Home
メニュー

【痴漢】映画館で隣に座った、物静かながらとても可愛らしい子

名無しさん(20代)からの投稿
----

2年ほど前、俺は暇つぶしに某超有名アニメを身に映画館へと足を運びました。

まだ公開して日が浅いので、映画館はほぼ満席状態でした。

人が周りにいると嫌だったので後ろの席を頼んだところ、ラッキーなことに一番後ろの一番右端の席を取ることができました。

しかしやはり混んでいて、俺の隣の席にも人がやってきました。

来たのは高◯生らしき3人組のグループで、きゃっきゃっ話していて鬱陶しいな〜と思いながら映画が始まるのを待っていました。

しかし、よくよく横目で見てみると、俺の隣に座っている子は他の2人の話を聞いてるだけの、物静かながらとても可愛いらしい子でした。

無理やり芸能人に例えるとしたら、松井愛莉に似ていました。

映画が始まってもその子にばかり意識がいってしまい、次第にどうにかしてその子に触れられないかなどと思考がゲスい方向へ向かうようになってしまいました。

笑映画が始まってしばらくすると、隣の席からスースーという優しい寝息が聞こえます。

ちらっと隣を見ると寝ています。

しめた!と思い、その子のパンストに包まれた足へと手を伸ばします。

そしてサワサワと足を撫でてみた。

反応なし。

次は思いきってスカートの中へと手をスルリと入れた。

また反応なし。

なのでもう起きないと思い、手を服の中に入れ、推定Cはあるであろう胸をブラを下げ、直接触りました。

すると、ビクンと反応があり、彼女が起きてしまったので一回手を抜きます。

そこからは彼女が起きてしまったので、もう一か八かの賭けでもう一度スカートの中に手を入れてみました。

すると、抵抗はしたものの友達にバレたくなかったのか、声は出さなかったので無理やり左手を胸の中へ、右手をスカートの中の陰部へと動かしました。

もう完全にスクリーンの方を向かずに彼女の方だけ向いていました。

左手で乳首の周りをゆっくりと優しく撫でまわしていると、乳首が少しずつ立っていくのが感じられました。

それと同時進行で、下も下着とパンストごしに少し強めにしてサワサワとしていきます。

すると、下着が濡れて染みが出来てきました。

しばらく上の方を弄ってると乳首が完全に立ったので、乳首に手を動かし軽く弾きます。

弾いた後は乳首をコリコリと転がす、そしてまた乳首を弾く。

これを繰り返してしていると、女の子に変化が表れてきました。

さっきまではひたすら目をそらして嫌がっていたのが、顔が紅潮し、息遣いも少し荒くなり始めました。

頃合いだと思い、一気に下をさするスピードを早くし、上も力を強く間隔を速くさせていきます。

すると、感じやすい体質なのか声を殺しながらイッてしまいました。

友達もその子の異変に気づき始めたのでさすがにこれ以上はまずいと思い、ササッっと席に戻り、その子だけに聞こえるように

「友達にばらされたくなければ男子トイレに来い」

と言い映画を出て男子トイレで待っていました。

5分程したらでしょうか・・・その子がそーっと入ってきました。

友達にはちょっと気分悪いから外に出てくると言ったそうです。

まず個室に連れ込み便器に座られせしゃぶらせます。

ピチャピチャピチャピチャ。

予想以上の上手さに思いっきり口の中で出してしまいました。

そしてフェラ抜きをさせた後、パンストを破り、パンツをずらし、上はすべて脱がして、下を舐めながら上を弄ります。

するとさっきの余韻が残ってたのか、すぐにイキそうになってたので寸止め。

そしてまた再開して寸止め。

ひたすら向こうから求めてくるまで続けました。

すると・・・、

「お願い・・・もうイカせて・・・ンッ」

と言ってきたので

「自分からチンポおねだりするならイカせてあげても良いけどな〜」

とボソッと言いました。

「お願いします・・・・・・入れてくださいッ」

「え、なにを?」

「・・・・・・・・・・・・チンポを・・・」

「どこに?」

「マ・・・マンコに・・・・・・」

「んっ!OK!じゃあ入れるよ!生でいいよね!」

「えっ!?生なんて言ってな・・・・・・んっ」

処女ではないらしく、血は出なかったが中はとてもキツい。

パンパンパンパンパンパンパンパンパン!

「んっ・・・・・・あっあっあっ!ん〜〜・・・ダメッ」

「ん?ダメなん?分かったわ。じゃあやm・・・」

「やだッ!もっと・・・もっとして!」

「分かった(ニコッ」

・・・・・・パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!

「んっ・・・あ〜・・・イクイクイクッ!・・・イクッ!!」

「意外と君って変態だよね〜、あんな清楚ぶってるっけどさwそれにどMでしょ?今変態って言った瞬間中キツくなったしw」

「んっ・・・・・・そんなこ・・・んっんっ・・・と・・・ない・・・」

「嘘つけ〜嘘ついた罰で中で出すわ。いいよね?」

「んっんっう、んッ、いいよッ・・・ってえ?中?だめダメ!」

「いいんだね、了解〜。俺オナってなかったからけっこう濃いの出るよ〜」

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!

ラストスパートへと入りました。

「あっあっあっ!!!ヤバッ・・・イイッ・・・イッちゃうイクッイクイクイクッ!!」

イッたようで、下手なオナホより中が数倍キツくなり、それと同時に潮も盛大に吹きました。

それと同時に俺も、

「やべいくw」

と言い、中に思いっきり子種をぶちまけました。

しかし、それではまだ俺のブツはまだ収まってなかったのでそのまま2回戦突入。

「もう一回出すわw」

「ファイ・・・」

もう彼女はほとんど意識がなかったようで、何を言ってもそこからはファイとしか返ってきませんでした。

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン!

「ん〜〜〜〜ッアンッアッイグイグイグッ!!」

プシャ〜〜〜〜〜〜〜!

二度目の潮だったため、周囲はおしっこを漏らしたかのようにビチャビチャでした。

当然ピストンをしてた俺のブツにもビシャビシャかかってきます。

それからは5分くらい全力で突いてたらイキそうになったので、最後はディープキスをしながら中で果てました。

そのときには映画終了時間が迫ってたので、ササッと帰ろうとしたら向こうからまた会いたいからと言われ、ライン交換をしてその場を去りました。

こっそり奇跡的に濡れてなかったストッキングをカバンの中に入れて。

これからしばらくして、この子は彼氏とのsexでは満足できずに彼氏と別れ、俺に告白してきました。

しかし、俺には本命の彼女がいたのでセフレという扱いで付き合うことになりました。

(ちなみに妊娠はしなかったそうです)

またセフレとして色々させますが、それは別の機会にでも・・・。

抜ける
投票数:104
面白い
投票数:73
続きが見たい
投票数:357
詳細が見たい
投票数:60
面白くない
投票数:64
雑・読みにくい
投票数:50

    潮吹きのタグを含む体験談


    新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

    他サイト新着記事

    人気体験談ランキング(月間)

    こちらの体験談の評価をお願いいたします

    上へ

    アクセスランキング