Home
メニュー

夜這いしたら息子の嫁だった

名無しさんからの投稿
----

前回の話:娘の優香(男の娘)が最近僕を避けるようになった

その日は新しい仕事が上手くいったので、同僚達と祝賀会を開いていました。

そして自宅に深夜の1時頃帰宅しました。

僕はシャワーを浴びてリビングのソファーに座り、ぼっ〜としてました。

時計を見ると2時前でした。

僕は酔ってたせいもあってか、夜這いをしたいと急に思いだしました。

そうなるとムラムラが収まりません(笑)

最近、忙しかったので由美とも優香ともしてませんでした。

そして、やっぱり優香の部屋に行きました。

今まで優香の部屋は寝室の隣だったんですが、今は未来と沙耶の部屋にして、優香は玄関側にある個室の部屋に変わりました。

だから少し声が出ても由美にはバレません(笑)

静かに優香の部屋に侵入しました。

部屋は暗かったので、シルエットしか見えませんでしたが、僕は静かに優香の布団に潜り込んで優香にキスをしました。

優香も舌を絡めてきました。

暗い部屋に、クチュクチュと音が響きます。

そして僕は我慢出来ずに、優香の下着に手を突っ込んで、優香のチンポを握ろうとしました。

すると、あるはずの優香のチンポが無い!?

僕の手はそのまま股の方までいって、グチュグチュに濡れたマンコを触ってました。

僕「えっ・・・」

僕は優香と思ってた相手から離れて、部屋の灯りをつけました。

僕「あ、朝ちゃん!?」

そこには恥ずかしそうにしながらも、目を潤ませてる朝ちゃんが寝てました。

朝美「お、おかえりなさい」

僕は一瞬で酔いも冷めて、朝ちゃんに土下座しました。

すると朝ちゃんは

朝美「健太さん、静かにしないとみんな起きちゃいますよ」

僕「えっ、あっ、いやっ」

完全に、テンパってました。

すると朝ちゃんは電気を消して、僕を布団の中に招き入れると

朝美「健太さん・・・その・・・続き・・・してほしいです」

予想外の言葉でした。

僕「えっ?でも優香に」

朝美「2人だけの秘密で。それに健太さんが、あんなエッチなキスするから、身体が疼いて・・・」

そう言うと、朝ちゃんは僕に抱き付きながら激しくキスをしてきました。

また部屋に、クチュクチュっと音が響きました。

そして朝ちゃんは、僕を仰向けに寝かすと、僕のTシャツを脱がせて乳首を舐めてきました。

僕「アッ、あ、朝ちゃん、やっぱりマズイよ」

朝美「でも、健太さんの股間大きくなってますよ」

朝ちゃんはズボンの上から、僕のチンポを握ってました。

そして僕にもう一度キスをすると、そのままズボンとパンツを脱がして、ビンビンのチンポをフェラしだしました。

口に咥えて、ゆっくりと上下に動かしながら、口の中で舌を絡めるように動かしてました。

そんな朝ちゃんのスローフェラに、僕は段々と快感が増していき、

僕「朝ちゃん、イクッ」

僕は朝ちゃんの口の中で、溜まってた精液を思いっきり出してしまいました。

朝美「ウウウッ、ウプッ」

僕は手の平を朝ちゃんの口元に当てて

僕「朝ちゃん、吐いて」

と言いましたが、ゴクンッと朝ちゃんは僕の精液を飲んでくれてました。

朝美「健太さん、溜まってたんですね(笑)」

僕「えっ、あっ、うん。でも飲まなくても良かったのに」

朝美「いつも優ちゃんの飲んでるし、それに健太さんの精子も飲みたいって思ったから」

恥ずかしそうな表情で話す朝ちゃんに、僕は我慢が出来なくなり、朝ちゃんにキスをしながら押し倒しました。

キスをしながら、朝ちゃんのマンコを触ると大洪水でした。

そして僕は愛撫をしながら、ゆっくりと首筋から徐々に下の方に下がっていきました。

朝ちゃんの呼吸も徐々に荒くなっていきました。

そして朝ちゃんの大洪水のマンコに辿り着くと、一気に吸い付きました。

朝ちゃんのマンコは薄っすらと毛が生えてるぐらいで、ほぼパイパンでした。

僕は朝ちゃんのマンコから溢れてくる汁を、夢中で舐めてました。

そして、クリトリスに吸い付くと朝ちゃんは、ビクンッとしながら腰を少し浮かせてました。

僕「朝ちゃん、大丈夫?」

朝美「ハァハァ、イッちゃいました」

僕は朝ちゃんを抱き締めて、優しくキスをしました。

朝ちゃんも僕を抱き締めながら、舌を何度も絡めてきました。

そして

朝美「健太さん、入れて」

目を潤ませながら言う朝ちゃんのマンコを、もう一度舐めてから、僕はゆっくりと挿入しました。

朝美「アッ、ハァハァ、健太さんの入ってくる、ハァハァ」

朝ちゃんのマンコにゆっくりと根元まで挿入すると、僕は朝ちゃんにキスをしながら、ゆっくりと腰を振りました。

朝ちゃんのマンコは締まりも良く、内側がチンポに絡みついてくるような名器でした。

朝美「ハァハァ、健太さんの気持ちいいです。私、おチンチンでイッたの優ちゃんだけなんですけど、ハァハァ、健太さんのおチンチンでも、イッちゃいそうです。アッ、ハァハァ」

そんな朝ちゃんの言葉に、僕は徐々に腰を激しく振りました。

そして朝ちゃんが

朝美「アッ、アァァ、ダメ、健太さん私イッちゃう」

僕「おれもイキそう」

朝美「健太さん一緒に、一緒にイッて、私の中で一緒にイッて」

そして僕は朝ちゃんを抱き締めながら、朝ちゃんのマンコに中出しをしながら、2人一緒にイキました。

僕はゆっくりと朝ちゃんのマンコから、チンポを抜いて、グッタリとしてる朝ちゃんにキスをしました。

すると朝ちゃんは、僕のチンポを綺麗に掃除フェラしてくれました。

その後、しばらく抱き合ったまま話しをしてました。

朝美「健太さんのエッチ凄く気持ち良かったです。それにどこか優ちゃんとも似てました」

僕「えっ?そうなの?」

朝美「はい。優しくてエッチなとこが(笑)優ちゃん、健太さんに仕込まれたって言ってました(笑)」

僕「あはは・・・」

笑うしかありませんでした。

朝美「あっ、でも私、浮気とかはしませんよ!ずっと優ちゃんとだけですから。でも・・・健太さんになら、たまには寝取られるのもいいかも」

と恥ずかしそうに言ってくれました。

それから少しして、僕は自分の寝室に戻りました。

すると裸で抱き合って寝てる由美と優香の姿が

僕は、ゆっくりと由美の布団をめくって、スマフォのライトで、由美の股を照らしました。

するとマンコから精液が垂れてました。

ゆっくりと布団を戻して、気持ち良さそうに寝てる優香に近づいて、自分の布団で寝ろよって思いながら、デコピンしました。

すると寝ぼけながら、おデコをかいてる優香の姿を見て

「クソッ、可愛いやん!」

と思いながら、その日はリビングのソファーで寝ました。

しばらくすると未来と沙耶が泣き出しので、あやしていると、由美も起きてきました。

由美「健ちゃん、おかえり。疲れてるでしょ?後は私が見とくから寝てね」

僕「いいよ。1人で未来と沙耶見るの大変やろ?それと由美ちゃん、お股から精子垂れてまちゅよ〜(笑)」

由美「えっ?あれっ?本当だ。健ちゃん?」

僕「違うよ!」

由美「じゃ〜優香が隣で寝てたけど、えっ?私いつ優香としたの?」

生挿入のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング