Home
メニュー

友人のEカップ彼女と別の男友達の3人で泊まりで3Pした話

クワントさんからの投稿
----

前回の話:友人のEカップ彼女と通話エッチ

今回は少し長いです。

前説いらない人は少し飛ばしてください。

俺のいた高◯では夏休みが明けて1週間ほどで文化祭があった。

そのため夏休み前に何をやるかを決めて、夏休みの間にいろいろな準備をするという形だった。

公園でのえっちのあと、2人で会っていやらしいことをするという機会が一度もなかった。

もちろん毎日連絡は取っていたし、通話えっちもたまにはしていたが、夏といえば部活も本格的に取り組むようになり、その上文化祭の準備となる。

回数が減るのは必然だった。

さらにキナは部活で何やら一悶着あったようで、部活に来る頻度すら激減していたため、以前のように休憩の合間にフェラ…などという夢のような事態がなくなっていったのだった。

そんな夏休みも終わりにさしかかったある日、いつものようにキナと通話していた。

「今日ね、シュウくんとえっちしてきたー」

「えっマジで」

シュウというのは僕と同じクラスの友人のシュウやのことで、前回の話でも少し出てきていたと思う。

僕を通じてキナとシュウは知り合い、キナがちゃんと食べてアソコのサイズとかについて感想を送ってきたのだ。

「あいつとどこまでやったの?」

「そりゃセックスまでやってきたよ」

表現しづらいがなんとも言えない嫉妬のような感情が湧いた。

自分の友人ということもあるかもしれない。

しかし重要なのはそこではない。

「シュウくんのおちんちんやっぱりおっきかったよ」

そう、俺より立派なモノを持っていることだ。

もちろん短いことを弄られるのも、包茎であることを弄られるのも最高に興奮するのでいいのだが、こいつと比べて負けたのがなんとも悔しいのだ。

「へ、へえ…具体的にどれくらいよ」

「そうだね、ゆうくんより3cmはあったかな」

つまりは18cm以上ということで

「しかもズル剥けだよ!?ズル剥けおちんちんだから私も興奮して一生懸命舐めちゃった」

しかもズル剥けということで、そこだけは包茎を弄られて何故か立ちあがる我が息子。

「フェラするときにね、あまりにおっきくパンツからブルンって出てきたからおはようございますって言っちゃった」

もはや何を言ってるのかわからないがそれほど凄かったのだ。

「セックスのときもかなり奥まで届いてね、結構強く打たれたからその後痛かったけど気持ちよかった」

「そりゃ何よりでした」

「あれ?ちょっと拗ねてる?ねぇねぇ?」

「別に。よかったねお気に入りの肉棒が見つかって。どうせ私は包茎短小ですよ」

「そう怒らないでよー、私かわいいちんちんも好きだよ?」

電話の向こうでニヤニヤ笑ってるキナの顔が容易に想像できた。

しかし悲しいことにちんこはビンビンなのだ。

「そこで皮被りおちんちんさんに提案があるんだ」

「なんだい」

「私がやりたいことって確か言ったよね」

元々今付き合ってる彼氏がフェラとかはさせるくせにセックスはやらないということで不満があり、このような関係になっているのだ。

そこでキナがやりたいことというのは

「学校えっちと青姦と睡眠姦と3Pだっけ?」

「そう!学校ではゆうくんのフェラしたし、青姦はこの前最高にやったから今度は残りの2つをやりたいの」

「やりたいのは俺もそうだけど、なかなか条件厳しくない?」

睡眠姦は当然一緒に寝るような状態でなければならないし、3Pに至っては3人必要となる。

「だから俺とシュウとキナでやるってこと?」

「そうそう」

「それはシュウには話してるの?」

「ゆうくんがいいよって言ったら話そうと思って」

シュウは母子家庭で母親も家を留守にすることが多いため、家を自由に使える時が多いというのだ。

これなら一晩くらい問題ないという。

そこでやりたい放題するつもりらしい。

「シュウくんねー、私に恋愛感情みたいなのがあるんだよね。私はただ彼の肉棒が欲しいだけで付き合う気はさらさらないし。あと欠点でフェラするときアゴが痛いし」

相変わらずの悪女だと思う。

もちろん俺は完璧にキナをセフレだと思っている。

逆に彼女として付き合いたくはない。

「話す内容もなんか重い彼氏みたいだし、ここらで少し痛い目見せてあげようと思って」

話の概略はこうだ。

シュウは俺とキナがあんなことやこんなことをしてるのを知らない。

なので、俺は童貞という設定でシュウが俺より大人だという勘違いをしながらえっちをする光景を見たいのだそう。

一通りやりたいことが終わったら適当にあしらってシュウとの遊びはおしまい、とのこと。

「3Pは当然できるし、私が寝たら睡眠姦も自由にしていいし、何よりシュウくん滑稽じゃない?」

「よしわかったやろう」

巨チン勢に報復してやるのだ。

そこから当日までの数日、まためちゃくちゃオナ禁した。

計画当日、シュウの家は普通の住宅街にある家で俺の家からも近い方だった。

「お邪魔するぞー」

「やっほーシュウくん」

「いらっしゃい2人とも」

ここでシュウのスペック。

背は俺と同じくらいだから170のメガネ。

サッカー部だから体格はなかなかよく、顔もそこそこ整っている。

「ゆう、お前持ち物ちゃんと持ってきたか」

「忘れてねぇって、先部屋で道具広げとくぞ」

「おうよろしく」

俺は先に家の中に入り持ってきた小道具の布やハサミを広げようと準備する。

少しだけ振り返るとキナが何か囁いてるのが見て取れた。

その後、メールで送られてくる内容には

「さっき今日ノーブラで来たって教えてちんちん触った」

このように今日いろいろな場面でシュウを誘惑して興奮させるのだという。

確かに座ったとき半袖のシャツから横乳が見えた。

図らずも俺も興奮した。

昼過ぎから集まった俺たちは、クラスの出し物で使う残りの小道具類を完成させるのが目的(本当は3Pだが)で、キナはその手伝いだ。

普通に自分達の仕事なので終わらせなくてはならない。

それに長引けばえっちの時間が短くなる。

下半身が熱を持つのを実感しながら俺は工作を続けた。

その後もキナが本を読むふりをしてシュウの股間に手を這わせたり、俺がトイレに行っている間に少しだけ咥えたりしたらしい。

「シュウくん我慢汁いっぱい出すぎ。パンツカピカピだった」

誘惑はなかなかうまくいっているらしい。

「でもおっきいけどね!」

悔しい、でも感じちゃう。

時間が経ち、夕食に買ってきたハンバーガーも食べ、小道具が作り終わったのは夜9時近かった。

順に風呂に行くことになって、まずキナが入りその後俺が入った。

体を洗いながら久しぶりにキナとえっちできると思うと興奮してきた。

風呂を上がるとそこではシュウの股間に顔を埋めるキナの姿があった。

「あっ、ゆうくんおかえり」

「ああいい、やっぱりすっごい気持ちいいぞ。もっと舐めて」

「ふふー、でしょ?フェラテク」

目の前でキナが別の男のモノを咥えて、舐めて、吸っている。

初めて見るキナがフェラをする姿を見て、予想以上に興奮した。

男性視点のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング