Home
メニュー

【近親相姦】両親が事故に遭い、姉が高校二年の時から親代わりをしてくれた

名無しさんからの投稿
----

七年前から、お姉ちゃんの協力で大人になり成長しています。

お姉ちゃん、さおり。現在、25歳。大学→会社員(事務系)。彼氏、いない。

俺、ともはる。22歳。高卒→地元企業に就職(外回り営業系)。彼女なし。

父母は俺が中学二年の時に交通事故に遭い他界。

まだ父が41歳、母が38歳だった。

お姉ちゃんは高校二年から俺を親に代わって育ててくれた。

生活費は交通事故の賠償金や生命保険が入ったので、十分に賄えた。

住居は地方の山間部で大きな川の近くで夏は涼しく過ごしやすい土地だった。

お姉ちゃんと二人の生活では、ほとんど入らない部屋があるほど広く大きな家だった。

寂しくなるくらいの家だったが、父母と暮らした家だから俺もお姉ちゃんも離れたくなかった。

父母の葬儀とかバタバタした事が落ち着いた頃、俺が入浴していたら、お姉ちゃんが

「背中、流してあげる」

と入ってきた。

三年から四年ぶりに見るお姉ちゃんの身体が眩しかった。

以前と身体付きが全く違っていて、勃起したのを知られたくなくて俯いていた。

お姉ちゃんは俺の背中を洗いながら

「もうキスした?」

と唐突に聞いてきた。

あまりにも唐突だったので思わず正直に

「ない、何もない。したことない」

と答えると、お姉ちゃんが

「私もしたことない」

と笑った。

「トモが良いなら、してあげる」

と俺の身体に腕を巻き付けてきた。

背中にさっき見たお姉ちゃんの乳房が押し付けられていた。

「他の人の見た事ないけど、トモの、立派だよね?」

そう言って手を俺の股間に移した。

そして恐る恐る触って、握ってくれた。

「こう?」

言いながら、俺のチンコを擦るお姉ちゃん・・・。

「うん、ありがとう」

と場に合わない返事をする俺・・・。

「身内は私たち二人だけだから・・・ね」

「うん」

「トモは前は私が好きって言ってくれたけど、今も?」

「うん・・・」

「ありがと、私もトモが好きだよ」

と俺の肩越しに顔を回して俺にキスしてくれた。

驚いてお姉ちゃんの顔を見つめていたら前に回ってきてくれて顔を寄せてきた。

俺は、お姉ちゃんの唇にキスをしたら、放したくなくてしばらくキスを続けた。

お姉ちゃんも強く抱き締めてくれ、幸せな気持ちで一杯だった。

お姉ちゃんは俺のチンコを擦りながら

「いつも自分でしてるんだよね?これからは私がしてあげる・・・」

と言って擦ってくれた。

俺は

「前から・・・お姉ちゃんが好きだったんだ」

と恥ずかしかったけど告白・・・。

「ん、私も・・・。両想いだね」

とキスしてくれた。

一回毎にキスが上手くなり、キスだけで感じて幸せな気持ちになった。

「口でしてあげる、初めてだから上手くないけど・・・ごめんね」

と俺のチンコを握ったまま亀頭にチュッとキスして、そのまま口に含んで唇をすぼめて首を振ってくれるお姉ちゃんを見つめていたら、急に快感が訪れ、俺のチンコが一回り大きくなった。

「出るっ!」

と思ったら、お姉ちゃんの喉奥に出してしまった。

お姉ちゃんは唇を固く閉じ、俯き気味にじっとしていたら喉が動いて

「ごくっ・・・」

と音がして、俺に笑顔を見せて

「えへっ、飲んじゃった」

と言った。

僕は、お姉ちゃんにキスしようと顔を近づけたら、お姉ちゃんが

「まだ・・・、汚いよ・・・」

と拒んだので強引にキスして

「俺の汚いモノを飲んじゃった人が何を言ってんの」

と言うと、

「ありがと・・・ありがとう。これからも助けてね。仲良くしよ、ね」

と言って泣き出した。

俺もそうだったけど、お姉ちゃんも突然両親を失い、戸惑いながら今日まできて、ようやく緊張から放たれたようで、誰に憚る事なく気持ちを表わす事が出来たみたいで、二人でいると常に恋人みたいに、いや普通の恋人同士以上にイチャイチャしていた。

キスをしたり裸で抱き合ったり互いの性器を愛したり、したけど最後の一線だけは越えられなかった・・・。

お姉ちゃんが

「さすがにそれは姉弟ではしちゃいけないでしょ・・・私もしたいんだけど・・・もう少し待って」

と言っていたからだった。

俺のチンコがお姉ちゃんのマンコを擦ったり膣口にあてがったりすると、お姉ちゃんは警戒して腰を引いた。

「したいよね・・・?」

とお姉ちゃんは気を使ってくれるけど、俺は

「したいけど、まだ我慢出来るし我慢しなきゃ」

と言うのが日常の会話になっていた。

ある夜、お姉ちゃんが

「私の友達に頼んだげるから経験してみない?」

と言われたけど

「やっぱり初めてはお姉ちゃんがいいから・・・」

とやんわり断ると、しばらく考えていたお姉ちゃんが

「じゃ、初めてをお姉ちゃんにちょうだい。週末なら妊娠しにくいから・・・」

と小さな声で言ってくれた。

俺は

「ゴムつけるから」

と言うと、お姉ちゃんは

「初めての時はそのままの方がいいでしょ?それに私の中に注いで欲しいし、私で逝ってほしいから・・・」

と俺の胸に顔を付けて言った。

俺は

「ありがとう」

としか言えなかった。

そして金曜日の夜、いつもと変わらない日のはずだったけど、お姉ちゃんは壁のカレンダーや手帳をみたり登録してある女の子の専用サイトを確かめたりして

「昨日の夜中から大丈夫なはずだけど・・・もし出来たら産んで良いよね・・・」

と不安げな表情で俺に言った。

「そこまで考えたこと無かった・・・ごめん、二人で育てよう」

生まれた子が戸籍上「お姉ちゃんの子」になるのは何となく判るけど、父親が俺でいいのか判らなかった。

姉の弟が父親になれるの?みたいな判っているんだけど、判らない振りをしたかった。

その日は早めに食事をして別々にお風呂に入った。

俺が先に風呂に入って、今は二人の寝室として使っている両親の寝室で待っていた。

年上のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング