぐに開いて由希子の舌が出迎えてくれた。

しばらく音を立てながら舌を絡めていると、由希子の全身から力が抜け、俺に持たれかかってきた。

由希子の体を支え、そのままベットに寝かせると重ねた唇を離した。

ブラウスの一番上のボタンに指をかけながら

「お兄ちゃんに見せてくれるかい?」

万引きのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング