Home
メニュー

残業で憧れの先輩と2人っきりになった

名無しさんからの投稿
----

夢にまで見て夢精した、あこがれの先輩とえっち出来ました。

僕はエリートになりきれない社会人3年生、25歳。

高橋と呼ばれている、普通に彼女みたいなガールフレンドはいる。

22歳、会社の取引先の子。まゆみ。

あこがれの先輩は、27歳。僕の実質的な直属の上司。あゆみさん。

あゆみさんは頭が切れます、その上、経験があるので仕事をバリバリにこなしています。

何より美人です。

よくもまあ、こんな美人が街中にいたなぁ〜と思うほど。

初めて見た時は言葉も忘れてしまい、見つめたまま硬直しました。

僕は能力不足で残業、あゆみさんは次の企画の準備で残業、と内容には大きな差があるのですが、割りと2人だけで残業になることがありました。

同じ空間に、あゆみさんと一緒にいると実感しただけで至福の時でした。

他にも何人か社員はいましたが、帳尻を合わせるように定時で終わらせて帰宅します。

その日も、僕とあゆみさんは残業してました。

僕はマジ残業でしたが、あゆみさんは別に急がなくても良い作業をキリにしようとしてました。

当然あゆみさんは直ぐに終わり、帰るのかなと思ったのですが

「一人残して帰るのもね。それに帰るなら定時でも帰れたし。なんか私がいると邪魔かな?」

なんて笑顔を見せてくれました。

「いえ、邪魔だなんて。あゆみさんが居てくれるだけで僕はヤル気が出るんです、これマジです」

と半分、告白みたいに告げました。

うふっ、本気にするよ・・・と小さな声が聞こえました。

「じゃ、終わったら言って。適当に時間潰してるから」

と、あゆみさんは僕のデスクに向かって何やらしています。

僕は会社の大型プリンタと格闘しながら図面を出力していました。

暫くして

「高橋ぃ〜」

と呼ばれました。

「何ですか?あゆみさん」

と僕は振り向きました。

僕は、「あゆみさん」と名前を呼ぶのが好きでした。

呼べる機会は逃さず呼んでました。

本当は「あゆみ」と本人に向かって呼び捨てで呼びたかったのですが、現実には無理でした。

あゆみさんは僕のパソコンを開いていました。

まぁ、仕事に関する事も入ってましたから気にも止めなかったのですが・・・。

「これ、まゆみちゃん・・・だよね?」

と聞いてきました。

「まゆみの何?」

と一瞬、思いましたが、すぐに事情が飲み込めました。

僕はすぐにパソコンを奪うように確保し

「駄目ですよ、勝手に開いちゃ」

と言いました。

もちろんあゆみさんの顔は見れません。

僕のフォルダから「シークレットゾーン」を開いたようでした。

パソコンの画面はまゆみの画像が勝手に写り出され、数秒毎に別の画像に変わっていました。

笑顔でこっちを向いてる画像、うつ伏せになって足をこっちに向けてる画像など、どれも「まゆみの画像」で、どれも裸でした。

僕の秘密のコレクションでした。

「勝手に見て、ごめんね。断るから、見せて」

とあゆみさんは笑顔を向けます。

「ですから、プライベートな画像ばかりですし、人様にお見せできないものばかりです」

と断るのも恥ずかしかった・・・。

「だから、それを承知で見せてって言ってるの、だめ?」

「黙っていてくれるなら・・・って言いそうになりますが、駄目です。僕の画像もありますし」

「高橋の、見たよ」

あゆみさんは可愛らしい笑顔で言いました。

「えっ」

見たんですか?僕の・・・と声にはならず口パクで。

「見たよ、う〜ん、やっぱ男だね、見るからに」

どの画像を見たのか見られたのか知りたかった。

知ってどうなるものでもないだろうけど、いささかでも言い逃れが出来るなら・・・と思いました。

「あの、どの・・・」

緊張して吃りながら聞こうとしましたが、あゆみさんは僕の言いたい事が判るみたいで、僕の問い掛けが終わらない内に

「全部、このフォルダは全部、も一回見たいな。駄目?」

「見たんですか、あゆみさん?見られたんですか、僕?」

「見たってば」

「あ・・・」

言葉にならない。

「あのね、私さ、バツ1でしょ。知ってるでしょ?元旦那のを見たのが四年前か、それ以来だから思い出しちゃって」

・・・

「だから、だめ〜?仕事以外は対等の付き合いしても良いからさ、見せてよ、だめ?」

「あのう、あゆみさんって、こんなエロかったですか?」

「だからさ、高橋の見たからさ、発情しちゃったみたい。高橋が見せたら私も見せるし、高橋が脱いだら私も脱ぐからさ。見せてょ、お願い」

・・・

「高橋が好きなんだよ、今なら愛せるし」

「アッサリ言いますね、淀みなく。てか、今ならってどーゆー意味ですか?」

「あ、信じてないな。信じないな。高橋なら甘えても良いかなって思えるんだわ」

「はあ・・・」

「私さ、後腐れないよ、多分。高橋が黙っていてくれるなら、セフレオーケーするよ。まゆみちゃんにも言わないし」

「マジっか?あゆみさんならセフレじゃなく結婚オーケーっす。それに、まゆみの方がセフレなんすよ、マジで」

「うっそぉ、まゆみちゃん、そういう子だっけ?」

「はい、お互いに好きな人が出来た時は別れましょって事になってます」

「ふ〜ん、じゃ試してみる?まだ私は使えるよ、多分。処女みたいなもんだから優しくしてね」

と言いながら脱いでます。あゆみさんは、やる事が早いです。

僕も遅ればせながら脱いでますが。

「高橋ぃ、やっぱ見たい?私の」

「はい、見たいです」

「見ても良いよ、ほら」

と僕のデスクに座り両足を左右に広げるあゆみさん。

僕が夢に見たあゆみさんのマンコが開かれた状態で丸見えです。

「写メ、良いですか?」

「良いけどぉ」

「写メっつうか、デジカメじゃ駄目ですか?」

「良いけど、早くして。メチャ欲しいモードなんですけど私」

「A、はぃ、じゃ舐めます」

と僕はクンニを始めました。

「んふ、やっぱ気持ち良い〜、高橋、好きぃ〜。私ね、前から高橋が好きなんだよ。残業しなくても良いのに、残ってても高橋は何もしないし誘いもしない。私はね、高橋に襲われても良いのにって思っているのに、バカね、高橋は」

「じゃ早速ですが、挿入します。あゆみさんの気が変わらない内に」

「はやっ(笑)。でも良いよ。私はね出来たら後ろから犯されるみたいにされたい〜、駄目?」

「喜んで」

本当に嬉しかった。

あゆみさんの肛門にに目をやりながら深く突きました。

キツめでチンコにまとわりつきながら締めて来ます。

告白のタグを含む体験談


新着体験談 体験談投稿 新着写メ 写メ投稿

他サイト新着記事

人気体験談ランキング(月間)

こちらの体験談の評価をお願いいたします

上へ

アクセスランキング