Home
メニュー

【スワッピング】親友とその彼女の4人で行ったスキー旅行先で彼女を交換した

名無しさんからの投稿
----

仕事関係で知り合って、親友と呼べるくらいによく遊ぶようになった友達がいる。

俺A、友達Bとするけど、Bとは大人になってから友達になったにしては子供の頃からのような友人関係になった。

Bは俺より年下だけど、趣味が合うっていうか◯学生同士の男友達みたいな雰囲気になれる奴だった。

外見は俺:(ハゲを隠す為の短髪で)ガチムチ。

B:嵐にでもいそうな感じの先の細い爽やかイケメン。

バカっぽい事を同じノリでやれる奴で、例えばどこかに遊びに行った時にビルとかにいる受付のお姉さんを見かけて

「左から3番目だろ」

「1番右じゃないっすか」

「ええ〜マジかよ」

と、別にナンパする訳でもなくそんな馬鹿話をして

「おい、受付のお姉さんこっち見てるって」

「俺ら◯学生みたいですね」

なんて笑いながら話せるような関係。

Bは俺に一応敬語を混ぜて話してくるけど、立場は対等な友人付き合い。

俺は結婚していて子供は無し。

妻の名前は仮に千穂にしておく。

Bは結婚はまだだけど、4年以上付き合って結婚直前の香織ちゃんって彼女がいる。

千穂が26歳で香織ちゃんが25歳。

両方共スレンダータイプってとこが共通点だけど、千穂は愛嬌のあるタイプ、香織ちゃんはいかにも大人しい黒髪清純派タイプって感じの子。

俺もBもお互いの家を行き来する関係上、お互いの彼女とはすぐに顔見知りになったんだけど、その後4人で遊んだりもして、嬉しい誤算として千穂と香織ちゃんもすぐに仲良くなった。

ウマが合うみたいで、何回か遊んだ後は今じゃほぼ毎日メールしてるような関係になった。

俺もBも千穂と香織ちゃんが仲良くなるとは思ってなかったんだけど、そうなると必然的に4人で遊ぶ事も多くなった。

仕事の関係もあるから、月1〜2回は週末に遊ぶようになった。

で、1つ俺とBには共通点がある。

それは、千穂は俺が、香織ちゃんはBが初めての男だって事。

つまり、2人とも男は1人しか知らない。

だからって訳じゃないけど、俺も千穂をBも香織ちゃんを凄く大事にしてる。

でも、俺は香織ちゃんみたいな子が凄く好きなタイプで、逆にBは千穂タイプが好み。

だからお互いの家とか行くと相手の事を褒めて持ち上げまくる事になる。

「香織ちゃん凄く可愛いよな、Bいいよな」

「いや、千穂さんのあの歌のお姉さんっぽい所すげーイイ」

無駄に相手を持ち上げまくる。

しかも面白い事に、千穂はジャニーズ系線の細いタイプが大好き。

そして重要なのが、香織ちゃんは海猿の伊藤英明みたいなガッチリタイプが好みらしい。

タイプと好きになる人は別だと思うけど、面白い位にバッテンになってる。

だから千穂も香織ちゃんも、俺とBが仲良い事を嫌がらずに友人関係として輪になれたのかもしれない。

Bは香織ちゃんと今年結婚する事になってて、今は結婚準備中。

Bからも香織ちゃんからも、披露宴では俺と千穂が夫婦で新郎新婦の友人代表スピーチをやってくれって言われてる。

そんな中先月、4人でスキーに行く事になった。

有給取って土日月で2泊3日。

そんな名目があったからホテルは俺が手配する事になった。

スキー場からは離れるけど、ちょっと奮発して高い旅館を頼む事にした。

で、Bと会った時にパンフレットを見せて

「ここにしようかと思うんだけど」

って言った所でBが

「この豪華家族風呂って何か凄くないですか?」

って言って来た。

そこには旅館の売りとして豪華な家族風呂があるらしいく、

『旅館の離れとして、大浴場とは違う所に鳳凰(大きな檜風呂と絶景の風景)、朱雀(流れる滝が間近に見えてゆったりと寛げる)の2つのお風呂からお選び出来ます。』

みたいになってる。

「それがパンフレットだと凄く綺麗な風呂なの。」

前もって予約しておくと、空いていれば1部屋1時間で予約出来ますってなってる。

Bが

「混浴とかどうですか?俺とAさんで2部屋だから2時間貸切に出来るんですかね?こういうのって」

と言って、俺も

「お、おお。聞いてみようか」

となった。

ちょっといいの?大丈夫なの?って思ったけど、Bは

「香織なら大丈夫だと思いますよ。混浴とか超楽しみじゃないですか?千穂さんは大丈夫ですか?」

俺も楽しみだよそれは。

千穂も大丈夫だと思うって事で、その旅館に電話したら

「その日でしたら、土日共に少し遅いお時間ですけど21時から23時のお時間でしたらお二部屋分として続けてご予約できます。」

との回答。。

「旅館からお風呂までの道の入り口にお風呂に入る方だけにお渡しする鍵がありますので、それを前の人が終わって掃除が入ったらロビーで渡すので、23時までにお返し下さればいいです。」

って事だった。

一応4人で入る事を確認すると、

『4人で入っても充分な広さがあります。』

って答え。

確かに写真には東屋みたいな所に囲いがある形で、大きな檜の風呂桶の周りは畳になっていて、そこで涼んだり、子供とかが走り回れる位のスペースがある。

値段は高かったけど、料理も美味しそうだし当然そこを予約する事にした。

千穂と香織ちゃんには、俺とBがそれぞれどうするかを聞く事にした。

混浴については期待はしてたけど、嫌だって言われたらしょうがない位で考えてた。

そんな嫌がるのを無理になんてする事は無いから、その時は俺と千穂、Bと香織ちゃんで順番に入ってもいいし、俺とB、千穂と香織ちゃんで入ってもいい位に思ってた。

で、パンフレット見せながら千穂に聞いてみたところ、最初

「ええーーーー!やだぁ!」

と言ったが、言った瞬間の声のトーンで最終的にOKだなって事が判った。

後は

「そっか。じゃあしょうがないよな」

「・・・だってBくんもいるんでしょ」

「香織ちゃんもいるよ」

「あ、エロ。香織ちゃんの裸見たいんだ」

「でも、千穂の裸もBに見られるからおあいこじゃね?それに何か楽しそうじゃない?」

「・・・まあ、興味はあるけど。香織ちゃんが嫌じゃなかったらね」

ってノリで千穂はOK。

香織ちゃんの方は恥ずかしがって結構苦戦したらしいけど、千穂がOKって事とやっぱり興味はあるって事でOK。

千穂とも連絡を取り合って、最終的に香織ちゃんはバスタオル捲く事が条件って事だったから、千穂もバスタオルを巻いて入るって事にした。

そうなると俺もBも俄然楽しみになっちゃった。

「Aさん楽しみじゃないっすか?」

「いや、楽しみだよ。かなり」

「ですよね。千穂さん絶対ガン見しますよ。俺」

「俺は香織ちゃんをガン見するよ」

「おおお、何か楽しみだな」

「楽しみだな」

「何か大丈夫そうだったら、エロい事とかしたくないですか?」

「お、どんな?」

「おっぱいぐらいは揉みたいなー、千穂さんの。駄目っすか」

「それは香織ちゃんのおっぱい次第かな」

「んー、Aさんなら揉んでいいです。香織がオッケーなら」

「よし、じゃあ千穂もOKだったら揉んでいい」

そんな風に俺とBはウキウキしてた。

異常のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング