Home
メニュー

援交で付き合っていた、天使のように可愛かった子の妹にも援交の話を持ちかけた

名無しさんからの投稿
----

前回の話:援交で付き合っていたJ◯が、最後だからと自宅を訪ねてきた

4月になり、援交で付き合っていた天使すぎるJ◯(結菜)は専門学校へ通うため東京へと行ってしまった。

しかし、結菜によく似た妹の綾菜が結菜の通っていた高校に入学したということが気になってしょうがない毎日が続いていた。

とはいえ、せっかく職場に復帰できた身の俺は今は名誉挽回の為にも仕事に全力を尽くそうと頑張っていた。

通勤電車に乗っている時、綾菜と知り合いになるにはどうすればいいか色々考えてみた。

高校1年生の女の子にこんな年上の男が普通に声をかけても知り合いになれる可能性は低い・・・。

そうなるとやはり「金」で釣るしか方法はないのか?

でも、結菜の時はたまたまその金を求めている時だったからああいう展開にはなったが、そうでなければ門前払いだ。

とにかく焦らず、まずは知り合いになることが大事だと考えた。

俺は姉の結菜のことはできれば内緒にしておきたかったが、妹に接近するにはやはり姉の知り合いであることを伝えるのが怪しまれないし、知り合いになれるきっかけになると思っていた。

そんなある日の夜、結菜から電話がかかってきた。

結菜「こんばんは」

俺「やあ、元気でやってる?東京はどう?」

結菜「最近やっと落ち着いてきたって感じですね」

俺「そっか、もう男とか作って部屋に連れ込んでるのかな?」

結菜「そんなことしません!てかまだ友達も少ないからちょっと寂しくて・・・」

俺「それで俺に電話してきたんだ?でも嬉しいよ、結菜の声が聞けて」

しばらく近況を話したところで俺は妹の情報がもう少し欲しかったので、さりげなく嘘をついてみた。

俺「そういえば、この前結菜によく似た女子◯生を駅で見かけたなぁ、あれ結菜の妹だったのかな?」

結菜「ほんとに?もしかしてラケット持ってた?」

俺「え?ラケット?」

結菜「綾菜、中学からテニスやってるんだけどテニス部に入るか入らないか悩んでたからどうしたかな?と思って・・・」

俺「そ、そうなんだ?ラケットは持ってなかったような気がするなぁ・・・」

実際見かけた訳ではないので返答に困ってしまったのである。

俺「妹、テニスやってるんだ?」

結菜「そうだよ、てか綾菜は中学の県大会でベスト8だからね!」

俺「へぇー凄いんだねー」

そんな会話をしたところで電話を切った。

そっか、綾菜はスポーツ少女なんだ、どんな感じの子か早く見てみたい、そう思っていた。

ある日、残業を終えた俺は帰宅しようと駅に向かった。

結構遅い時間だったが、駅の改札に来ると結菜が通っていた高校の制服を着た背の低い女の子が歩いていた。

しかもテニスラケットを持っている、あれはまさか!?

俺はその子の顔を見てすぐに結菜の妹だとわかった。

「結菜にそっくりだ、あれは間違いない、綾菜だ!」

俺は駅から出た綾菜らしきJ◯に声をかけた。

俺「突然ごめんね、ちょっといいかな?」

J◯は凄いビックリした顔をしていた。

「すごい、結菜を幼くしたような顔だ、ほんとそっくりだ」

そう思った。

J◯「な、なんですか?」

声は結菜と比べてちょっとだけハスキーな感じがした。

俺「ごめん、怪しいもんじゃないから安心して?きみって綾菜ちゃんだよね?」

J◯「えっ!?何で私の事知ってるんですか?」

俺「やっぱりそうだよね、俺お姉さんの知り合いなんだよ」

綾菜「お姉ちゃんの知り合い?私に何の用ですか?」

俺「お姉ちゃん綾菜ちゃんがテニスちゃんと続けてるか心配してたけど、ラケット持ってるってことはテニスやってるんだね?」

綾菜「・・・一応やってはいるけど・・・ほんとはあんまやりたくないんですよ・・・」

俺「そうなんだ?何か悩んでるの?俺でよければ相談に乗るけど?」

綾菜「そんないきなり相談とか・・・」

俺「俺、こう見えても人の悩みとか聞いていいアドバイスできる自信あるんだけどなぁ?」

綾菜「そうなんですか?」

俺「俺、お姉ちゃんの恋の悩みを解決してあげたんだよ?お姉ちゃんに彼氏いたの知ってる?」

綾菜「えっ!?お姉ちゃんあの彼氏と別れたのは知ってますけど・・・」

俺「別れさせるきっかけになったのは俺だったりするんだよ?」

綾菜「私もあんな彼氏やめた方がいいって何度も言ったのに全然言うこと聞かなかったのに凄いですね?」

俺「だから俺でよければいいアドバイスできると思うし、色々相談に乗るよ」

綾菜「ありがとうございます。とりあえず今日は遅いんでまたメールしますね」

俺はアドレス交換をして綾菜と別れた。

綾菜への最初の接近は成功したといっていいだろう。

あとは焦らずどうエッチに持っていくかだ・・・。

ただ結菜に妹との関係を綾菜がバラさなければいいが・・・という不安はあった。

それから度々綾菜とメールをしていたが、今度の休日に直接会って話をすることになった。

俺は駅の近くのファーストフード店で綾菜を待っていると、部活帰りのジャージを着てラケットを持った綾菜が姿を現した。

綾菜「すみません、待ちました?」

俺「全然大丈夫だよ」

綾菜は本当にちっちゃい、背の低い結菜よりももっと低いだろう。

俺「綾菜ちゃんってちっちゃいね?身長何センチ?」

綾菜「147しかないんです・・・」

俺「そっか、それじゃテニスやるにも不利だよね?てかテニス続けるか悩んでるみたいだけど何でかな?」

綾菜「私高校入ったらもっと色んなことしたかったんですよ・・・バイトしたりしてもっとオシャレもしたいし、色々遊びたいし・・・」

俺「そうなんだ、そういえば綾菜ちゃん彼氏いるって聞いたけど彼氏とはどうなの?」

綾菜「今は遠距離になっちゃったんですよ・・・彼氏は中学の男子テニス部の部長だったんだけど、遠くにあるテニスの名門高校に行っちゃったから・・・」

俺「そっかぁ・・・色々あるんだね・・・でもテニス上手いんだし?辞めるのはもったいないでしょ?」

綾菜「そうなんですよねぇ・・・」

俺「てか彼氏いるのに俺とこんなところで話とかしてて大丈夫なのかな?」

綾菜「えっ?別に怪しいことしてる訳じゃないと思うし・・・てか彼氏とは別れようかなと思ってるんだ・・・」

俺「そうなの?やっぱ遠距離は辛いかな?」

綾菜「それもあるけど・・・嫌なんです・・・」

俺「何か嫌なことされたりするの?」

綾菜は少しの間ためらっていたがこう切り出した。

綾菜「彼氏、私の身体ばっかり求めてくるんです・・・」

俺「好きな女の子の身体を求めるのは普通だと思うけどなぁ・・・ましてや若い頃なんて尚更だと思うよ?」

綾菜「別に私だって彼氏のこと好きだからそういうことしてもいいとは思ってるんです・・・でもなんか違うなって・・・」

俺「乱暴なことされるとか?」

綾菜「そうじゃないけど・・・とにかく自分勝手で・・・セックスなんて全然気持ちよくないよ・・・」

高校1年の女の子からセックスという言葉が飛び出したのには驚いた。

すると、俺はこう切り出した。

俺「俺だったら、綾菜ちゃんの相談事全部解決してあげられると思うよ?」

綾菜「えっ!?本当ですか?」

俺「まずテニスはベスト8の実力があるんだから続けるべきだよ。要はテニスをやりながらオシャレして遊んでセックスで気持ちよくなれればいい訳でしょ?」

綾菜「そうだけど・・・そんなのムリじゃ・・・」

俺「単刀直入に言うよ、俺がお金払うからエッチなことさせて?」

綾菜「えっ!?それって援交じゃ?」

俺「やっぱダメかな?」

綾菜「そ、そんなこと・・・ムリだよ・・・」

あともう一息のところまできているが綾菜はすんなりOKは出してくれないでいた。

しかし、綾菜は結菜の妹である。

俺は何の根拠もないが、結菜の妹ならきっとエッチなことが好きに決まっていると思っていた。

俺「綾菜ちゃん、すっごく気持ちよくなってみたくない?俺ならできるんだけど」

綾菜「えっ!?そ、そうなんですか?」

絶頂のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング