Home
メニュー

【お勧め】家出して不良に絡まれてる所を関西弁の美人なお姉さんに拾われた

名無しさんからの投稿
----

もう3年前の話なんだがな。

家出した理由はそれなりに家庭の事情だった。

両親不仲で毎日喧嘩してて嫌になって家飛び出した。

15歳だった。

親の財布から抜いた一万円で全く知らない街に行った。

自分の財布ぐらいしか持ってなかった。

携帯は電話鳴ると鬱陶しいから置いてきた。

夜の22時過ぎに電車降りた。

それなりに都会だった。

とりあえずどうしようと駅前の広場にあるベンチに座って考えてた。

家出した高揚感が次第に収まっていった。

だんだん都会が恐く思えてくる。

まあガキだったし。

歳上の男や女が凄く恐く思えた。

だいそれた事をしてしまったんだと思って悲しくなった。

半泣きだった。

俯いてると声をかけられた。

「何しとん?」

顔を上げるとニヤニヤと笑う3人がいた。

歳上の男と男と女だった。

凄く不快な笑みだった。

玩具を見つけた、みたいな。

逃げ出したくて仕方ないのに体が動かない。

蛇に睨まれたカエルみたいな?

「なぁ何しとん?」

目をまた伏せて震えた。

今から殺されるんだぐらいの勢いで恐かった。

「大丈夫やって、何も恐い事せんから」

悪役の台詞だと思った。

けど今にして考えれば悪役じゃなくてもいいそうな台詞だ。

とにかく当時の俺には恐怖に拍車がかかった。

また震えた。

ごめんなさい、と呟いた。

「つまんね」

開放されると思った。

「お金ある?」

すぐにこれがカツアゲだとわかった。

産まれて初めての経験だ。

恐い恐い恐いって。

あの時の俺はとにかく臆病だった。

財布には親から抜いた一万円(電車代でちょっと減ってる)と、自分のお小遣い数千円があった。

けどこれを失くしたらもうどうしようもなくなる。

金がなくても警察に行けば帰れるとか、当時の俺は思いつかなかった。

だからそのままホームレスになって死ぬんだと思った。

ないです、と答えた。

「嘘はあかんて。な?財布出せや」

駅前の広場は他にもたくさん人がいたけど誰も助けてくれる人はいなかった。

ドラマじゃよく聞く光景だ。

誰も助けてくれない。

でもそれは本当なんだな、と思った。

「なあ?」

男が俺の頭を鷲掴みにする。

言っておくがこの3人はただの不良だ。

けどまあ、この3人のお陰で俺はお姉さんに拾ってもらえた。

「何しとん?」

それが初めて聞いたお姉さんの声だった。

と言っても、俺は向こうの仲間が増えたと思ってまたビクついた。

けど3人の対応は違った。

「何やねんお前」

「いやいや、自分ら何しとん?そんなガキ相手にして楽しいん?」

「黙っとれや。痛い目見たなかったらどっか行かんかい」

「流石にガキ相手に遊んどるのは見過ごせんわ。ださ」

「あ?」

まあ、会話はおおよそだから。

でもこんな感じだったと思う。

恐くてってどんだけ言うんだって話だけどやっぱり恐くて上が向けず、お姉さんがどんな人かもわからなかった。

「調子乗っとるな、しばいたろ」

3人組の女の声だ。

他の2人も賛同したのか視線はそっちに向いた気がした。

少なくとも俺の頭を掴んだ手は離された。

「ちょっとそこの裏路地来いや」

とか、そんな風な事を言おうとしてたんだと思う。

けど、それは途中で終わった。

「うそやん」

妙に驚いてた気がする。

声色だけでそう思ったんだけど

「シャレにならんわ。ほな」

関西弁の人ってほんとにほなって言うんだ、とか調子の外れた事を思った。

それから暫くして俺の肩に手が置かれた。

ビクッと震える。

たっぷりの沈黙の後

「何しとん?」

さっきまでの3人組みたいな声じゃなくて、ちょっと優しい雰囲気があった。

恐る恐る顔を上げると、綺麗なお姉さんがそこにいた。

髪は長くて真っ赤だった。

化粧もしてて、大人のお姉さんだと思ったけど、今にして考えてみればあれは多分、V系だったんだろう。

何にせよ綺麗だった。

同級生の女子なんてちっさく見えるぐらい綺麗だった。

「ありがとうございます」

と、つっかえながらも何とか言えた。

「んなもんええけど、自分アホやろ?ガキがこんな時間彷徨いとったらアホに絡まれんで」

家出したと言ったら怒られると思って下を向いた。

お姉さんは大きな溜息を吐いた。

「めんど、訳ありかいや」

やけに言葉が汚いお姉さんだと思った。

■お姉さんスペック。

・身長170越(自称)

・外だと厚底履いてるから175は越えてる。

・スレンダー

・Dカップ

行きずりのタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング