Home
メニュー

【パイズリ】童顔で安倍なつみ似の母が突然風呂に入ってきた

千葉県/誠人さん(10代)からの投稿
----

俺の家族は両親との三人暮らしだが、父が出張が多く、月に数日しか家にいないという生活だった。

俺が小◯生だった頃からそんな生活だったので、特に寂しいという訳でもなかった。

むしろ、母と二人での生活の方が俺は楽しみだった。

母は42才だが、童顔なので30代前半に見られる事が多い。

おまけに巨乳。

芸能人に例えるなら、元モー娘の安倍なつみをぽっちゃりさせた感じ。

普段買い物等に出かける時もミニスカに胸元の開いた服が多く、ブラジャーやパンティが丸見えなので、俺が注意するも一切気にしていない様子。

ある日の夜、俺が風呂に入っていると、突然扉が開いたと思うと、全裸の母が入ってきました。

突然の事に焦る俺は、

「お、お、お母さん!?な、な、何で入ってくるんだよー!」

と言うと母は、

「だって、ずっとま〜くん(俺)とお風呂入ってないじゃない?だから今日は一緒に入って身体洗ってあげようと思って!」

と言う母に対して俺は、

「お母さん!俺、もう19だよ!身体くらい自分で洗えるよ!」

と言うと、母は、

「そっか〜!19才か〜!ま〜くん!大きくなったね!お母さん、うれしい!」

と言って抱き付き、頬にキスをしてきた。

さらに母は、

「今日はお母さんがま〜くんの身体洗ってあげる!」

と言って、俺の背中を洗い出しました。

母は背中を洗いながら、

「ま〜くん?学校は楽しい?好きな女の子は?」

と言う母の質問に適当に返事をしていると、背中に母の胸が当たり、俺のチンコが勃起し始めた。

なんとか母に勃起を見られない様にしていると、母は、

「背中、洗い終わった!」

と言ったので、

「うん!ありがとう!後は、自分で洗うよ」

と立ち上がりろうとすると、母が、

「ダ〜メ!前もお母さんが洗ってあげる!」

と言って、再び、座らさせられた。

母と対面になると、当然だが母の大きな胸が視界に入る訳で、チンコはどんどん大きくなる。

腕、胸、足と洗い終り、俺が、

「ここ(股間)は、自分で洗うから!」

と言うと母が、

「遠慮しないの!(笑)」

と言って、チンコを隠していたタオルを取った。

すると、ビンビンに勃起したチンコを見た母が、目を見開き、

「ま〜くん凄〜い!大きいね?」

と言って、チンコを握り、シコシコとシゴキ始めた。

母は、チンコをシゴキながら、

「ま〜くん?もしかして、お母さんの裸見て興奮しちゃった?(笑)」

と言うので、

「そ、そんな訳ないじゃん!お母さんの裸見て、だ、誰が・・・・」

と言うと、母は、

「ウフフ!ムリしなくて良いよ!お母さんがま〜くんの事、気持ち良くしてあげるからね!」

と言って、母は、チンコを大きな胸に挟み、泡を付け、上下にシゴキながら、

「ま〜くん!気持ち良い?これ、パイずりって言うんだよ!」

と言ってチンポをシゴキ始めた。

俺はたまらず、

「お母さん!気持ちいい〜!」

と言うと、母はニッコリ笑い、

「気持ちいい?ま〜くんのオチンチン、こんなに大きく、硬くなってくれて、お母さん!うれしい!(笑)」

と言うと、パイずりの動きが早くなった。

俺が、

「お母さん!俺、イキそう!出る!」

と言うと、母が、

「ま〜くん!イキそうなの?もう少し我慢して!」

と言うと、お湯で泡を流して、母は、チンコを握り、シゴキながら、

「ま〜くんの精子、お母さんの口の中に出して!」

と言うと、チンコをくわえ、ジュボジュボと音をたて、チンコをむしゃぶる母。

やがてイキそうになり、

「お母さん!イキそう!出る!」

と言うと、母は、手と口でチンポを激しくシゴく。

激しいシゴキにたまらず、

「お母さん!イクッ!」

と言って母の口に精子を出した。

母は、ゴクリと喉を鳴らし、精子を飲んだ後、

「ま〜くん!気持ち良かった?ま〜くんの精子、美味しかったよ!」

と言って、俺の顔を母は大きな胸に押し当てた。

母のフェラですっきりした俺は、部屋でのんびり寛いでいた。

そして深夜、寝る前にトイレに行き、自分の部屋に戻ろうとした時、母の寝室から、

「ア、アン!ア、アン!」

と声がした。

・・・つづく。

続き:両親の寝室から妙な声が聞こえ、覗いてみると母が全裸でオナニーする姿があった

抜ける
投票数:26
面白い
投票数:25
続きが見たい
投票数:117
詳細が見たい
投票数:23
面白くない
投票数:7
雑・読みにくい
投票数:3

    芸能人似のタグを含む体験談


    新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

    他サイト新着記事

    人気体験談ランキング(月間)

    こちらの体験談の評価をお願いいたします

    上へ

    アクセスランキング