Home
メニュー

【姉妹丼】専門学生の結菜とJ◯1年の綾菜とついに3Pをした

名無しさんからの投稿
----

前回の話:J◯1年の綾菜にアイドルのコスプレをさせてハメ撮りをお願いした

付き合っているJ◯1年生の綾菜とハメ撮りセックスをした後、別のSDカードに撮っていた綾菜の姉である結菜とのハメ撮りを綾菜に見られてしまった。

綾菜はその映像をしばらく呆然と眺めていた。

俺「あ、綾菜ちゃん・・・こ、これはね・・・」

何か言い訳をしないといけないと思ったが、言葉にならない。

すると綾菜は急に我に返ったように、

綾菜「あ、もうこんな時間じゃん。私帰らないと・・・じゃあね」

綾菜は逃げるようにさっさと帰って行ってしまった。

俺はこれで全てが終わっただろうとソファーでうなだれていた。

おそらく綾菜からは別れを告げられ、結菜との関係も綾菜にバレてしまえば結菜ももう援交をしてくれなくなるかもしれない。

・・・まあ、これまで美人姉妹を相手に何回もセックスできたのだからいいか?などと思っていると、テーブルの上には綾菜のスマホが置いたままになっていた。

綾菜のやつ慌てて帰ったからスマホを忘れていったのか・・・。

俺は正直他人のスマホの中身を覗いたりすることはしたくないとは思っていたが、もうどうせこれで別れることになるのならと思い、俺は綾菜のスマホを手に取った。

まずは画像が保存されているアルバムを開いてみた。

そこには友達と撮ったであろう写メが何枚もあった。

意外にもエロい画像とかは1枚もない。

「綾菜のやつエロいこと好きだから、絶対エロい画像とか持ってると思ったのに意外だな・・・」

そして次はLINEをしているようなので、俺はそのアプリを開いた。

グループには友達やテニス部などがあったがその中に「お姉ちゃん」というグループがあった。

「なんだ、結菜とLINEでやりとりしてたのか?」

そう思った俺はそのグループを開いてみた。

最近の新しいやりとりから始まり、画面をスクロールさせていくと段々古いものになっていくが、その内容に俺は驚かざるを得なかった。

ほとんどが俺のこととエッチな内容のやりとりが続いていたのである。

そして、俺は信じられない事実を知る事になる。

要約するとこんな感じになる。

綾菜は中学時代、付き合っていた彼氏とのセックスについて結菜に相談していた。

それに対して結菜は色々とアドバイスをする中、俺とのセックスのことを綾菜に話していた。

俺とのセックスが最高に気持ちいいということを話すと、綾菜もその快感を味わってみたいといったようなことを書いている。

これは俺がまだ綾菜とは出会う前の話である。

そして、綾菜が高校に入学してすぐくらいにこんなやりとりがあった。

結菜「多分あの人、綾菜に声かけてくると思うよ」

綾菜「ほんとに?これで私もお金貰えて気持ちよくなれるの!?」

結菜「てか最初から即オッケーとかしたらダメだよ?少し焦らさないとね」

今考えると、よく綾菜はあのとき援交の話を受け入れたと思ったら、最初から結菜とこんなやりとりをしていたのか、と思った。

さらにこんなやりとりが・・・。

結菜「ねえ、最近あの人綾菜とばっかエンしてない?私もたまにはしてもらわないと生活が厳しいんだよね」

綾菜「ゴメン!てか私そんなにお金はいらないんだよね。でもただエッチがしたいなんて言えないよ?」

結菜「じゃ、付き合えばいいんじゃない?そうすれば普通にエッチできるでしょ?」

綾菜「そっかぁ、でもYさんお姉ちゃんの事が好きなのに、私なんかと付き合ってくれるかな?」

結菜「向こうだってタダでエッチできるようになるんだから断る訳ないじゃん?」

綾菜「てかお姉ちゃんだって本当はYさんのこと好きなんでしょ?いいの?」

結菜「私は専門学校卒業するまで援助してもらうから」

なんとも驚愕な内容だった。

つまり俺は、この姉妹に完全に踊らされていたようなものだった。

なんだかムカつく感情もあったが、所詮は2人とも援交から始まった関係だと思えば逆にこの展開は面白いとも思っていた。

そんな時、玄関のチャイムが鳴った。

どうせ綾菜がスマホを忘れた事に気付いて戻ってきたんだろうと思った。

玄関のドアを開けると綾菜が立っていた。

綾菜「ごめんなさい、ケータイ忘れちゃったから取りに来た・・・」

俺「ねえ、綾菜ちゃん。時間ないと思うけどちょっとだけ話をしようよ?」

綾菜「えっ?う、うん・・・」

綾菜をもう1度部屋に入れた俺はさっきのハメ撮りの件について話を始めた。

俺「綾菜ちゃんゴメン、俺嘘は言いたくないから正直に言うと結菜ともこういう関係を持ってたんだ」

綾菜「そ、そうなんだ・・・ちょっとビックリしちゃった・・・」

俺は綾菜と結菜のLINEでのやりとりを知らないふりをして正直に話をした。

綾菜はすでに知っていたくせに、ちょっと演技をしているようだった。

俺「俺と綾菜ちゃんは付き合ってるのにこんなことしてたらもう俺のこと嫌いになったよね?もう別れる気でいるのかな?」

そんなことはないだろうと知っていてあえてこう聞いてみた。

綾菜「・・・わかんない・・・私もどうしていいんかわかんないよ・・・」

俺「そうだよね。今日はもう遅いから、今度この件については改めて話そうよ。また連絡するから」

こうして綾菜は帰って行った。

そして俺はこの時からある計画を立てていた。

俺は翌日、結菜に電話をかけてみた。

俺「やあ、綾菜ちゃんから何か聞いてる?」

結菜「綾菜から?別に何も?何かあったんですか?」

結菜は本当に何も聞いてないのか知らないふりをしているのかはわからなかったが、そんなことは関係ない。

俺「今週末そっちに行くからさ、そろそろ援助が必要でしょ?」

結菜「え?あ、うん、そうですね、ありがとうございます」

こうして俺は、週末東京にいる結菜の所へいつものように援交をしに行くように見せかけた。

この日に俺は綾菜とも話をする事にしていた。

あれ以来、綾菜とは気まずい雰囲気になっていたが、俺は黙って綾菜と一緒に新幹線に乗り東京に行く事にした。

綾菜「どこ行くの?」

俺「どこかで遊ぼうよ。てか綾菜ちゃん、俺これからは綾菜ちゃんとしかしないから、俺と別れるとか言わないでよ?」

綾菜「だ、大丈夫だから・・・もうお姉ちゃんとはしないって約束してくれたらいいよ?」

綾菜は俺の腕にしがみついてきた。

東京に着くと俺は綾菜とともに結菜のアパートへと向かった。

綾菜「えっ!?もしかしてお姉ちゃんの所に行くの?」

俺「そうだよ、ちょっと今後の事について3人で話をしたほうがいいと思ってね」

結菜のアパートに着きチャイムを鳴らすと結菜が出てきた。

結菜「えっ!?なんで綾菜が一緒なの!?」

俺が援交に行くはずだったのに綾菜が一緒にいるのには驚いたようだった。

結菜「とりあえず上がってください。てか私これから学校に課題提出しに行かないといけなくなっちゃったから、少し部屋で待っててもらえます?」

俺「そうなんだ、ゴメンね。じゃ、待ってるから」

結菜は慌てて学校へと行ってしまった。

結菜の部屋に綾菜と2人きりとはなんとも意外な展開だった。

とりあえず先に始めていよう、そう思った俺は綾菜に抱きつくと、結菜のベッドに押し倒した。

綾菜「ちょ、ちょっと!?ここお姉ちゃんの部屋だよ?ダメだって!?」

俺「結菜が帰ってくるまでにしちゃえば問題ないよ」

俺は綾菜に思い切りキスをして服を脱がし始めた。

俺は綾菜の服を脱がし全裸にすると俺も裸になった。

そこからいつものようなセックスが展開されるが、綾菜は結菜が帰って来ることを気にしているのか、いつものようにセックスに集中していないようだった。

俺はあえて時間をかけて胸やマンコを舐めまわしていた。

綾菜「ねえ、もう早く挿れて。お姉ちゃん帰ってきちゃうよ」

俺「それでも挿れて欲しいんだね?wじゃ、俺横になってるから騎乗位で自分で挿れて?」

綾菜「ゴムは?」

俺「持ってるけど時間ないよ?早く挿れないと」

綾菜「もぉー、そう言っていつも生でするし・・・」

そう言いながら綾菜は俺の上に股がると勃起した俺のチンコを持って自らのマンコに挿入した。

綾菜「あああっ!あんっ!あんっ!」

ゆっくり腰を動かし始めた綾菜が可愛い声をあげる。

専門学校生のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング