Home
メニュー

松下奈緒似の清楚な姉のオナニーを目撃

千葉県/真人さん(20代)からの投稿
----

姉のオナニーを発見してしまった。

姉の名前は真樹23才、黒髪のロングヘアーで、女優の松下奈緒似でいつも笑顔で優しくて大人しい、自慢の姉だ。

そんな清楚な姉があんなオナニーをするとは・・・。

先日、深夜にトイレへ行こうとして、姉の部屋を通り過ぎ様とした時、姉の部屋のドアが少し開いていて、部屋の明かりが付いていたので覗いてみると、なんと!ベッドの上に全裸のままの姉が、胸の触りながら、股間を触って、「ア!ア!」と、色っぽい声を出して感じていた。

普段の姉からは想像出来ない姿にチンポが勃起してしまった。

しばらく見ていると、姉は「ア!ア!ダメ!イク!ア!」と言って、痙攣をしていた。

痙攣してしばらく動かなかった姉だが、起き上がり、タンスを開けて中から何かを取り出した。

よく見ると、キュウリくらいの大きさのオモチャだった。

姉は、一回イったにもかかわらず、満足出来ないのか、オモチャをオマンコの中に入れて出し入れを始めた。

しばらくして、姉は、

「ア!ア!ダメ!またイキそう」

と、さっきよりも声を出して、出し入れの動きが早くなり、

「ア!ダメ!イク!」

と言って痙攣しながらイってしまった様だ!

二回イッた姉は、満足そうにベッドの上で放心状態だった。

姉のオナニーを見た俺は、姉の部屋に入った。

俺の姿を見た姉は、「え?ま~くん?」と言いながら、布団で身体を隠した。

姉は、

「ま~くん!どうしたの?眠れないの?それとも、お姉ちゃんに何か用なの?」

と聞いて来たので、俺は

「姉ちゃんのオナニー見てたら、眠れなくなった」

と言ったら、姉は、

「な、何を言ってるの?ま~くん!」

と、とぼけるので、俺は布団をめくりあげた。

すると、全裸姿になり、姉はあわてて身体を隠した。

俺は、

「姉ちゃんは、夜中に裸で何をしてたの?」

と聞くと、黙ってしまった。

俺が、

「姉ちゃんがあんなオナニーするって思ったなかったよ」

と言うと、姉は、諦めた様子で、

「オナニーしないと眠れない日があるのよ」

と言った。

姉の話では、毎日ではないが、週に3回くらいオナニーをする様だ。

そんな姉の話を聞いて我慢出来なくなった俺は、姉に抱きついて、

「姉ちゃん!俺!我慢出来ない!小さい頃から姉ちゃんが好きだった!姉ちゃんとエッチがしたい!」

と言ったら、姉は、

「お姉ちゃんもま~くんの事が好きよ。でもね、姉弟だからエッチはしちゃダメのよ」

と言った。俺は、

「姉弟だからエッチしちゃダメって誰が決めたの?俺、姉ちゃんの事が本当に大好きなのに!」

って言うと、姉は、

「ま~くん、誰にも言わないって約束出来る?」

と言った。

俺は、

「誰に言わないよ!約束する!」

と言うと、姉はキスして、チンポを握って、しごきながら、

「ま~くんのオチンチン、大きくなってる!気持ちいい?」

と聞いて来たので、

「姉ちゃん、気持ちいい!」

と言うと、姉は笑顔で、

「ま~くんのオチンチン、パンツの中で苦しそうだね!」

と言って、パンツを脱がせてた。

俺の勃起したチンポを見て姉は、

「ま~くんのオチンチン、大きいね!」

と言って、チンポを握って、シコシコとしごき始めた。

姉の柔らかい手でシコシコしてもらって、気持ち良くなった俺は、

「姉ちゃん、チンポ舐めて!」

と言うと、姉は

「オチンチン、舐めて欲しいの?しょうがないなぁ」

と言って、チンポをペロペロと舐め始めた。

姉はチンポの先から根元まで、丁寧に舐め回して来て、気持ち良くなって来たので、

「姉ちゃん、しゃぶって!」

と言うと、

「お口でして欲しいの?上手に出来るかわからないけど」

と言って、チンポをくわえた。

姉はチンポをくわえると、上下に動き始めた。

姉のフェラはぎこちないが、暫くすると気持ち良くなって来た。

我慢出来なくなり、姉に、

「姉ちゃん、我慢出来ない!オマンコにチンポ入れたい!」

と言うと、姉は、ベッドの上に寝転がり、

「ま~くん!来て!」

と言った。姉の足を広げて、

「姉ちゃん、入れるよ!」

と言うと、

「ゆっくり入れてね!」

と言ったので、姉のオマンコにチンポを入れると、姉は、

「ま~くんのオチンチン、大きい!ゆっくり動かして!」

と言ったので、ゆっくり動かして居ると、

「ア!ア!ま~くん!気持ちいい!ア!」

と感じて居る様子だった。

暫く動かして居ると、我慢出来なくなり、姉に

「姉ちゃん、イク!出そう!このまま出していい?」

と言うと、

「中に出したいの?今日は安全日だから、中に出してもいいよ!」

と言ったので、動きを早くすると、姉は、

「ま~くん!来て!お姉ちゃんもイキそう!」

と言ったので、

「姉ちゃん!イク!」

と言って、姉のオマンコの中に精子を出した。

チンポを抜くと、精子がドロッと出てきた。

姉は、

「ま~くん!気持ち良かったよ!」

と言うと、チンポをペロペロと舐め始めた。

更に姉は、

「気持ち良かったから、またエッチしようね!」

と言った。

それから、姉とのセックスは、週3回くらいで、危険日には、コンドームをするが、安全日には中出しもさせてくれる。

姉とのセックスは最高!

抜ける
投票数:22
面白い
投票数:22
続きが見たい
投票数:83
詳細が見たい
投票数:23
面白くない
投票数:33
雑・読みにくい
投票数:23

    芸能人似のタグを含む体験談


    新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

    他サイト新着記事

    人気体験談ランキング(月間)

    こちらの体験談の評価をお願いいたします

    上へ

    アクセスランキング