Home
メニュー

【抜ける】女友達の浮気話を告白させてたらドMってことが分かって

名無しさんからの投稿
----

高校3年の時が同じクラスで、その後同じ大学に進んだ女友達。

サバサバした性格で音楽の趣味が合ったから高校時代よりむしろ大学時代に仲良くなった。

ただ、お互い高校時代から恋人がいたから本当に友達という感じの付き合い。

週一くらいで電話したり、バイト帰りとかに時々飲んだりといった感じ。

下ネタもありありで、本当サバけた感じの付き合いをしてた。

そして大学3年になったある冬の日、俺の家で2人で飲んでた。

それも2人で飲もうではなく、本当は3人で飲む予定が1人キャンセルしたからという理由で2人だった。

当時俺には彼女はおらず、女友達には彼氏がいた。

下ネタOKなので飲みながら

「SEXしてる?」

「ん?まあ、してるけど」

「俺してない」

「彼女いないんなら当たり前でしょ」

等々、際どい話をしながら飲んでいた。

彼女は結構頭が良くて切り返しも早い。

しかも男の気持ちが分かっている所が多くて、実際その彼女に相談する事なんかも多くて、自分達はお互い男女の枠を超えた男友達同士のような関係だと思っていたと思う。

だからエロい会話をしつつもそういう事は一度もなく、その日も飲みながらいつも通りに話をしてたんだが、そんな時に2つの会話が合わさって、魔力というかそういう何かが生まれたんだと思う。

1つ目は「浮気」についてだった。ビールも2本目くらいの時に

「なあ、浮気ってした事ある?」

と聞いた。

特に意味は無かったけど、彼女は結構可愛くてバイト先で告白とかもされたりとか結構モテてたから軽く口に出た言葉だった。

当然、

「ないに決まってんじゃん」

と返ってくるかと思ったのだけれどそれが違った。

聞いた瞬間、くっと身を引くようにして

「えっ・・・な、何でそんなこと聞くの?」

と言ってきた。

してないならしてないって言うだろ?

だからこれは怪しいなと思ったわけだ。

でもその瞬間、彼女がとても生々しく見えた。

結構可愛い彼女が、彼氏以外とSEXした事がある?まさか、みたいに思った。

で、少しドキドキしながらもそれを悟られないように

「なに、した事あるの?」

と、軽く聞こえるように言った。

「ないよ、ない」

と彼女が答えた、でも彼女は嘘つくのが下手だからバレバレ。

何か声も微妙に上ずってて俺よりも先に彼女の方が笑ったくらい。

「ふーん、ないんだ」

とニヤニヤしながら聞くと

「・・・まあ、ない、・・・んー、ないわけじゃない・・・かも」

と、かなり躊躇しながらも白状した。

その時の彼女の表情は罪悪感と、恥ずかしそうな顔、秘密を告白している時特有の真面目な顔のそういったもの全部が合わさったような顔をしていた。

俺もちょっと動揺してて

「え、あ、あ、あるんだ」

みたいな何の意味もない返しをしたんだが、彼女が話すつもりがありそうだと思ったからビールを飲みながら話を続けたわけ。

「え?いつ頃?それ」

そう聞くと

「え、あーそれ、話すの?・・・あー半年くらい、前かな」

と話し始めた。

つまり半年前、というと夏の話だった。

その頃も彼女とは飲んでたし電話もしてたし、そして彼女に彼氏がいたのも知ってたからびっくりした。

しかもその年の夏休みの間、俺は彼女と2人で映画を見に行った事もあった。

その時、そういう間に彼女は彼氏以外の男とSEXしてたというわけだ。

話を聞いてみるとよくある話で、バイト先の先輩のような男がいて、よく誘われたりしていたらしい。

体育会系の男で、彼女自身はあまりそういうタイプが好きじゃないから2人で遊んだりするのは断ってたらしいんだが、そんな中ある日バイト帰りの飲み会があったらしい。

当時の俺は時に飲酒運転なんかもしてたから真面目だなと思ったんだけど、その先輩の男はその日、酒を飲まずに車で来てるから皆を送るよと言ったらしい。

後はありがちなパターンだった。

その男は送る順番を上手く入れ替え、彼女を最後にして車の中で2人きりになったらしい。

そんな話を聞いたわけだが、そこまで聞いた時点で俺はかなりドキドキしていた。

そこから彼女に何が起こるかは明白で、それを彼女が語る姿に興奮してたと言ってもいい状態だった。

お互いビール飲みながら差し向かいで飲んでたんだが、俺が彼女を非難しない事に安心したのか、彼女はつっかえながら俺に話をした。

「全然そんな気なかったんだけどさ、ただ2人になった時にマズイなぁって思ったんだよね。で、彼氏に電話しようかなと思ってたら・・・」

「そしたら?」

「公園の所で停められて、急に覆い被さられて」

「レイプじゃん。抵抗したの?」

「抵抗は、した。『やめてください!』、って何回も言ったんだけど、酔っ払ってたし力入らなかった」

ビールを口にしながらちょっと拗ねたように言うその姿が生々しくて、俺は唾を飲みながら話を聞いた。

「で?」

「えーー言うの?○○変態じゃない?」

そう言いつつも彼女も話す気はあるようで、ビールで顔を隠すようにして飲みながら話は続いた。

「で、車の中でしそうになったから」

「しそうになったって?脱がされたの?」

「・・・まあ、うん」

「で?」

「それが、力強いから全部脱がされそうになって、外から見えちゃうじゃん。だから・・・で、もう、しょうがないと思って、」

「で?」

「家に行くって事にして、先輩の家に行った」

ちらちら俺の顔を見ながら言う彼女を見て俺は微妙にやべ、こいつ、可愛い・・・・無論、あまりに生々しい話に興奮しきってたのもある。

「で、先輩の家行ったの?」

「・・・んー、うん。まあ」

「SEXしたんだ」

「・・・・」

そこで2つ目の会話が来た。

「SEXしたんだ?」

そう言った瞬間、彼女がビールの缶を顔に当てながら

「もう、なんでそんな事聞くの?○○君、ドS?」

と言ってきた。

女にSかMかを聞かれたら目を見て「ドSだけど」と言うべきだ。

ニーチェという格言の通りではなかったけど、既に結構興奮しきってた俺は

「Sだよ。Sに決まってるじゃん」

と答えた。

それが完全に切っ掛けだった。

彼女にそう答えた瞬間、何か今までに無いような感じで俺の顔を見て唾を飲んだのが判った。

今なら判るけど、彼女は俺のその答えに興奮したわけだ。

それがはっきり分かったわけじゃないが、普段の勝ち気で男などものともしないサバサバした態度とのギャップと、ビール缶を顔に当てて、俺の顔を見て泣き出しそうな表情が、俺のサド魂をくすぐったのは確かだ。

そこまでは唯の友達同士の打ち明け話だったのが、今思うにそこからプレイに変わった形となった。

そういう一瞬の空気の変化は判ってもらえると思う。

無論2人ともさりげない顔はしてたけど、そこからはかなり際どい事を俺は聞いて、彼女が答えた。

しかも徐々にエスカレートしていった。

最初はこんな感じ。

大学時代のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング