Home
メニュー

6歳下で谷村美月似の美人同僚へのマッサージが段々エッチになっていった

名無しさんからの投稿
----

6歳下の同僚女子へのマッサージ内容が段々エッチになっていった。

ある年、僕は転勤で営業所から上部の支所へ配属になった。

支所の建物は別荘として作られた広い一軒家で、所長と課長、そして美佳という6歳下の女の子がいた。

時折の所長や課長との会話の中で分かったことだが、美佳には今彼氏がいないらしかった。

異動にあたり、僕は社宅として借りている隣町にあるアパートに入る予定だったが、前から入居している別の営業所の人の転勤が延期になったため、僕はこの家の荷物部屋のような所に私物を置き、普段は2Fの広間で寝起きしていた。

異動から2カ月ほど過ぎたある日の夜、いつも遅くても7時には帰る美佳が、7時半過ぎても電卓を叩いていた。

現金の収支が合わないとかで、色々確認したが全く分からないらしい。

「もう明日にしたら?」

「その方がいいかな~。ああ、肩こった~」

両手を上げ、背伸びをする美佳

「揉んであげようか?」

「うれし~、お願いしま~す」

「あ、岩田さんめちゃ上手!」

その日を境に、時々美佳にマッサージをするようになった。

美佳は谷村美月に似た童顔。

鳩胸でたぶんDカップくらい、ウエストがキュッと締り、ヒップもまん丸だ。

性格は勝ち気だが、よく気が利いて行動が早い。

その身体に触れられるのは、僕にとっては"ご褒美"のようなもの。

マッサージをした日はその時の感触をおかずにオナニーもはかどったので全然嫌ではなかった。

美佳がマッサージをしてほしい時は、所長も課長も帰り二人だけになってから、"う~ん"と唸るような声を出して背伸びをする。

いつの間にかこれがサインになっている。

僕が6歳も上なので、自分からは頼みにくいのかもしれない。

所長はほとんど毎日営業所まわりで不在、課長も大抵19時までには帰宅する。

マッサージしてもらいたくて遅くまでいるのだから、声をかけて断られることはまずない。

そもそもマッサージが不要の時は、いつも早い時間に帰ってしまう。

初めの頃は椅子に座って肩や腕を揉むくらいであったが、段々と揉む範囲が広がっていった。

背中を揉むようになると、美佳のブラジャーを服越しに触りながら、

「これ邪魔だから、外していい?」

「やめてよ~!」

腰を揉む時は少し手を止め、腰を掴んでバックで挿入している姿を想像する。

くびれたウエストから尻へ広がっていくラインはたまらなくエッチだ。

「美佳、ウエスト細いよね」

「手つきがやらしいよ!」

こんなやりとりもするようになったし、美佳がブラジャーを5枚ほど持っているだろうことも分かってきた。

ある日のこと、いつも通りサインが出た。

「マッサやるか?」

「うん。あのねえ、昨日、電車乗り遅れそうになってすんごい走ったんだけど、ヒールだったから脚が超痛くてつりそうなんだよね」

「うん」

美佳を椅子に座らせ、僕は美佳の左ななめ前にしゃがむと、左ふくらはぎをゆっくりと揉んでいった。

美佳の足を揉むのは初めてだった。

それだけでちょっと緊張気味だったが、ひざ丈のミニスカと、黒いストッキングのツルツル感、裾から少しだけ出た太ももを目の前にして、段々興奮してきた。

美佳も心なしか恥ずかしそうに黙って横を向いている。

「なんか、女王様と召使いみたいじゃね?」

「くるしゅうない。続けよ」

「アハハハ」

マッサージが終わると、美佳は水屋の方へ行った。

僕はすぐさまトイレに入り、初めて触った美佳の脚の感触が残った手でシコシコ。

小さな声で「美佳!美佳!」

イクまであっという間だった。

そして次の日のこと。

僕が朝からの外回りを終えて帰ってくると、事務所は美佳だけだった。

「おつかれ、脚はどう?」

「まだなんかちょっとね」

「そうか、今日もする?」

「うん」

昨日と同じようにふくらはぎを揉んだ。

「どう?効いてる?」

「うん・・・ふくらはぎはいいんだけどね」

「ももか?」

無言で頷く美佳。

「そこをやるなら、スカートに手入れなきゃならんけど」

「そうだよねえ」

「着替え持ってないのか?ジャージとか」

「ない」

「どうする?」

「やってほしい」

「いいのか?」

「だってキツいんだもん」

美佳に椅子の背もたれを持ちながら立たせ、タイトめな黒いスカートの裾からゆっくり両手を入れ、軽くなでてみる。

"ハァ、美佳の太もも、ムチムチだよ"

「ちょい、くすぐったい!」

「我慢しろ」

膝の少し上あたりを両手でギュッと締めては離しを何度か繰り返し、少しずつ両手を上げていく。

「どう?」

「うん、いい感じ」

手が上がるにつれ、美佳のスカートの裾もあがり、太ももが半分くらい見えている。

美佳の顔をちらりと見ると、目をつぶり、さすがに緊張した表情。

美佳がどう思っているか分からないが、僕からすれば、こんなの完全にマッサージを超えたエッチなお触り。

始めた直後からペニスはギンギンだ。

内ももに親指を食い込ませる。

"ンッ"

美佳の身体がピクっと震えた。

「痛い?」

「え、うん、くすぐったい」

「ここら辺にしとくか」

両手で圧をかけながら膝上まで手を下げ、

「じゃあ、反対側ね」

座る位置を変え、同じように少しずつ手を上げていく。

太ももの中間くらいまで手が上がったところで美佳の顔を見ると、目を強く閉じ、顔をこわばらせている。

"もしかして、感じてる?"

更に上げていくと、肩がすくみそうになるのを我慢しているような姿勢で、息が荒くなっているのを隠すようにゆっくり呼吸をしている。

さっきと同じように、親指を食い込ませる。

今度は声は出なかったが、ビクッと身体が震えた。

思い切って、親指を更に上げていく。

股間まであともう5センチくらいか。

また身体がビクッと震えた。

「ンッ、もういいよ」

「そう。じゃあ、下げてくね」

左脚と同様に、膝上まで揉んで、手を離した。

"ふぅ~っ"

マッサージのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング