Home
メニュー

【寝取られ】やっと付き合えた激カワギャルのオナニーシーンが見たくて盗撮したら実はビッチだったことが分かった

名無しさんからの投稿
----

前回の話:【曽田茉莉江似】思いを寄せてるギャルに、ヤラせてほしいとお願いした

同じサークルの曽田茉莉江似ギャルのアミとやっとのことでエッチをすることができ、更には付き合うことができて夢のような大学生活過ごしていた僕ですが、その夢のような時間は長くは続きませんでした。

アミとのエッチにも随分と慣れた頃、もちろん十分すぎるほど満足していましたが、超むっつりド変態な僕はアミのもっと恥ずかしい姿を見てみたいという欲求を持ち始めました。

もっと恥ずかしい姿とは、アミがオナニーする姿です。

僕は以前このサイトに投稿しましたが、アミのオナニーでイク姿を見たことあります。

しかし、それは僕が見ている前でのことでした。

アミの一人で行う本当のオナニー姿を見たくて見たくて仕方なくなったのです。

アミのアパートを覗くのは様々な努力をした結果無理だったので、思い切って盗撮することに決めました。

これが後に衝撃的なものを見ることになり、自分を苦しめることになるんですが・・・。

現在僕はアミの彼氏であるため、部屋には簡単に入ることができますし、特に警戒はされていませんのでカメラの設置は可能だと考えています。

そこで、僕はネットで小型の盗撮用カメラを購入しました。

結構な出費でしたが、アミのオナニーが見れるなら安いものです。

そして、前回投稿した初エッチの時に使い切った媚薬と同じものを再び買いました。

常にカメラを設置しておくのはバレる可能性が高いため、毎月行うサークルの飲み会の日に盗撮することにしました。

アミと付き合ってからは飲み会の後は僕の部屋、もしくはアミの部屋に泊まることが当たり前になっていましたが、この日はアミを家まで送った後に理由をつけて僕は帰ることにします。

その日のお昼にカメラを設置し、夜アミを送って部屋を出るときにリモコンで録画をスタートさせる計画です。

もちろん今までと同じように飲み会後にいつも家で飲むカフェオレに媚薬を混ぜる前回の手口を使います。

計画決行当日、この日は木曜日でした。

アミは授業があって僕は空いている時を狙ってアミの部屋に入ります。

合鍵は持たしてはくれませんでしたが、付き合っているわけですから理由があれば鍵を一時的に貸してくれます。

この日は忘れ物をしたと言って鍵を借り、カメラをバレないように設置しました。

ちょうどベッド全体が横から見える位置にテレビがあり、そのテレビ台にDVD等がごちゃごちゃと置いてあるため、それに紛れさせてカメラをセットします。

充電式の小型カメラですのでおそらくバレることはないと思います。

その日の夜、サークルの飲み会が終わりいつものようにアミの家に行きました。

アミは飲んだ後に家で必ずカフェオレを飲むので、それをコップに注いで渡すときにコッソリと媚薬を混入しました。

カフェオレを飲みながら30分ほど談笑したあと、

僕「明日のレポートを作らないといけないから今日は家に帰るね」

アミ「あ、そうなんだ。泊まっていくかと思ってた。何のレポート?」

僕「専門科目の」

アミ「わかったぁ、帰り道気を付けてね」

僕「うん、着いたらLINEするね」

アミ「はぁい、レポート頑張ってね」

僕「ありがとう、じゃあね」

そういって僕は自分の家に帰りました。

この後アミがオナニーすることを願いながら。

しかし、家に着きアミにLINEをしましたが返ってこず、翌朝

「寝てたぁ、ごめぇん」

と返信がありました。

あのまま寝たのかと思い、残念な気持ちで大学に行き、アミと顔を合わせました。

アミ「レポート終わった?」

僕「何とか終わったよ。アミちゃんあの後はすぐ寝たの?」

アミ「うん、飲んでたから眠くなっちゃって。お風呂入ってすぐ寝たよ」

僕「そっかぁ、そういえばアミちゃんの家に置いてるジャージが午後の授業で要るから取りに行ってもいい?」

アミ「いいよ、ちょっと散らかってるかも。はい鍵」

鍵を借り、僕は自転車でアミのアパートに向かいました。

今回は計画失敗だと思いながらカメラを回収し、自分の家に置いて大学に戻りました。

もうこの日の録画内容にはあまり期待はしていなかったので特に焦る気持ちはなく、夜に念のため見てみようという程度の期待度でした。

そして夜、パソコンに接続し映像を確認しました。

ほとんど期待はしていませんでしたが、まずはアミがオナニーしているかどうかを確認するため、僕が帰って2時間後くらいの箇所まで一気に映像を飛ばしました。

そしてその映像を見て、あまりの予想外の出来事に愕然としました。

どういうわけか知らない男に手マンをされ喘ぎまくっているアミが映っていたのです。

僕はショックと困惑で状況が掴めず、映像を最初から再生しました。

僕が帰ってからしばらくスマホをいじっているアミ。

すると、30分ほどして突然知らない男が画面に映りこんできました。

茶髪で色黒のチャラそうな男です。

部屋にあがりこんだ男は床に座りました。

アミはベッドに座っています。

アミ「どうしたのこんな時間に?」

男「悪い悪い、ちょうど飲み会終わって近くに来たから。彼氏は?」

アミ「彼氏はさっき帰ったよ」

男「ちょうど俺に会いたかっただろ?(笑)」

アミ「そんなことないし!」

男「部屋に入れてくれたってことはOKってことだろ」

アミ「最悪!変なことしないでよ!」

男「俺はやる気マンマンで来たけど(笑)」

アミ「もうっ!わたし彼氏いるんだからね!」

男「彼氏とはうまくいってるの?」

アミ「うん、仲よくやってるよ」

男「エッチのほうは?」

アミ「ちゃんとしてるよ。変なこと聞かないでよぉ」

男「ぁあ〜こんな可愛い子とできる彼氏がうらやましいなぁ!彼氏上手?」

アミ「うーん、まぁ普通かな」

男「満足してる?彼氏はアミが初めてなんだろ?」

アミ「うん、私が初めてみたい。わたしはちゃんと満足してるよ」

男「ホントに?俺だったらもっと満足させれる自信あるよ(笑)」

アミ「リョウ君とはしませんから!」

男「じゃあなんで俺を部屋に入れてくれたんだよ?普通は彼氏がいたら他の男入れねぇよ。ほんとはアミも溜まってるんだろ?(笑)」

アミ「変態っ!」

かなり遊んでそうなこの男はどこの誰かはわかりませんが、名前はリョウというみたいです。

僕という彼氏がいるのに簡単に部屋に他の男を上げているという事実と、もうこの後の展開は先ほど少しですが見てしまったので、僕はショックで気が遠くなりそうでした。

しかし同時に、何かを期待している気持ちもあり、僕は複雑な気持ちで見続けました。

アミ「もうそろそろ帰ってよぉ、お風呂入れないじゃん」

リョウ「いいよ入ってこいよ、覗いてあげるから(笑)」

アミ「絶対嫌だ!もう眠いし早く寝たいの!」

リョウ「一緒に寝てあげようか?(笑)」

アミ「もうっ!そんなのばっかり!」

リョウ「風呂入ってこいよ、アミが上がったら帰るから」

アミ「嫌っ、リョウ君絶対覗くもん。変なことする気でしょ」

リョウ「アミが風呂入るまで帰んねぇから」

アミ「も〜帰ってよぉ・・・リョウ君帰るまで入らないから」

そう言ってアミはお風呂に入らず、男は帰らずにその後30分ほどダラダラと過ごしていました。

するとアミはお酒のせいもあり、徐々にウトウトし始めました。

男との会話も少しずつ減っていき、最終的にはベッドの上でそのまま寝てしまいました。

アミはスエットパンツとパーカーというラフな格好。

男はアミが寝たのを確認すると、アミに添い寝するような形で横になりました。

男はさりげなくアミに身体を密着させ、肩や背中を触っています。

その手は徐々に胸へと移動し、ゆっくりとアミの胸を触り始めましたが、アミは起きる気配がありません。

男はアミが起きないのを確かめると最初は軽く触っていた胸を徐々に大胆に揉み始めました。

しばらくパーカーの上からアミの巨乳を楽しんだあと、なんとパーカーの中に手を入れて直に胸を揉み始めました。

途中アミの背中に手を回し、モゾモゾと何かをしていましたが、おそらくこの時ブラのホックを外したのでしょう。

ギャルのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング