Home
メニュー

【初体験】兄貴の彼女の下着でオナニーしてるところを見られて土下座して

名無しさんからの投稿
----

兄貴が離婚した。

ずっと別居していたので、今更というかやっとというか、離婚したと聞かされても特にビックリした訳でもなかった。

ただ、死んでも兄貴には言えないが、別れた兄嫁(美紀さん:仮名)とは数回、体の関係があった。

もう20年以上は経つと思うが、私と兄は5つ年が離れていて、まだ結婚する前に初めて美紀さんを家に連れてきたのは、私が高2の時だった。

私の両親は離婚していて、当時は父と兄貴と3人で住んでいた。

父は仕事が忙しく、家に居る事は少なかった。

美紀さんも何度も家に遊びに来て、私も普通に話すようになるくらい打ち解けた間柄になっていた。

事の発端になった日、私は高3になっていて部活もすでに引退していたので、休みの日は朝から友達と出掛ける事が多かった。

その日は友達が用事で帰った為に、昼過ぎくらいに家に戻る事になった。

家に着くと、ちょうど兄貴と美紀さんが家から出てきたところだった。

「美紀さんこんにちは。兄貴は今から仕事?」

兄貴はその日から急に夜勤が入っていた。

「もう帰りか?美紀を送ってから、そのまま仕事行くから」

「わかった、いってらっしゃい。俺、疲れたからちょっと寝ようかな」

「親父は今日泊まりらしいから、戸締り忘れるなよ?ご飯は適当に頼むな」

「わかった。美紀さん、またね」

「うん、また来るね」

部屋に戻って、一応勉強を一通り済ませた。

暇潰しに音楽を聴きながらゲームをやったが、聴き飽きたので、兄貴のCDを借りる事にした。

CDを借りに兄貴の部屋に入ると、美紀さんのバッグが置いてあった。

「なんだ、美紀さん忘れたのかな?」

明日にでも取りに来るだろうと思ったが、財布とか必要なものがあったら困ると思い、中身を確認した。

いきなり見つけたのは下着の上下だった。

今思えば、兄貴が仕事でなければ泊まりでデートだったのだろう。

だが、その時は何も考えず、バッグごと自分の部屋に持って帰ると、カーペットの上にブラとパンティーを置いた。

薄いブルーで、上品な花柄のデザインだった。

私は一気にパンツを下ろして、美紀さんの裸を想像しながらオナニーを始めた。

「美紀さん、美紀さん・・・」

異常に興奮していたので、美紀さんが家に来ていた事に気が付かなかった。

「・・・あの・・Tくん(私)・・」

驚いて部屋の入口を見ると、美紀さんが立っていた。

「バッグ忘れたから・・勝手にごめんね?あの・・それ・・いいかな?・・・」

美紀さんは、並べられた下着を指差して言った。

私は頭が真っ白だったが、体が咄嗟に反応して土下座して謝った。

「ごめんなさい!ごめんなさい!」

「私も勝手にあがってごめんね?Tくん、寝るって言ってたから、起こしたら悪いなと思って・・」

恥ずかしさと罪悪感で、涙が出てきた。

「本当にごめんなさい!」

「泣かなくていいよ、怒ってないから。ただ、ビックリしちゃって・・・」

私はひたすら泣きながら謝った。

「大丈夫だよ、本当に怒ってないから。安心して?男の子だから仕方がないよね?」

私は黙ってうつむくしかなかった。

「私はTくんを弟だと思ってるから、嫌いになったりしないよ?だから、もう泣かなくていいから」

美紀さんは、私の頭をポンポンと叩いて言った。

どういう心境だったのか分からないが、

「Tくん、私はR(兄貴)くんの部屋に居るから、終わったら呼んで?」

「・・・えっ・・・?」

「男の子って、出さないとダメなんでしょ?私の下着貸しててあげるから・・」

「・・いや、無理だよ・・」

「私が邪魔しちゃったから?・・ごめんね?」

「美紀さん謝らないで・・・俺が悪いんだ・・」

「勝手に入ってきた私が悪いんだよ。・・あのね・・Tくん・・」

私は恥ずかしかったが顔を上げた。

「・・その・・手伝ってあげようか?・・」

美紀さんは自分の右手を上下させて、モノをしごく素振りをした。

何の事かはすぐに理解出来て、頭の中で理性と欲望が競り合いを始めた。

「そんな・・いいよ・・」

「出さないとすっきりしないんでしょ?」

欲望の前に、理性は何の抑えにもならなかった。

「・・・うん・・」

暗にやって下さいとお願いしたようなものだった。

「・・じゃあ・・出して?・・」

美紀さんに言われるまま、私はパンツを下ろした。

「凄いね・・Rくんより大きい・・」

美紀さんは軽く私のモノを握った。

物心がついてから、自分以外の手が自分のモノに初めて触れた瞬間だった。

「アッ!・・・」

初めての感触に思わず声が出て、モノも敏感に反応し、ビクンッと跳ね上がった。

「キャッ!・・痛かった?・・」

「ううん・・気持ち良くて・・」

「・・そう?・・フフッ・・」

美紀さんは手慣れた感じでサオをしごき始めた。

「アアッ・・美紀さん・・気持ちいい・・」

「うん・・」

除々にしごくスピードは早くなっていった。

「イキたくなったら言ってね?」

サオをしごき続ける美紀さんの胸元から、ピンクのブラがチラチラ見えた。

その瞬間、サオの尖端へ快感が集中していった。

「美紀さん、ダメッ!・・イクッ!」

美紀さんはサオの尖端にティッシュをあて、一気にしごくスピードをあげた。

「アアッ・・イクッ!」

私はヒザが抜けるような快感に襲われて、震えながら射精した。

美紀さんは精液が全て出るまで、ゆっくりとサオをしごいてくれた。

「いっぱい出たね・・すっきりした?・・」

茫然とベッドに腰を落とした私は、ただ黙って何度も頷いた。

「・・でも、収まらないね?・・気持ち良くなかった?・・」

いつもは射精するとゆっくり萎えていくのだが、その時は全く収まる気配はなかった。

「いや、凄く気持ち良かったけど・・何で?・・」

私も不思議だった。

「・・よし、わかった!・・」

美紀さんは私の足の間に座ると、再びサオに手を伸ばした。

「いいよ、美紀さん!もう大丈夫だから・・」

「もう一回出せばすっきりするでしょ?・・」

「もうすっきりしたから・・・」

「こうなったらトコトン満足させてあげる。私に任せていいから、ね?・・」

美紀さんは再びサオをしごき始めた。

「美紀さん・・」

私の意識は美紀さんだけに集中し、快楽を求める事しか頭にはなかった。

「あの・・美紀さん・・」

「なに?・・・もうイキそう・・?」

男性(10代)のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング